プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/01/30 (Fri) 10:41
東京さ行ぐだ

来月の下旬に東京の甥っ子が結婚することになり、ン十年ぶりに東京に行きます。
会場を調べると港区ということもあり、それなら東京在住時代には行った事のない東京タワーに行くべと妻と気楽な会話を交わしていたところ、長兄からの連絡で親族代表で挨拶をしろと。

俺は末っ子だけん次兄を差し置いてンなでしゃばったことは出来ん、と、一見もっともらしい理屈をつけて次兄にその役を押し付けたので一安心。やれやれ久しぶりの東京だけん、うまいもんでも食って帰るべさと地図を眺めました。

ところが、親族挨拶の役を押し付けた次兄が、結婚式当日の近くに今勉強している国家試験があり、なんとしても通りたいので勉強のために出席できないとの連絡が来て、これがまあ一騒動。

事情が事情ならばやむを得まいと、こちらにお鉢が廻ってきてしまいました。

あわてて早速インターネットで披露宴での親族の挨拶文などをダウンロードしましたが、まあ、親族の挨拶なんて宴たけなわなら誰も聞いちゃいないし、簡単に終わらせちまおうと、ここでまた気楽な性格が顔を出して、鼻歌混じりに挨拶文などを眺め、ん~、こりゃ長いから端折ろうとか気ままにやってたところが、長兄からのメールで、披露宴開始早々、いの一番に挨拶することになっとるのでよろしくと。

目が点になるとはこのこと。
な、なぬぃー!!!んなこた聞いとらん!と言ったって仕方がない。

とたんにいまから緊張し始めました。
ただでさえ滑舌の悪い私が、緊張したらどんなことになるのか、・・・あー考えたくもない。
妻は、呼ばれて前に出るとき壊れたロボットみたいに右足と右手をギコギコさせながら同時に出さないでねと、これまたひとごとなのでニヤニヤしながらアドバイス。  

きっと、そうしそう・・・・

ま、しかし、なんですね、最初があまりうまくなかったら後の人が気楽に出来ますよね、などと自分で慰めています。誰も言ってくれないので。

気楽に東京タワーに行くべと思った東京行きが、とたんに東京タワーの上空に黒い雲がかかってきました。

やれやれ、まいったな・・・


スポンサーサイト

<< 今朝来た新聞の片隅に書いてある | ホーム | 台所 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP