プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/04/19 (Mon) 08:21
今日も一日が、過ぎていく

先の土曜日は、私にしては珍しく午前から予定がびっしり入って、多忙な一日でした。

この日は故郷の中学校の同窓会開催の案内が先月末に来ていましたが、市営住宅改修工事が再開される頃でもあり、きっと検査関係があるので行けないだろうなと予想して欠席の返事を出していたものでした。
いやはや予想以上に多忙な一日になりました。

午前中は当初の予想通りに再開した現場の検査を行い、倒産した会社の遣り残し部分の手直しなどを現場監督と打ち合わせをしながら足場をまだ鈍く痛む腰を気遣いながら中腰で歩き回りました。

風は少々冷たかったんですが、日差しは春らしくなっていました。

午後は一番に築10年ほど経っている住宅の、木製建具の戸車が破損してしまった関係で開閉が出来なくなった開口部の改修見積書の説明に向かいました。アルミサッシへの変更に伴い、単板ガラスにした場合、複層ガラスにした場合、
今までどおりの木製ガラス戸にした場合の3つの見積書を提出。

本来なら省エネやエコポイントの観点から複層ガラスをお勧めしたいところですが、やはり単板ガラスに比べると倍の金額になっているとあってはなかなか難しい。お勧めはどれですかと尋ねられても、複層ガラスを押したいところですが・・・としか言えません。倍の金額であっても長期的には冷暖房費が下げられるのでコストダウンになるはずですが、それがどれくらい下がるのかを具体的な金額として示せない以上、なかなか説得力を持ちません。

しかし、こうやって相談していただけることは設計者としても大変ありがたいことです。

そちらを辞して事務所に戻り、住宅を建てるために設計事務所を探されている方から面談の連絡をいただいていましたので、事務所に来ていただきました。

予定の時刻に、ご夫婦と2人の子供さんがお見えになりました。

子供さんは幼稚園に通われている年齢でしたが、私の娘が同じくらいのときを思い出してしまいました。本当にこの頃の子供は可愛いいものですが、今から考えると、本当にその時代というのはあっという間に過ぎ去ってしまいました。

事務所に猫がいるのでアレルギーが無いか心配しましたが、その心配は杞憂に過ぎなかった様子でした。
「猫ちゃん見たい?」とたずねたところモジモジしていましたが見たいようなそぶりでしたので、こそっと見せました。オババ猫しか目に入りませんでしたが、しっかり寝ていたところを起こされて最初は寝ぼけ眼でしたが、見慣れない子供が目に入ったのか、驚いたように目がまん丸になったのは面白かった。いつもは目つきの悪いオババの目も丸くなるもんだと。

おおよそ1時間くらいでしたが、さまざまな住宅の話や私の設計姿勢などを話させていただきました。
どれくらい伝わったのか分かりませんし、「敵は建築家にあり」に書かれている自称建築家のS氏のような口先だけの知的会話は望むべきもありませんが、誠心誠意仕事に向かう姿勢を理解していただければと思いました。あまり能弁とはいえない私の弁を辛抱強く聞いていただきました。

有名建築士でもない私には、先方から設計者として特命で声を掛けていただくことはまれです。

住宅を建てようという方が、こうやっていくつかの設計事務所をまわってウマが合いそうな設計事務所を選ぶことはいまは当たり前だのクラッカーですね。上記のS氏は悪質としても、私が知っている設計事務所のほとんどはまじめな人が多いので、どの事務所を選ばれるにしても満足していただけるような住宅になることを祈るばかりです。

真っ白な陶磁器は無いですが、こんなふうに今日も一日が、過ぎていきます・・・・・


スポンサーサイト

<< 雨後の筍 | ホーム | 再開した現場 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP