プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/11/02 (Mon) 11:27
浮き上がり工法

免震工法の1つに、建物の土台と基礎の間に空気を送り込んで土台から建物を浮かせて、地震の意影響を軽減すると言う工法がTVで紹介されていました。

ホーバークラフトの建築版と言ったところでしょうか。

TVの実験では浮き上がり寸法は10ミリ程度でした。
椅子を2脚置き、片方はこの工法の上に、片方は通常の床に置かれて実験をして見せていました。阪神大震災並みの揺れでも浮き上がり工法ではほとんど揺れが生じておらず、1/10程度減衰するとの実験値が出ているそうです。建物の規模は住宅程度が対象。取付け費用は新築の場合300万円程度の費用アップになるとの事。

実験を見ていると、確かに片方の激しい揺れに比べるとあきらかに小さく揺れている程度なので、効果的なことは分かりました。それではこの装置。何時来るかわからない地震対策のため四六時中浮かせていないといけないのかな?と疑問。地震が来てヨッシャとばかりに浮き上がるためのスイッチなり感知器なりが付いていて瞬時に反応するのかな?揺れはじめが激しくても確実に浮くのかな?と、いろんな疑問が出てきたものの、その辺の説明はもちろんありません。

新しい考え方にはいろんな疑問などが生じるのも無理の無いことですが、この辺の対策がしっかりされておれば、これはなかなか効果的な装置です。

地震対策のために土台と基礎を緊結しないで、土台が基礎の上を滑るようにするほうがいいのじゃないかという考え方もありますが、基礎と土台はガッチリ固めるという方針が建築基準法の大前提ですから、この方式では建築審査会の認可が得られない限り確認が取れないでしょうね。でも面白い考えですし、この考え方の延長上に今回のホバークラフト的な工法があるような気がします。


スポンサーサイト

<< 官僚主義社会 | ホーム | 今日は神戸行きです >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP