プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/09/22 (Tue) 09:27
某マンション

シルバーウィークも残すところ後1日となって、少々お疲れ気味の方々、今のうちに体力を戻しましょうね。私は事務所を自営しているので、連休も盆暮れの休みもまったく関係ない。ついでに言やぁボーナスってものも、ちょいと古いギャグを書きたくなったのをぐっとこらえて、関係ない。

でもって、この連休中も、PCがトラブルと言うハプニングにもめげず?ひたすらとあるワンルームマンションのリノベーションのプランニング真っ最中です。

モノは築ン年経過しているのか不明の、図面も何も無いという鉄骨造4階建てのワンルームマンション。現地調査に行ったところ、見た感じでは築20年程度は経っているような雰囲気。しかし、外壁のALCにすさまじいくらいのクラックが入っていて、このALCの強度ももしかしたらかなり劣化しているのじゃないかというくらい懸念される状態。

IMG_3612_convert_20090922090433.jpg

目地のシーリングもやり変えた跡はあるにしても、施工が雑な上に、硬化してしまってシールの役に立っていない状態。

依頼内容は、このワンルームマンションの入居率が、外観の古さ、デザインの悪さなどですこぶる悪いので、デザインを一新して入居率を上げたいとのこと。
しかし、鉄骨造のALC貼ってのは、造るときはリーズナブルですが、このようにリノベーションをしようとするととたんに、どうにも始末の悪いものです。ALCは強度が無いために外部に化粧パネルのようなものは張れないし、何かを塗るにしても、強度が劣化していたら下地処理をしていても、数年で剥離してしまいます。かといって、大規模に手を加えるとなると、投下資本に対する回収年数を考慮すると、かなりのリスク。
おまけに外観だけじゃなく内部の住戸も設計や施工が悪く、これじゃ今時の学生や単身者は入らないだろうなと、案内してくれた不動産会社の代表も同じ感想。
平面的には中廊下形式ですが、この廊下がまたイメージが暗い。壁はグレーのリシン吹付け。しかし、このリシンの色といい粒粒の突起といい、なんだかエイリアンの体内に入ったような薄気味悪さ。

今、この建物をどうやって生き返えさせるか思案中です。
終日実測図を眺めては思いつくままに手を動かしています。しかし、図面が無いというのは本当に困ったものですが、幸いに今回の依頼内容は、確認申請が不要なのが幸いです。

連休明けにでも最初の案を出せるようにしなくっちゃ・・・・φ(..)

スポンサーサイト

<< リノベーション | ホーム | PC壊れて大騒ぎ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP