プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/07/25 (Mon) 09:44
諦めないということ

最後まで諦めないという言葉が、なでしこジャパンの優勝以来、日本人を生き返らせるキーワードになっています。そう、四面楚歌状態のかの方にとっても。

しかし、この諦めないという気持ちはとても精神力が要求されますね。
私は粘りがない性格のようなので、すぐに、「ま、いっか」と諦めモードにスイッチが入ってしまいます。

こんな性格は結構人には受けがいい。竹を割ったみたいな性格だ、とか、潔いとか。
総じてポジティブにとらえてもらえます。
本当はそんなんじゃダメなんだと思っているんですが。

古今東西、世界で何らかの実績を残した人のほとんどはネッチッコイ。つまりしつこい性格の人が多いのでは。
何かに取り組むとき、うまくいかないことのほうが多く、それでもあきらめないで続けていく姿勢が大切だということは、「ガイアの夜明け」などの企業人の努力を見せてくれる番組でも教えられます。

ここで話がコロッと変わりますが、私は趣味が読書です。
こんなことを書くと、普段からの私の行状を知っている知人友人から「ウソだろーオメー!何気取ってんだよ!」と言われるのであまりおおっぴらにはしていませんが、何を隠そう、読書なんです。
読書が趣味というとイメージ的には物静かな学者的な人が多いのかもしれませんが、何にでも想定外ってものはあるんだぞ、わが友よ。

啓発物から推理小説まで、恋愛物や宗教関係以外のジャンルはだいたい読みますが、本の中で教えられるというか諭されることが、この「最後まであきらめない」という気持ち。

構造不況業の設計業界にどっぷりはまり込んでいるわが身に仕事が次々に舞い込むわけではなく、下請けもしないのでは、経営状態というかつまるところ我が家の経済状態にも直結しているわけですが、長い間歯を食いしばってきたけど、もう限界かな、と思うこともしばしば。

それでも先月、5回目の事務所登録の更新を済ませました。

毎回の更新時に、次回の更新はできるのかしらと、思い続けてきましたが、ふらふらしながらも5回目になりました。そして、今回も思いました。次回の更新は無いかも。

成功するまで諦めなければだれでも成功する

という格言も目にします。
しかし、諦めないで大関を続けてきた魁皇が、今場所で、ここが退け時だということで引退しました。
ケースが違うにしても、そう、退け時という言葉もあるわけで。

かように、毎日のように波の上の木の葉のように(ウワッ!ポエジーな表現!もち、パクリですが。)、気持ちが揺らいでいます。

そんな中、最近読んだ本で励まされたのが「困ってるひと」大野更紗著

原因不明の難病にもかかわらず、病気の内容、治療方法、医者との絡みなどを知的でユーモアあふれる文章で面白くもしかし考えさせられました。そして、これほどの難病にもかかわらず一生懸命に生きていく姿に教えられます。

もひとつ書き足すと、この国の病人や老人を見殺しにする理不尽な医療制度を作り上げた厚生官僚の非情さも、実感として理解できます。

諦めない。

諦めない。

諦めない。

あきらめない

アキラメナイ

こうやって何度も目にすることで、私へのエールと、これを読んでいると思われる若き恵まれない建築士へのエールにします。

こんな恵まれないオジサンにも愛の手を、と、違う違う、

無知無能無金のオジサンもまだまだ諦めていないよ。君も、諦めないでください。



スポンサーサイト

<< 官僚の性質 | ホーム | 脱原発宣言 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP