プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/03/26 (Thu) 11:49
ローコストとは

住宅の設計依頼でよくあるケースとして、「ローコストで建てたい。」という要望。
たしかに、コストは掛かるだけ出しますよという人はまず存在しない、というより、私の今までの経験からはありませんでしたね。そりゃぁ、かの村野、安藤などメジャーな建築家になればそのような依頼者が出てくるかもしれませんが、その方たちと比べても仕方の無いこと。

このローコストという言葉がもつイメージはどのように考えますか?

私が捉えるレベルとメジャー建築家が考えるレベルとは大きな開きがあるようです。
というのも、私が今よりはるかに若かった頃、建築雑誌に載っていたメジャー建築家の設計した住宅とその建築家が書いた文章を目を皿のようにして読んでいたとき、アルミパンチングメタルに関してその建築家が「チープな建材を使って云々」と描いてあったのを目にしました。
その頃は、アルミパンチングメタルなるモノを使ったことも無かったために、へぇー、こんな面白い効果が出る材料が安いなんて・・・よっしゃ、チャンスがあれば使ってみよう。と、まだまだ世俗にそれほど汚されていなかった純情な青年(私のことですね)は、昇る朝日に向かって心に誓ったものでした。

しばらくしてそのチャンスが来たと思し召せ。
ここぞとばかりにチープな建材であるはずの「アルミパンチングメタル」をどしどし書き込みました。

で、建築会社からの見積チェックの時、心臓が三分の二くらい停まりあやうく卒倒しかけました。そうです、あのアルミパンチングメタルの金額が驚くほどのコストになっていて、ギョギョギョとギョの3乗くらいギョになって頭の中がパニックになったものでした。

ローコストって書いてあったに、ナンジャコリャーッ!
と、松田優作風に声を出しましたが、この部分、知らない人多いだろうな・・・

事ほど左様に、ローコストの捕らえ方のレベルがメジャー建築家と私のような無名で貧しい設計者との感覚の違いが大きいということを言いたかったのですね。

彼らにとってのローコストとは、たとえば住宅でも60万/坪ならばローコストに入るようです。一般的には80万/坪が彼らにとってのごくフツーのコストのようですね。これは雑誌で調べれば分かります。

確かに近年は要求される設備のスペックも年々向上し、かつ法的にシックハウス対策や省エネ対策、バリアフリー対策などいろいろと要求されてきていますので、私が独立した時期より坪単価は上がって来ざるを得なくなってきています。その関係上、上記したメジャー建築家がローコストと言ったレベルの坪単価が、現在のところのごく普通の住宅での坪単価というものに近いようです。

設計者に依頼すると高いものになるという誤解もいまだにあるようです。それは設計者が自分のデザインを押し付けるという意味もこめられているかと思いますが、設計料をいただくからには、やはり建築の専門家としてのレベルに作ることが必要だと思います。建てさえすればいいというレベルではないということだけは理解していただきたいものです。したがって、設計者に依頼するということは、設計者が持っている建築のレベルに仕上げることが専門家としての職責ですし、それを提供することを依頼者も期待してのことだろうと思います。

その意味から考えると、ローコストという捕らえ方が千差万別で、発注者、われわれ設計者、ハウスメーカー、地域工務店、大工など個別の考え方になるのでしょう。このへんの意識を統一しておかないと、お互いに大変なことになりかねませんよ。

スポンサーサイト

<< 土佐商会跡発見 | ホーム | 建築の図面 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP