プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/10/07 (Wed) 10:22
ベンチャーズ

先日、NHK BS放送でベンチャーズが結成50周年と言うことで、特集が組まれていました。
ベンチャーズの曲を聴くと、瞬時に中学校時代にタイムスリップします。音楽ってのは、そんな力がありますね。当時は長崎に居ましたので、流行る時期は東京とのタイムラグはあったんでしょうが。

ベンチャーズが日本で流行っていた頃、エレキギターは高くて、とても親に買って欲しいとは言えず、ただただ楽器店の前で羨望の眼差しでギターを見つめていたっけ・・・。その後、長兄が使っていたアコースティックギターを手にした時、幾ら練習しても上手くならなかったので、私に音楽的才能が無いことが分かるのは大学生になってからのことですが、純粋な少年(私のことですね)の頃は、後にそんなことになるとも知らないで、口でひたすらテケテケテケとギターを弾く真似(いわゆるエアギターって言うんでしょうか)をしながら少年時代をすごしました。馬鹿ですねー。

子供の頃に夢中になったことは、その後生涯にわたって残るものです。このベンチャーズやビートルズなんてのは、いまだに曲を聴くとウキウキしますものね。記憶に刷り込まれているんですね。

建築だって同じです。
私は子供の記憶に残るような、そしてご両親が大変な決断をした時、新居が出来たときのワクワクした記憶が残るような建築を作りたいと思っています。

例えその建物がなくなっても、家族と幸せに過ごした日々の空間の記憶はしっかりと残りますね。
その意味でも、建築を作り出すという行為は、非常に人間の根っこの部分に影響を及ぼす行為だと思うわけですね。建物の中の行動を規制し、あるいは物事の考え方まで影響を与えるかもしれないと思うと、無節操に当節流行のデザイン追及や雑誌受けのいいだけのデザインは避けるべきだと強く思うんです。

なんだかベンチャーズの話から飛躍しちまいました。

色塗りは散々パターンを作ってはアーデモナイコーデモナイと続けています。なかなか終わりません。


スポンサーサイト

<< デジカメ買い換え | ホーム | カラーリング作業 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP