プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/05/25 (Mon) 12:00
デザイン

住宅の基本プランを作成した後で立体的な検討をするのに、今までは模型を作っていましたが、ここはせっかくSuketchUpを練習してきたので、3Dいっちょうやってみっと取り掛かってはや4日が経ちました。

作成の練習は本を見ながらしていましたが、習うより慣れろの主義なので、練習の本を繰り返すよりとりあえず何でもいいから試行錯誤しならがでもやってみるほうがエエんではないかえと。

とにかく時間がかかりますが、やはりデザインの変更が簡単に出来るので、コレには大助かりです。

立面図のスケッチを元に作成していますが、思っていたよりもいまいちのところの変更とか、イメージどおりだったのでムシシとひとりほくそ笑むとかするうちに、早くも4日経ってしまいました。

まあ、今の段階が大切なので時間がかかっても仕方の無いことですが、形が決まれば最後には模型を作ろうかと思っています。なぜなら、この3Dはパソコン内にはデーターとしてあるにしても、やはり実際的に手に持って見るには模型がいいような気がまだしていますので・・・

今日中に何とか目処をつけたいと思いつつも、毎日作成していると前のデザインがどうもいまいちに見えてしまうので、手直しをかけてなかなか先に進まないってことも、本当に多い。

デザインって言うのは人間の心が相手ですので、何処まで行ってもこれでヨシッ!というところに到達しないような気がします。そんなときは、先日書いたように本を見たり建築以外のデザインの本を見たりしながら考えをまとめるようにしています。

建築一筋の人よりも、寄り道しながら建築をしている人のほうが、引き出しが多いかもしれませんね。



スポンサーサイト

<< 依頼者との出会い | ホーム | 明日はあるのか >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP