FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/11/03 (Sun) 09:28
にわかラグビーファン

ラグビーのワールドカップが終わりました。
私も今度のワールドカップを見てにわかラグビーファンになった口ですが、サッカーは日本代表が出ないと見る気がしませんが、ラグビーはなぜか日本代表が出なくても見られました。

さて、決勝戦。イングランドと南アフリカ。やっぱりどちらかに肩入れしたほうがハラハラして楽しめるので、どっちば応援スっかなーと思って入場行進から見ていましたが、国歌斉唱時に即、南アフリカに決まりました。

理由は国歌斉唱時に、南アフリカの選手はエスコートボーイの肩に優しく手を置いて、チームメイトのように一緒に歌っていましたが、イングランドはエスコートボーイをほったらかしにしているシーンを目にしたから。この南アフリカの選手のエスコートボーイへの優しい接し方を目にした瞬間に、南アフリカば応援するけんね。

トップレベルの試合だけに見ごたえのある決勝戦でしたが、応援した南アフリカが勝利を収めました。

しかしメダルの授与のとき、イングランドの選手がメダルを首から下げるのを拒否したりメダルを即外したりしたマナーの悪い選手が目に付き、何が紳士の国だと少々ガックシでした。

負けた悔しさもあるのでしょうが、ラグビーはあまり審判にクレームを付けないし試合が終わったらノーサイドというコンセプトだから、やたらと審判にクレームを付けたり大げさに倒れて審判を騙してペナルティを取ろうというこすっからい試合運びをするのが試合巧者だと言われているサッカーより紳士的だと感心していたのに、なんだかサッカーとあんまし変わらんね。

そりゃまともかく、久しぶりに夢中になれるスポーツ観戦でした。

最近は東京オリンピックに出ることが決まったおかげで空手の試合もTV中継が増えましたが、少々かじったとはいえ、やっぱり見ていてどこが決まったのかスロービデオが出ないとわからない。これは剣道も同じですが、瞬時の判断なので熟練者じゃないとなかなか判断がつかないというわかりづらさが、競技人口が多いにもかかわらずオリンピックに採用されなかった理由なんだろうなーと思ったものの、空手から発生した空手よりも競技人口が少ないテコンドーが採用されたのは何故なのか分かりませんが。

ん~、ラグビーの話からどうしてこうなるのかなー。相変わらず支離滅裂。


スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP