プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/01/02 (Sat) 08:52
2010年があけました

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆さんの新年はいかがでしたか?
ここ福岡も、日本海気候(裏日本気候とも言いますが)なので冬場は太平洋側のようにスカッと晴れることはほとんど無く、毎日どんよりとして寒いのですが、昨日も同様にかなり寒かったですよ。

お昼近くに妻と歩いて20分の神社に初詣に出かけました。
曇り空で寒かったですが、風もなく、神社に付くころは体も温まったのはよかったのですが、地元の神社と言うこともあって人出も結構あり、神殿まで着くまで温まっていた体も冷えてしまいました。

お賽銭はワンコイン。
ニュースではどこかの神社のお賽銭には1万円札もあるようなことが報道されていましたが、神様がお金で願い事を聞き分けるとは思えない、思いたくない!
で、何をお願いしたかって?そりゃあ、内緒っちゃ。

その後、この神社から歩いて15分ほどにある小さな稲荷神社にもお参り。
このコースが我が家の定番になっています。

この神社は、86年に私が縁もゆかりも無い福岡で独立した際、何をすればいいのか何処に行けばいいのか全く分からず右往左往しているときに、たまたま通りかかった神社(名前はいまだに分かりませんが、地図では「稲荷大明神」と書いてあり春日原南町にあります)で、神にも仏にもすがる思いで必死になってお参りした所です。

真っ赤な鳥居が入り口から4~5本本並ぶ程度で実にこじんまりとしています。TVのCMの京都の稲荷神社(と思いますが)のように真っ赤な鳥居がずっと続いているというようなものでは全くありません。
4.5帖ほどの神殿(稲荷神社ではこの言い方が正しいのかどうか分かりませんが)も実に古く、すぐ横には大きなマンションが建っているにもかかわらず、どこか鄙びた田舎にあるような趣があります。

私が今まで、地元の人間以外は受け入れない排他的な福岡(福岡出身の芸能人が言っていることとはまるで逆だと言うことを実感しています。このことは他の地から来た人も同様に感じている人が多いのも事実。)で仕事が続けられてきたのも、この稲荷神社にお参りしたことがよかったのかもしれない、と、日ごろはおみくじや占いなどを信じない不信神なわが身ですが、いいことは信じます。

昨日は一日中、酒飲んでぐうたらにすごしました。
え?あまり普段と変わりないんじゃないかって?
ん~~、そういわれりゃそうですが・・・・・(-_-;) 
メ、メンボクナイ

何はさておき、今年も馬鹿馬鹿しく、あまり役に立ちそうにないようなことを気ままに徒然に書いていきますのでよろしくお願いします。

かしこm(__)m


スポンサーサイト

<< 低レベルの施工会社 | ホーム | 妻との忘年会 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP