プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/08/25 (Thu) 16:11
この国の政治屋

民主党の党首選立候補者が出そろいました。
まあ、はっきり言ってドングリころころ。なかでも社民党の福島党首が延べたように海江田なんて経済産業省の官僚の言いなりだった男。
更迭したと大見得を切って言ってふたを開けてみれば順送り。しかもあろうことか高額の退職金まで支給した。
それにもかかわらず改革をしたとうそぶいたのみならず、立候補するにあたり小沢に擦り寄り、民主党全員で決めたはずの党員資格停止を解除するとまで小沢に伝えて見苦しいまでに小沢に媚びる男芸者。

ここまで姑息な男が万が一にも首相になったら、アメリカは言うに及ばず中国や韓国にも媚びまくり、そのつけは国民が被るようなことをしでかしそう。

そもそも前の竹中平蔵同様、経済評論家出身者はやることなすことが姑息な輩が多い。

悪知恵だけは回りそうなので、今回は勝てなくても次回への布石と考えている節があるだけに始末が悪い。

小沢は菅首相の不信任決議でそれまでは賛同するようなそぶりで取り巻き議員をあおりながら、いざ投票になったら敵前逃亡するような卑怯者であることを世間にバレたにもかかかわらず、相変わらず金を持っているというだけで首相になりたい連中も尾っぽを振って媚びまくっている始末。この辺は師匠の田中角栄と同じ。

そもそもこの小沢。東北大震災で地元の仙台の悲惨な状態になっているにもかかわらず何も行動を起こさなかったことだけでも、この男の人としてのレベルがわかるというもの。

まあそういっても、やくざと付き合って芸能界で傲慢な態度を取りまくって突然引退した、山口組幹部からドチンピラと言われた島田より少しはましなのかもしれません。しかし考えてみれば、この男に媚びまくる芸人が周りを取り囲んでいましたので、小沢と同類かも。

分からないのが、相変わらず顔を出す鳩山。
首相を辞めたら議員を辞めるだとか言ったはず。沖縄人民にたいして裏切り行為をしても厚顔無恥。

通常の神経なら恥ずかしくて人前に出られないと思うんですけどね。こんな無神経だから政治屋を続けられるならば、政治屋ってのはよほど一般人が持ち合わせている恥という神経を持ち合わせていない特殊な連中なんでしょう。

あいかわらず次の首相になるのが望ましい人物というアンケートのトップに前原が上がっていますが、小泉以来、このアンケートのトップが首相になった結果がどうなったのかは言うまでもありません。

つまり、アンケートのトップになる人気のある政治屋が首相になっても、こういうアンケートで選ばれた選挙に勝つことだけが目的で選ばれた首相は、同じ目的でその次のアンケートのトップと入れ替わるだけの存在でしかありえないという状況に陥っています。

こういう状況にこの国を貶めた、国民のことより己の選挙のことしか考えていない今の政治屋どもに、毎年首相が代わる国がどれだけ国際的に国に損害を与えているかを考えてほしいと望むのは、百年清河を待つがごとしでしょうか。

「なぜ、日本は戦争へ向かったのか?」という雑誌を読むと、今のこの国の無能無策の政治屋どもによる混乱の極にある状況は、第二次大戦が始まる前の混乱時期と似ていると気づかされました。

ふたたびあの2.26のような事件が起こらないとは誰が補償できるのかと懸念せざるを得ません。
この意味では、大阪の橋本知事は維新の会を結成し数で法案を次々に成立させる状況を見ていると、ヒトラーの再来のような気にさせられます。維新の会は新撰組的もしくはナチ的な臭いがします。

民主党、自民党、池田私党、その他の政党に所属する税金泥棒どもにも、もっと仕事をしてほしいものです。
無駄な政治屋の数が多すぎるのも減らすべきだと思いますが、この連中にとって己の商売を取り上げられるような法案を作るわけないですもね。

こんなふうにして経済だけで世界で評価されてきた日本は、経済も政治同様に3流とみなされ、どんどん世界から存在感を失っていきます。

スポンサーサイト

<< あの脚の長さ | ホーム | 精霊流し >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP