プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/03/20 (Thu) 16:23
春分の日

今日は春分の日。

昼と夜の時間が同じ、という日です。

夏から冬に向かってある秋分の日も同じですが、受け取り方がずいぶん違います。

春分の日は、季節としては寒い冬から暖かい春に向かって桜もほころび、なんだか気分もうきうきするような感じになりますね。
学生は進級と進学がほぼ決まった時期です。

受験戦争に勝ち抜いた人も捲土重来の人も、ここはひとまず一息いれましょう。

受験生の人、今年がだめでも明日があるよ。

かく言う私めも高校出て傘張り生活を送ったのでね。
意味が分からない人、オトーサンに聞きなさい。

早いもので今年ももうすぐ3月が終わろうとしていますね。
今年もあと9ヶ月。なんだかんだといいながらもあっという間ですよ。

それはともかく、桜ももうすぐ咲きます。
桜という木は綺麗な時期はほんの2週間程度で、あとは虫が付きやすいわ木の形は不細工だわ葉っぱ落ちるわで始末に悪い木なのですが、それでも日本人はこよなく愛でています。

ワシントンにも桜並木があって、繊細な気持ちを持っているとはとても思えないアメリカ人にも人気が有るようです。

美は人種を問わないってことですね。

私たち建築設計者もいつも美しいものを目して審美眼を養う必要がありますので、ひたすらきれいなもの美しいものを目にするようにしています。

展覧会に行ったり彫刻を見たり、もちろん建築を見に行ったりします。町並みの綺麗なところや景観の綺麗なところももちろんですね。そして、綺麗な人も・・・・


スポンサーサイト

<< あくどい**学会 | ホーム | 家庭内での子供の事故 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP