プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/04/08 (Thu) 08:15
この道は

事務所ビルの1階部分を用途変更して店舗に変える相談を受け、現調してきました。

用途変更の申請は初めてなのどんな手続きが必要なのかは後で調べるとして、作業着を着て、愛車のフェラーリワゴンRで現場到着。建物の図面があるにしても、実寸を測ることは大事。図面どおりになっているかの確認が必要です。

ところどころに??と思える部分がありましたが、図面どおりになっていることを確認したので、まあ、妙だなと思いつつも設計段階のことは依頼者も記憶にないようだし構造的には問題ないので、まあよろしかろうということになります。

実寸を測定して後に、どんな店舗にしたいのかを聞き取りました。
その店舗の出資者はビルのオーナーですが、経営はオーナーの息子の奥さんがするそうな。その奥さんとの打ち合わせ。
上下の作業着のままでしたので、最初は建設会社の人間と思われた様子でした。設計者らしくない格好だったかなと後で思いましたが、ま、こんな事務所もあるんだなと思ってもらえればOK.

その奥様の希望は、女性向けの店にするために夢がいっぱい。こんな店にしたいという雑誌も見せてもらいましたが、どうも経営者からの発想の様子が見受けられましたので、お客さんからの視線を持つようにアドバイスしました。

初めて行く店は男女を問わず誰でも用心します。
特にはじめて入る飲み屋さんなんかは(^^ゞ (これ、実体験です。)

中が見通せない店やお客さんがいない店は、特に女性は入りづらいということなどなど。店舗作りとしてはイロハのことでも、なるほどと思っていただけたようです。

さらには店の中にキッズコーナーを奥のほうに置くということでした。

なぜ奥にするのかとたずねたところ特別な理由はなさそうでしたので、このキッズコーナーはお子さんも安心してつれてくることが出来る店だということのアピールになるので、外からも見えるところに置くことを提案しました。

総じて店舗のインテリアは、店舗がいつまでも新鮮であるために、そのときのトレンドベクトルに沿って変えていかざるを得ない宿命があります。その辺が当初のコンセプトが生き続けていく建築とは違う面がありますが、面白いところでもあります。

今回の店舗は立地がお客さんが買い物ついでに入るというような商店街ではなく、その店を目的としてやって来るお客さんが対象になるので、その店にしかないという個性を前面に出す必要があることを説明してきました。

このところ改修や改装、そして今回の用途変更など、いままではあまり手がけてこなかった分野の仕事が増えてきましたが、新しい刺激を与えていただいています。本当に建築ってのは面白い。

新築だけが建築士の仕事ではないということを経験させてもらっています。

仕事が少なくて清貧に甘んじている我仲間たちよ。
(休日も無く仕事している人は、これより下は読み飛ばしてください)
今与えられた仕事に全力を傾けよう。きっと誰かが見てくれている。

私は独立以来、そして今でもその考えで仕事に向かっています。

有名になりたかったのも正直なところありましたが、残念ながら建築家としての才能がありませんでした。
しかし、誠実に仕事をすることだけは守り続けています。
なんのゆかりも無いこの地で、才能も金も持っていなかった私が今までこの仕事を続けられてきたのも、その気持でいたからだと勝手に思っています。

ひっきりなしに仕事の依頼があるわけではありませんが、いつも誰かに助けられています。
そのことに、心から感謝しています。

だから、歯を食いしばって、誠実に立ち向かおう。

ここで、私が自分を励ましている格言を皆さんに。

・人生で最悪の選択とは、あきらめの早い人間になること。
・最大の栄誉は、一度も失敗しないことではなく、倒れるたびに起き上がることである。

スポンサーサイト

<< 建築基準法がまた変わるそうな | ホーム | 腰痛 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP