プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/09/29 (Mon) 13:21
低品格政治屋

程度の低い政治屋どもの暴言が続いています。

太田が大臣を辞めて福田が安部に続いて政権を放り出す無責任極まりない低脳振りを発揮して、総理大臣になりたくて仕方が無かった麻生というこれまたお坊ちゃまが総理大臣になった途端に、中山が人間性も疑わせるような確信的な暴言を吐き、言いたいことを言ったと本人はすっきりした気持ちで大臣を辞めましたが、太田といい中山といい、両方とも九州出身。

日教組のことはよく知りませんが、中山が姑息なのは、記者会見の場で批判したこと。千葉の成田空港反対派農民やアイヌの人、日教組など批判された人がその場で反論もできない一方的な状況下での発言では、その発言のみが一人歩きしてしまうことを狙った節があることですね。

似たような人物として、体制擁護番組の日本TV「たかじんのそこまで言って委員会」の大部分が体制擁護派ばかりの番組参加者のなかで、その際たるものが政治評論家の爺さん。この爺さん、自分の気に入らない発言をする人にはその人の発言中にもかかわらず大声で威圧的に発言を押さえ込もうとするから見苦しい。この番組は、時事問題を取り上げることも多いですが、こと政治問題や人権問題になると途端にその本質をさらけ出します。

中山の日教組批判発言を擁護した大阪のうぬぼれ弁護士知事も、この番組で知名度を上げたことは記憶に新しいですね。

中山といいこの政治評論家爺といい、体制擁護派の特質は人の話を聞かないで持論を相手の反論もさせないような状況で威圧的に押し付ける連中が多い。
これがいわゆる日教組批判の急先鋒といわれる人たちの意識でしょうか。
あなたたちが率先してマナーのいい紳士的な態度を示してから日教組を批判したほうがいいのじゃないでしょうかね。

中山も官僚養成特殊学校の東大出て旧大蔵官僚出身だそう。やはり官僚らしい当たり前の感覚を持ち合わせていないことがよく分かります。

中山の発言を恥だと思った宮崎の有権者の見識を、選挙で見せましょう。

それにしても、程度の低い議員が多いこと・・・

スポンサーサイト

<< 個室ビデオ店などに使う家具 | ホーム | コンクリート打ち >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP