プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/07/21 (Tue) 17:18
コージェネレーションシステム

設備関係器具の性能や種類の増加が目覚しく、それに伴い、環境に関連するキーワードを理解しておかないと置いてきぼりを喰らいそうです。

エコ何とかという言葉が多いのも、環境関連商品だと分かるような仕組みにしているのでしょうか。

ざっと上げると、
エコキュート
エコジョーズ
エコウィル
エコアイス
エネファーム
などなど。

これらのうち、エコウィル以下の言葉は、コージェネレーションシステムとかいう名前で総称されていて、1つのエネルギー(ガス等の燃料)から同時に2つ以上のエネルギー(電気や給湯等の熱)が作り出されるシステムのことを指しています。

エコキュート
電気によるヒートポンプ式給湯器のことで、電力会社が力を入れて盛んに宣伝していますが、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの2つで構成されています。この製品はエアコンの室外機並みの音(約32dB)が終日するので、設置場所は隣家への配慮が必要でしょう。電源は200Vの専用回線の直結接続が必要です。

エコジョーズ
なんだか駄洒落っぽいネーミングのようですが、ガス給湯器です。正式名称は、潜熱回収型高効率ガス給湯器といいます。
か、固苦しい・・・・
お湯を沸かす際に生じる排気ガスから熱を再利用する仕組みになっていて、メリットは
熱効率は約95%、CO2排出量約13%減、ガス代約1万円/年減など。
接続にはドレン排水管の接続が必要です。

エコウィル
家庭用コージェネレーションシステム。
ガス発電、給湯システム。1kwの発電で発生する2.8kwの廃熱を給湯や床暖房などに利用します。取付け費用は82万円、補助金として現在のところ124,000円。一定期間ごと(6000時間もしくは3年間のどちらか早いほう)に車検のような点検が必要です。

エコアイス
氷蓄熱式空調システムで水や氷に蓄熱(冷やし)冷房に利用する方式で冷房負荷を減らす手法。主に事務所や施設、工場などに向きます。蓄熱量の分だけ電力の契約容量を下げられます。

エネファーム
家庭用燃料電池を使ったコージェネレーションシステム。
ガス、LPG、灯油などから燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて電気を作り出す装置です。発電能力は1kw。給湯能力は24号~27号程度。低騒音、低振動で、これから大いに期待できそうな装置ですが、現在のところの設置費用としては施工費ともで3,465,000円かかります。補助金は最高で140万円付くようですが、200万余は自己負担です。

いやはや、いろんな仕組みが出てきていますね。

他に建築的には自然エネルギーを利用する方式として、機械で自然エネルギーを利用する(太陽光発電や風力発電などの装置)アクティブシステムや、機械に頼らず、建物自体を工夫(通風やすだれ、格子など)して自然エネルギーを利用するパッシブシステムの2つの考え方もあります。

アルコール漬けの愚脳には一度に頭に入らないくらいですが、少しずつ覚えるしかありませんね。
フゥ~・・・

スポンサーサイト

<< 大雨の体験 | ホーム | カビ予防 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP