FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/02/25 (Wed) 14:42
木造の基礎

木造建築は前回の法改正で、それまで最高高さや軒高、延面積の規制があり、それ以外は木造では作れないという条件を緩和して、大規模な建築も木造で造られるようになりました。
もちろん様々な条件が付けられていますが、木造で建てられる建築の範囲が広がり、3階建ての共同住宅(木3共「もくさんきょう」)でも木造で造ることが可能になっています。

学校も木造で作っているケースが増えてきましたね。

今回、私も小学校の校舎の増築を設計監理しましたが、設計打ち合わせのスタート時に木造校舎の提案をしましたが、あっさりと却下でした。少しは検討して欲しかったものだと思いますが、文部科学省からの補助金で建てるからにはその基準を満たさなければいけないということなので、市の方針として木造校舎を造ることはまったく考えていないし基準どおりの校舎にしなければならないというお達しでしたので、じつにまあ、旧態依然とした学校校舎の標準設計どおりのものになりました。

それはさておき、大規模木造建築に関わる人はごくごく少数派と思われますので、ここでは木造住宅に限って話を進めましょう。

木造住宅の場合、一般的に基礎は鉄筋コンクリートで造られていると思います。
平屋の東屋(あずまや)程度の規模であれば無筋コンクリートでも可能でしょうが。

基礎の形式としては、一般的に布基礎、ベタ基礎の2通りがほとんどです。
地盤調査によって地盤の強度が弱く沈下の恐れがある場合は、土壌改良や杭基礎などの方法を選択することになりますが、それは地盤調査の結果をみて判断します。

地盤調査は一般的にスエーデン式サウンディング試験と表面波(レイリー波)探査法の2方式があります。
試験結果の考察は調査担当者にゆだねられていますので、そのデーターと考察をどう読み込むかは結局のところ設計者の判断によるようです。
調査機関の所見は必ず添付されていますが、自分たちの責任が問われないようにするためか必ずといって良いほど過剰なくらいに慎重な見解が書かれています。

その通りにすれば確かに問題も生じるリスクはかなり小さく押えられるでしょうが、必要以上のコストもかかります。調査結果を見ての構造事務所の見解とはかなりずれがあります。

地盤調査の検査を見てベタ基礎にするか布基礎にするかの判断をするわけですが、現在の流れとしては布基礎でも大丈夫と思われる場所でもベタ基礎にするケースが多くなってきています。

理由としては布基礎に比べるとベタ基礎のほうが鉄筋量とコンクリート量は増えるにしても型枠の加工手間が減らせるという施工上の理由があるようです。

ここで木造の血耐力(kN/㎡)基礎の判断基準となる数値(建築基準法施行令題38条)

   地耐力<20kN/㎡ 基礎杭
20≦地耐力<30     基礎杭、ベタ基礎
30≦地耐力        基礎杭、ベタ基礎、布基礎

基礎杭は最弱の地耐力の時に採用しますが、それ以外はコスト面からほとんど採用しないのが現実的です。

布基礎の場合、断面が⊥字型になっていますが、この⊥型の横線部分(底盤)の幅も地耐力で決められています。

             平屋   2階建て    その他
30≦地耐力<50  30mm   45mm.     60mm.
50≦地耐力<70  24      36       45
70≦地帯力     18      24       30

このように法的に決められた数値以上を採用するように心がけましょう。なぜなら、建築基準法で決められている数値はあくまでも最低限、守らねばならないレベルですから。


ン~、今回はやたらと硬かったなぁ。読みづらくてスミマセンm(__)m


スポンサーサイト



<< 住宅の引渡し | ホーム | 東京タワーとノアビル >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP