プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/10/02 (Sun) 07:34
この男も駄目だな

野田政権になって民主党がますます自民党亜流の本性を現してきました。

政権交代すればいままで自民党の悪政に泣かされて来た国民が、ようやくアメリカ追従を止め、官僚や大企業向けの政治から民衆の声を聴く政治が実現すると期待した向きもあったことでしょうし、私も正直、なんでも変わるとは思いませんでしたが、今までよりましな政治になるものと思っていましたが、恥知らずでお金持ち出身の鳩山が間抜けでこけて、次の市民活動出身の菅に期待を持ったところ、これが想定外の地震と津波と原発事故というトリプル災にたいるす対応が能力を超えていたと見えて、早々に退陣。

二人のあくの強い政治屋で失敗したからということで、無難なドジョウ男を選んだようです。

結局のところ、みんな議員の選挙に勝てるための人選であり、自分の都合のいい男を選んだということ。
そこには国や国民のためという視線が抜けています。

野田は松下政経塾出身者ということ。
しかし松下政経塾出身者は自民党にも多くいますが、どうも考え方があまりにも保守的すぎる傾向があり、この野田もやはり同様の様子。

財務大臣時代に事業仕分けで凍結したはずの官僚のための官舎の建設を認め、さらには今の財務大臣もこの事業を認めたことの言い訳を述べています。

まったく官僚の言いなり。
被災地では住むところがない人があれだけいるというのにもかかわらず、何億という国税をつぎ込んで高級取りの官僚どもに東京の一等地に格安で住ませるための官舎を建てるという無神経さ。

新聞や野党からの突き上げでしぶしぶ野田は再考する旨の発言をしましたが、そこまで突き上げられなきゃわからんか?本当に国民のことを考えているのか?

あー、この男も駄目だな。

本当にこの国は、災害が多い国です。

自然災害に加えて、無能な政治屋による人災に見舞われています。

それにしても、日本人はおとなしい。

スポンサーサイト

<< 近所で見た基礎工事 | ホーム | メタボ予備軍 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP