プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/09/08 (Wed) 13:31
頼めないゆうパック

妻の長崎の親戚筋の人が亡くなったのが分かったため、先月、妻が兄弟連名で書留でご仏前を送っていましたが、そのお返しに何かを送ったとのお礼のはがきが来たのが先月の31日。

兵庫在住の妻の姉のところには葉書が来た翌日に届いたようですがこちらには昨日の段階でも届かず、届いたにもかかわらず何の連絡も無いと思われるのじゃないかと心配して昨夜、妻が長崎の親戚の人に電話を入れ、まだ届いていない旨を伝えたところ、どうも兵庫のほうとは違って「ゆうパック」で出したことが分かりました。

その親戚の人は早速郵便局に問い合わせしたところ、一週間かかると言う返事らしく、も少し待ってみようと言うことになりました。

で今日、昼前に、まるで昨日の様子を見ていたかのように「ゆうパック」を依頼してから一週間以上かかって到着。

スピードが競われている今の時代にもかかわらずこの遅さ。
長崎から福岡までしずしずと歩いて持って来たのに違い無い。

ネットで調べたところ、「ゆうパック」は長崎-福岡は翌日配達になっていますが、実際はこんなに時間がかかっています。
民営化といってもこんなところに、まだまだお役所仕事的な体質が残っているのでしょうか。

郵便局の人、長崎ー福岡間を一週間以上かかって配達するという遅さをどう説明しますか?
こんな体たらくじゃ、生ものなどの食料品なんか送れませんね。

「ゆうパック」の配達の遅さは少し前に新聞に載っていましたが、もう解消したものと思っていました。しかし、あれは一時的な現象ではないってことが今回のことで分かりました。

今後はどこかに何かを送るにしても「ゆうパック」は頼めないなと思った今日の出来事でした。

スポンサーサイト

<< 私は右利き | ホーム | 電磁波過敏症の疑念 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP