プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/11/15 (Mon) 07:53
民主党の凋落

私の居住区ではないのですが福岡市長選挙が昨日投票日を迎えました。

7名が立候補し内1名は途中で戦線離脱して最終的には6名になりましたが、私の予想通りの結果になりました。民主党推薦の現職は落選、自民・公明党推薦の新人が当選という結果です。

現職はまだ1期しか市長をしていませんでしたので、通常ならばここは再選というストーリーなんでしょうが、この現職が公約を守ら無い、というのか守れないというのか分かりませんが、要するにまさに民主党的。立候補時点では期待を持たせましたが実際に市長になると、結局以前のままの市政。むしろ期待を持たせた挙句の落胆の度合いが大きいために、その反動で自民党に投票する人が多いだろうなと予想していました。これって国会と全く同じ。

今、国政選挙したら、民主党は惨敗でしょうし、二度と政権を握れないほどの小政党になるだろうと予想します。

昨日の福岡市長選挙はこうした民主党への異議申し立てでしょう。
ここで民主党が野党の頃のような何かを変えてくれるかもしれないという姿勢を取り戻せれば、自民党が行ってきた官僚支配弱者切り捨て大企業温存アメリカ従属という姿勢を払拭してもらえるものと言う期待はなくなってしまったにしても、まだ国民は何か希望を持てると思うのですが、民主党議員連中が自らの身を切ることをせずに国民に負担を掛ける政策を取ることがはっきり分かった時点で、この政党はやはり自民党の亜流であることがはっきりしてしまいましたね。この怒りが市長選挙で現れたんじゃないでしょうか。

全共闘出身だった官房長官や国民運動出身者の首相の登場で一時期は私でも期待しましたが、大いに落胆させられました。いくら若い頃の左翼運動家やリベラリストであっても、エスタブリッシュメントになったとたんに自民党と同じ体質になってしまいました。

今度の首脳会談のこともTVで民主党議員が自画自賛していました。
その顔を見ていると、若手であるにもかかわらず自民党の利権政治屋と同じような顔に見えてきました。

自民党は腐りきっているし民主党は能無し、公明党は創価学会の大作の私党、みんなの党は野党時代の民主党と同じで「うどん屋の釜」。

本当にこの国には、信頼に足るようなまともな政党が無い。

龍馬伝を見たばかりだけに、勝海舟や坂本龍馬のような命を掛けて国を変えようという人物を輩出した国だったのに、いつの間にこんな気概の無い民族に成り下がっちまったんだか。

やっぱり日本人には自らの手で国を変えていこうという能力は持ち合わせていないですね。隣の韓国のほうがよほどダイナミズムに国を変えていくエネルギーがあるようです。

やはり民族の違いももちろんあるでしょうが、国の指導者の信念と能力によるのでしょう。

スポンサーサイト

<< | ホーム | 建築士殺人事件 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP