プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/06/01 (Wed) 15:22
葬儀とまたまた壊れたワゴンR

父の葬儀も終わりましたが、墓のデザインを私がしたために、石屋さんとの細部の打ち合わせや見積金額の打ち合わせに時間がとられました。
なにせ建築のデザインはしても墓石のデザインは初めてなうえに、これだけの石を扱うのも初めてなので戸惑うことばかり。

建築的なアプローチが通用しない面も多々あり、そこはそれ、餅は餅屋ですので、私はもっぱらデザイナーとしてお絵かきに重点を置きました。

頻繁に長崎への往復を高速を使ったために、我がワゴンR が予想通りまた壊れました。

今度はエアコンのコンプレッサーがボルトが切れて、エンジンルームでぶら下がった状態。

エアコンの効きが悪いのは毎度のことでしたが、アイドリング中のエンジン音が異常で、今にもエンジンが壊れそうな音を立てていました。

昨日ようやく修理工場に持ち込んだら、上記の状態が確認されました。
修理工場の人も、こんなことはめったにないと。

ほんとうにこの車、めったにないことの壊れ方が多いことは驚きます。

今度という今度は堪忍袋が切れ、この車を処分することにしました。

ったく、どれだけ修理代にかかったんだか。こんなんなら外車のほうがまだ納得がいくというものです。
我が家では、よく壊れるという意味でフェラーリワゴンRと呼びました。

二度とスズキは買いません。

今、どの車にしようか検索中です。

もちろん中古ですが、国産でこれがいいと思うのが見当たらないのが困ったものです。

ホンダのフィットは評判がいいようですが、どうもデザインがフィットしません。

どなたかご推薦の車があればお教えください。

スズキ以外で。

スポンサーサイト

<< 本当に怖い官僚の本質 | ホーム | 父が逝きました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP