プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/02/27 (Sat) 07:47
女子フィギュアスケート

今日の話題はなんと言ってもオリンピック女子フィギュアスケートのことでしょう。

私も、冬季オリンピックにはほとんど関心はありませんでしたが、この女子フィギュアスケートの決勝は関心を持っていました。浅田真央には何とか雪辱を喫してもらいたいと思っていましたが、やはりキムヨナは次元が違っていました。

同じ歳だというのにキムのほうが浅田より色気があるような気がしたのは気のせいかしら。
性格のよさが顔に出ている浅田に金を取ってもらいたかったですが、なんせライバルの名前がキムじゃ、最初っから金は向こうにあったようなものです。

夜のニュースで見ていても、キムは憎らしいほど安定感があり、素人目にも表現力があるのが分かりました。
浅田からは必死さが伝わってきて思わず見ているほうにも力が入りましたが、ジャンプのミスが無くても勝ってたかどうか。曲も恐ろしく重々しく、何でこんな曲を選んだ?と首を傾げたくなるようでした。それ比べると、キムはSpのときに007のテーマソングを選び、最後の拳銃を撃った後の表情は色気もあり観客を魅了しました。
いやはやこんなボンドがいたら、スパイになりたがる男性、増えそう。

決勝の順番も運命のいたずらとでも言いたくなるように浅田の前にキムが滑ることが決まったときに、あー、これで負けたなと感じたものでした。浅田にとってものすごいプレッシャーになるだろうと予想しましたが、やはり予想通り決勝のときにはキムの点数を一生懸命意識しないように音楽を聴いているしぐさが痛々しかった。

表彰台で一生懸命涙をこらえていた姿もいじらしかったですね。

4年後、どうなることでしょうか。5位に入った16歳の在米日系人の子が強力なライバルになっている気がします。

ところで、3位のカナダの人。
母親を亡くしたばかりだそうで、それは気の毒なことでしたが、妙に筋肉質で男性的な印象。
なんだかカルーセル麻紀に似てるような似てないような・・・・
のど仏でもありゃしないかと気になってしまったのは私だけでしょうね。

タハハ、面目ない。m(__)m

スポンサーサイト

<< 施工会社の倒産 | ホーム | ハウステンボス >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP