プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/11/26 (Fri) 08:30
ニュースから

北朝鮮の韓国領土に対しての砲撃は、またかという感じです。中国といい北朝鮮といい、普遍的な論理で通用する国じゃないってことをたびたび思い知らされていますが、それにしても相変わらず性質の悪い未成熟の子供のような国だということを改めて世界に知らしめたような行為です。同じような気質を持つ中国も自国に従属している国なので今までどおりに肩入れせざるを得ないにしても、今回は以前のように北朝鮮だけの言い分を丸呑みにしている場合じゃないことが少しは理解している様子。
半世紀前なら開戦になったものでしょうが、感情的になりやすい韓国人も意外に冷静。やはり大統領の指導力は大きいものを認識しました。これって、日本が韓国の立場だったらどうなったでしょうか。あのぽんぽんが痛いからという一般的には理解できない理由で政権を放り出した安部でさえ最近は勇ましい右寄り(まあ、元からこの男はこんな程度でしたが)の発言を繰り返していますし、元からの極右の石原慎太郎といい勇ましい発言が支持されてきていますが、あるいは・・・

裁判員裁判で初めて少年に対して死刑判決が出ましたが、担当した裁判員が会見で、苦しくて泣いたとか一生背負い続けるとかとの発言をニュースと新聞で見ました。
確かに市井の人が人の生死を決めることに対する恐れが有ることは十分理解できますが、その覚悟は裁判員に選ばれたからには、当初から持たざるを得なかったのじゃないのかと思います。
これから先に同様に裁判員制度で選ばれる人にとって、そのような裁判にかかわることへの恐怖心を持たせるような会見をすることはいかがなものか。
裁判員制度の見直し時に、このような死刑判決にかかわらせることは止めさせようという世論を喚起させることが目的なのかもしれませんが。
しかし、泣いたということは伏せたほうが良かったんじゃないかな。お前が当事者ならどうなんだという意見もあるでしょうが、正直想像できないのでなんとも言えません。しかし、個人的感情はあまり露にしないほうが良かったんじゃないかと思いますね。


今年も後5日で師走です。気の早い向きはクリスマスのデコレーションを玄関ドアに飾りつけています。さすがに正月の飾りはまだですが。
しかし、いくつになってもクリスマスより正月のほうがなんだかしっくり来るのは、やっぱりオジンだからでしょうか。でもクリスマスソングは好きですね。ジョンレノンのHAPPY Xmasは毎年聞いても飽きません。子供たちが中学生の頃にBGMで流していたとき、クリスマスソングの中ではこの曲が一番好きだと嬉しいことを言ってくれたので、それからというもの毎年聞かせました。この曲の本当の目的はWar is over。

彼の国のキム親子に聞かせたい曲です。


スポンサーサイト

<< 木その2 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP