プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/11/06 (Thu) 17:01
あめりかアメリカ米国

もはや周知の通り、アメリカの大統領がオバマに決まったという話でTVのニュースも持ちきりです。

私はアメリカという国には嫌悪感を持っていますが、残念ながらこの国のこのように人種、経験、年齢にまったく関係なく、何かをしてくれそうだという希望を託せる人物を何のしがらみも持たずに選ぶという国の有り方には感心するとともに、アメリカの第5十何州か分からない海の向こうの小島の、自力で国を変えようということができない民族を省みると、実に情けない思いを持たざるを得ません。

TVでアメリカ大統領選挙のニュースを毎日のように流しているさまを見ると、ほとほと独立国家とは思えないような様相を苦々しい思いでいました。そして当選するや、やれオバマは親日派なのか親中派なのかと、これもまた新しい親分の顔色を伺う低レベルな話ばかり。やれやれ・・・

アメリカのサブプライムの影響で株は大暴落するは円高になるわで、輸出産業は下期の売り上げを下方修正せざるを得ないという状況を見ると、本当にこの国はアメリカあってのものだねで、アメリカが右といえば右を向くという本当に言い成りの国ですね。そのいい例が、郵政を民営化しろといえばそのとおりにする頭の悪いブッシュの一の子分を自認していたポチ首相もいました。

ここしばらくはアメリカ大統領のニュースを目にすることも多くなりそうです。

それはさておいて、頭の悪いブッシュがイラク戦争をはじめたときに、大多数のこれもまた頭の悪いアメリカ人が戦争支持のなかで、毅然としてイラク戦争反対を唱えていた女子中学生が居ました。
その中学生にブッシュを支持している元軍人らしき初老の男が詰め寄るのを横から諌められているのをTVのニュースで見ましたが、その女子中学生はその馬鹿者から詰め寄られて後ずさりしても主張を変えなかったことにすごく感動した覚えがあります。

今、どっちの主張が正しかったかはっきりしたわけですが、あの元軍人はどういう気持ちでいるのか知りたいところです。そして自分の主義と違うからといって、体格がまったく違う女子中学生を威嚇するように詰め寄るという理不尽な行為をしたことをどう思っているのか。
でも、こんな輩は反省するような脳みそは持っていないでしょう。田母神航空自衛隊幕僚長と同様、馬鹿は死ななきゃ治らない。

なんだか今日はまとまりが付かなかったなぁ・・・・

スポンサーサイト

<< コンクリートのスランプ測定 | ホーム | 法事に行って思うこと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP