プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/11/28 (Fri) 09:37
管理建築士資格取得講習会

26日に管理建築士資格取得講習会を受講してきました。

これは今日から施工される改正建築士法で新たに決められたことで、設計事務所の管理建築士として登録するための要件の1つとしてこの講習会を受講して、講習会の最後にある試験に合格しないと管理建築士として認められないことになり、つまり個人の設計事務所では場合によっては運営できないという厳しいものになりました。これも全て姉歯事件以来、設計事務所に対する性悪説に凝り固まった国土交通省の思惑で決められたことですが、姉歯をはじめとして確かに信頼を損ねるようなことをしている連中も表に出てこないだけで意外に存在するでしょうね。そんな連中を排除していく手段としてある意味、仕方の無いことかもしれません。

朝の8時半には会場の到着して、講義は9時20分から16時までみっちりあり、その後に1時間の試験。全て終わって会場を出たのが17時30分を廻っていました。

いやはやくたくたになりましたが、会場には500名以上の人が真剣に受講していて、とても居眠り出来る状態ではありません。高齢の方も結構見えていました。かく言う私も30台の若者から見りゃ立派な高齢者になるでしょうけど・・・

私があの年で痴呆症にかからないで受講できる自信はないなーと、先日、田舎に帰ったとき、父の痴呆症振りを目の当たりにしてからというもの、年が行ってからの頭脳明晰な人に感心したものでした。

講義そのものは配られたテキストを読むだけですので、講師としてはなんら補足説明をするような様子もわずかでしかないのですが、確かにテキストを配っただけでは忙しさにかまけて読まないことはまず間違いない!(んー、だいぶ古かったですな・・)

下を向いていると瞼同士が仲良くなるので、瞬きのはずが長いことくっついたままという状態になることもしばしば。いやはや、本当に眠いのをこらえる苦行でした。

スポンサーサイト

<< | ホーム | 建築考 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP