プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/05/07 (Fri) 13:06
当たり前のことって・・・

連休中は晴れ続きでしたので、ここに来て雲の多い日が続いていますが、それでも青空は見えるし日差しも強い。まっこつ冬から一気に夏に変わったような陽気。いったいのどかな春は何処に行って行ってしまった。
12ヶ月のうち、春夏秋冬でそれぞれ3ヶ月ずつあるのが由緒正しい日本の四季なのだ、と子供の頃から何にも疑問に思わなかった考えですが、いまや冬と夏がそれぞれ5ヶ月近くあり、変わり目の1ヶ月程度にそれこそあわてたように春になったり秋になったりしている感がありますね。

女心(最近では男心って言うかも)と秋の空、なんちゅう風情もなくなってしまいました。

ところで話はコロッと変わりますが、1年ってなんで12ヶ月なんでしょうね。一日が24時間でこれも12の倍数。世界的には10進法が過半数を占めているはずなんですが、12進法を採用している国はイギリス。
ははぁ~ん、その昔のイギリスは今のアメリカのように世界を牛耳っていたので、そういう物事を測る基礎となる指針を自国の都合の良いようにしたんだな、と勝手に思っていますが。でもさすがに1年を12進法には設定できなかったようです。

でも、現代では沖縄の米軍基地の問題のように、唯一の超大国と言われているアメリカが自国のセオリーを他国に押し付けている現実を見ると、こういう考えもありかもしれません。

このように当たり前のように思っていたことに対して何でだろうと両腕を交差させて踊りながら考えると、疑問もいっぱい出てきますね。

縦書きの日本語ってのも、改行は右から左に向かって移動しますね。でもこれって書いているうちに手の横が汚れるし、前に書いた文字が手で隠れてしまうのではなはだ合理的じゃないと思い、私は自分の手帳で縦書きするときの改行は左から右にしています。そうすることで書いているときに前の文章を確認しやすいし手が汚れない。

本もそうですね。縦書きの本は左から右にページをめくる訳ですが、これもなんだか左利きの人には使いづらいだろうなと思います。建築の本は横書きが多いのでその逆になります。あー、ややこしい。

会社名や宣伝広告を書いている車では、右から読むように書いている車もあれば左から読むように書いている車もあり、逆読みして笑ってしまうような文章もたまにありますが。

ンなわけで、皆さんも縦書き文字を書く方向についてどげん思いますか?

スポンサーサイト

<< 実っても頭の垂れない人 | ホーム | 軽い国家資格 >>

コメント

縦書き

最近とんと書いていません。
たまに書こうとすると、思いっきり斜めになっちゃいます。(笑)

昔は筆で障子紙みたいな巻紙に書いていたから、
行を送るごとに、クルクルして、
手も汚れなかったのでしょう。

横書きを右から左に書くアラビア文字は、どうなんでしょうね?

Re: 縦書き

縦書きであれ横書きであれ、手で書こうとすると最初と最初の位置がずれてしまうことってしょっちゅうです。ずれないように補助線を引いても効果無しです。
アラビアの文字ってのは英語やドイツ語の起源と異なるようで、曲がりくねった線が繋がっているので文字と言うより図形に見えてしまいます。しかも完璧に右から左に書くのも面白い。少し前の芸人が歌っていたような文句ですが。。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP