プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/05/28 (Mon) 08:39
高気密高断熱考 その6

このところ数年ぶりというくらいに仕事に振り回されて嬉しい悲鳴を上げていましたが、物事に無限というものは無いように多忙な仕事も峠を越して少々余裕ができました。

自営業のワタクシメとしては余裕ができることはむしろ喜ばしいことじゃないんですね。ビンボー症なものですので日曜も仕事に費やされるくらい仕事があることのほうが精神的に安定していて、毎日が日曜日になる恐怖感に耐えることのほうが辛いものです。

忙しいほうが隙間を狙って溜め込んだ本を読んだりできるのはなぜなんですかね。

暇なときのほうがうんと読めそうな気がしますが、精神的なものですね。

さて、高気密高断熱のテーマで、ペアガラスの話までしていたことを思い出してください。

高気密高断熱に限らず、省エネの観点からペアガラスはこれからの建築に積極的に取り入れられるべきアイテムだと思いますが、まだまだコストが高い。

それにガラス面が大きくなると(最近の建築は住宅でも大きい開口が流行ってきていますが)その重さはひ弱な私にはとても重く感じます。

え?誰がひ弱かって?

自分で言っていますから間違いないですね。

か弱い?女性やお年寄りにも操作が大変です。

この辺はサッシメーカーも含めて改善の余裕はまだまだありますが。

ガラスの話はこの辺にして、高気密にする施工方法はすでに書いていますが、この高気密高断熱のポリシーはわずかの空調機で建物全体をエアーコンディションすることを目的としています。

高気密でなければどうなのかというと、通常の住宅ではたとえば居間や寝室でエアコンを稼動させていても、その部屋から一歩出ると折角温まった(冷えた)空気が一変してしまうという現実があるようです。

ここで「あるようです」というような書き方なのは、私の居住空間はすこぶるチャーミングな広さだし、プライベートでは車に乗っているときでもエアコンを使わず自然の風のほうが好きなので少々実感としては乏しいものですから・・

高齢者の方や高血圧の方にとっては、冬季のトイレ利用は命がけみたいな様相もありました。

各部屋にエアコンを置ければ話はそれでオシマイですが、そんなに贅沢できる人はごく少数派のいわゆる勝ち組であって、ほとんどはエアコンはせいぜい居間や寝室などの一部の部屋に限られていることでしょうし、しかも節電の意味から人がいる部屋しか稼動させていないことでしょう。

エアコンをつけて部屋が快適になるまでは少々時間がかかります。

ミクロ的にはその間の電気の使用量、マクロ的には発電所での原子力もしくは重油の消費に関る話になってきます。

エネルギー資本の乏しいわが国としては、とにかくそういうロスを少しでも減らしたいという狙いから、一箇所のエアコンで建物全体が空調される高気密高断熱という考えを打ち出したというわけですね。

省エネルギーの観点から見ればある程度効果的だとは思いますが、ひねたオッサンは、じゃ生活の快適さはどう考えとっとかと、この国の机上での勉強しかしてこないで次々に頭の悪い政策を出してくる官僚連中、御用学者に問いただしたいと思うわけですね。

あ、それから高い会費ばかり徴収しながら会員の権利を守れない官僚の天下り先となっている建築士会、建築士事務所協会や建築家協会の連中にも聞きたいものですな。

もっとも、天下った連中だから、お上に何も言えないんでしょうね。

私は建築士会に所属しているのですが、馬鹿な官僚が次々に作り出す建築基準法の改悪に対する士会の対応に対して、士会に抗議をして返事を求めまたところ、予想通り無視してくれました。

ま、こんなもんでしょうな。

天下り連中が運営していますのでね。

で、馬鹿な建築士会の話はこの辺にして、この高気密高断熱の大まかな仕組みはお伝えしたところで、私が考えるこの方式の問題点を次回からお話しします。

今日は長かった・・


スポンサーサイト

<< 犯罪者天国 | ホーム | 腹の立つこと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP