プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/04/27 (Wed) 16:38

今年3月で95歳になった父が、癌で余命半年と宣告されました。

本人は100歳まで生きるつもりでしたが、こればかりはどうしようもありません。

不肖の息子は貧しいままで親孝行もできないままに父を失ってしまうことになりそうです。

私が小学生のころ、球技が得意じゃなかったので町内会対抗のソフトボール大会に声もかけてもらえず、しょんぼりしていたのを見かねてキャッチボールに誘ってくれて小学校のグランド(長崎は広い公園が少なく、子供が遊ぶのは学校のグランドと決まっていました。)でキャッチボールをした記憶が強く残っています。

これからは長崎との往復が増えそうです。


スポンサーサイト

<< 在来木造住宅の地震対策 | ホーム | 津波による建物倒壊記事 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP