プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/07/21 (Mon) 18:57
物がどんどん壊れます

今月はなんだかモノが連続して壊れます。

長年愛用していた腕時計が動かなくなったので電池が切れたと思い時計屋に持って行ったところ、回路が古くなっているので回路の交換が必要とのこと。

28歳の頃、大奮発して買った腕時計で、その後30年間というもの電池の交換以外に壊れたことは無く、それはそれは前に書いた国産車に比べればその頑丈さには驚くばかりで、そりゃ回路も行かれるわさと修理を依頼。

その後に愛車が再び壊れ、これも修理。
このメーカーおよび車種に対して怒りまくっているのは前に書きましたが。

で、先日、TVを見ていてさてそろそろ寝るべと思っていたところ、突然画面が縮小して、あれれれれと思った瞬間、ブチっという嫌な音とともにジエンド。おじゃんです。

このTV、96年製だから12年間使ったわけですが、アナログがなくなるまであと3年はもって欲しかったけど仕方ないですね。

早速翌日TVを購入。液晶でフルハイビジョンとかいう代物。

いやはやブラウン管に比べるとそのスペースが少なくて済むことに感動ですが、それにしても取り説の分厚さにはうんざり。
一回読んだだけじゃ大雑把にしか分からず、さりとてもう一回読もうと気にもならず、機能がてんこ盛りのようですが、TVが見れりゃええわいって調子で取り説も目を通したのは1回限り。
妻は読もうともしません。

しかし画面が綺麗にクッキリ見えるようになったのは良いにしても、ブラウン管では気がつかなかったタレントの皺がはっきり見えてしまったのには苦笑ものです。

困ったのは、ビデオデッキが使えなくなったこと。DVD録画の製品じゃないので、これもおじゃん。

どんどん電解製品が使えなくなって新しいものに買い替えさせる自民党と電機業界の思う壺ですね。

なんだか修理ばかりでどんどんお金が消えていくので、年に数回、数千円程度しかできていませんが予定していた国境の無い医師団やUNHCR協会への寄付ができなくなりました。

申し訳ないです。
そのうちまた寄付させていただきますけん、今度ばかしは許してつかあさい。
(どこ弁じゃい)
スポンサーサイト

<< おーい雲よ | ホーム | よく壊れる我が国産車 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP