プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/12/29 (Wed) 09:19
同じ穴のムジナ

昨日で役所の仕事納め(「御用納め」と言い習わしていますが、何で「御用」なん?この辺の言葉使いが相変わらず「お上」意識なんでしょうね。「仕事納め」でいいと思いますせんか。)も終わり、今年もあと今日を入れて3日です。もう年賀状、出しましたか?

建築基準法の問題を先日書きましたが、やはり専門誌(日経アーキテクチャー)の12-27号には「建基法が清張を阻む}というタイトルで特集が組まれていました。

読む本が多くてなかなか目を通す時間が無かったので、昨日ようやくざっとですが目を通しました。

まあ、内容としては業界と消費者サイドとの認識の違いが明らかになっているということに尽きます。消費者代表の弁護士はより厳しくしろと発言しているようですし、業界サイドは、基準法が改悪になって社会的経済的にどれほど損失が生じているかとうことを記事にしていましたが、お互いの接点を見出せないまま散会したとのことでした。

記事の内容は割愛しますが、私が最も解せなかったのが、すでにご存知の方もおられるでしょうが、10月に名古屋高裁で出された「確認審査に携わる行政の責任は無い。」との判決。

責任を持たなくていい連中が確認の審査をしているなんて、考えられますか?

我々設計事務所にはこれでもかというほどの責任を押し付けながら、確認を審査をする行政には責任が無いということに公平性があると判断した裁判官の社会的な常識が欠落しているとしか思えません。もっとも、裁判官という立場も権力側の人間であるうえに、菅谷さん事件のように誤審しても誤った判決を出した裁判官は一切責任を持たなくていい仕組みにこの国はなっているので、同じ穴のムジナ。
裁判官に限らず事件の捏造が得意な検察官もそうでしょうが、この連中は、勉強が出来ても社会常識を持っていないって事を我々市井の者は認識していなくてはなりません。

確認審査の話に戻します。

建築の確認申請をするたびに、審査する行政側からは、建築基準法以外にもあーしろこーしろとなんだかんだ言ってきます。
こちらサイドとしては、おかしいと思う場合は意見のやり取りしますが、そのやり取りするだけでも審査の時間もかかり、結果的には発注者に迷惑を掛けることを恐れるため、有る程度のところで矛を収めるケースがほとんどです。

しかし、行政側が責任を持たなくていいということであるなら、つまり行政に沿う義務もないと解釈できるのじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

常識的に考えて、我々が現場での監理の際に手直しや若干の設計変更などをする場合、それに対する責任も当然のように負うワケで、だからこそ現場で指導力が維持されます。

建築に限らず製品を作り出す業界では修正処理などをさせる場合に、修正させたことによって生じるリスクは依頼したほうにあるのは論を待たないはず。

ところがこの名古屋高裁の判決で、確認審査に関しては行政は責任を持たなくていいということになっています。
ということは、つまり行政の指導する内容に従う義務も負わないということになると思いませんか。

どう考えてもおかしい判決だとしか思えませんね。

裁判官は行政を守ることに一生懸命なんでしょうかね。同じ穴のムジナだものね・・・・



スポンサーサイト

<< 年始の挨拶 | ホーム | 太った豚状態の建築基準法 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP