プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/06/28 (Sat) 10:48
アメリカという国

アメリカは日本の要望を無視して、北朝鮮をテロ支援国家指定からはずす方針を採りました。

私がアメリカに対して思っていた通りに、あの国は自国に都合のいい方法を絶えずとり続けて来ている国なので、日本が何を言おうがリップサービスで済ませるだけで、どんなことをしようが日本は小泉がしたように尾っぽを振って付いて来るポチ国と思っているようなので、日本の要望などはまったく気にしているはずも無かったということがはっきりしましたね。

そして案の定、売国政党の自民党総裁も、理解できるなどと、この国の国民の怒りを代弁もしないで能天気丸出しで自国民の気持ちよりアメリカの面子を優先しました。

もういい加減にしてほしいものですね。

日米安全保障条約があるから有事の際はアメリカが助けてくれるハズだから、その代わりに独立国家としての体面もかなぐり捨てて、ひたすらアメリカのご機嫌を損なわないように媚びるだけ媚びていれば安全だなんて。

今度のことでそれがいかに砂上の楼閣といえるような関係だということが分かったでしょう。同盟国という関係ではなく、親分子分、あるいは旦那と妾の関係です。

自国民を苦しめてでも売国奴の金丸信がはじめた思いやり予算も、インド洋でタダでガソリンをアメリカに配るという愚策も、全て奴らにとっては何も恩義に感じていないってこと。

国民には我慢を強いて自分は脱税で捕まるような手合いだった金丸の政策を、いつまで無為に続けるのか。

いまだに自民党、公明党を支持しているあなた方。

あなた方の無知、無策で、このような国にしてしまった政治屋をひたすら選んできたんだということに気がついてほしいな。

そしてこんなに国内もがたがたにしてしまった官僚連中にとっても、自民党が政権党である限りは安泰だと思っていることにも気がついてほしいな。

民社党がいいとか言うことではなく、政権の移動が必要だということを言っているわけです。

下手なことすれば政権を奪われるという危機感を持たせないと、いつまでも自国民を助けられないばかりかアメリカに媚びるだけの情けない国にどんどん落ち込んで言ってしまいますぞ。

もう手遅れかもしれませんが。

羊のようなおとなしい日本人は、世界の権力者にとってはうらやましい限りだろうなと思いますね。

それにしても、いつまで自分に都合のいいことしかしないアメリカにしがみつくのかね・・・・・








スポンサーサイト

<< 今年後半の元旦です | ホーム | 壁の強さの影響 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP