プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/05/21 (Wed) 08:59
近所の床屋さん

昨日、久しぶりに時間が空いたので、半年くらい床屋さんに行っていないせいで髪が爆発していたので、近所の床屋さんに行ったことの話です。

そこはカットだけなら1000円という超格安なうえに座って終わるまでが15分程度という気軽さもあって利用しています。

以前、顔はいまさら仕方ないので髪だけはかっこよく決めてもらおうと、資生堂のパーラーのようなところに血迷って行ったことがありましたが、そりゃもううんざりして二度と行くまいと硬く心に決めたのがそのように早い安いという店を利用するきっかけになったのです。

何がうんざりしたかというと、顔にはいろんなクリームを塗りたくるわ鏡を持ってきてはヘアスタイルをアーダコーダと説明するわ、座ってから一時間以上もかかっていたのでもう良いからやめてくれ!といいたくなるのをこらえてひたすら終わるのを待っているだけでした。

髪が伸びたから切るだけなんだけどな・・・と思っているのは、ひょっとして私だけ?

で、近所の床屋さん。
いつもは髪の毛が伸びきって行くので耳が半分隠れるくらいにカットしてというだけで後は目をつぶってされるがままにしていますが、昨日はちょっと試しに耳が隠れるくらいにバランスを取ってくださいと要求しましたが、カットし始めたとたんに、耳が半分くらいで良いですか?と聴いてきたのには呆れました。

要するに、要求どおりにできないと自ら告白したようなものですね。

で、終わったらいつもように耳が半分隠れるどころかしっかり耳が出ています。

ああ、やっぱりこのレベルなんだなと分かりました。

でも頭の毛が少ない人にとっては何を贅沢なと言われるでしょうね。

すみません、髪の毛が多いというだけでもありがたいことです。

それと正比例して仕事も多ければいいのですが、これはなかなかですねぇ・・・・



スポンサーサイト

<< オートロックは気休めでしかない | ホーム | 建築 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP