FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/11/20 (Wed) 16:33
我が国の皇帝様そのⅡ

我が国の皇帝様が在位最長記録を更新したとゲナ。

ふーん。
で、こいつの実績は何?

あれだけわが政権の最重要問題で、必ずや解決するとカッコつけた拉致被害者は、どうなった?
北方領土も、自分が解決すると言ったのに、で、どうなった?

やってることは自分の権力をひけらかすか、アメリカのジャイアンにひたすら媚びることばかりしたような気がするけど。

はぁ・・・・、最長記録ねー・・・・

何の価値も生み出していないということでは、実績があリマスね。

こいつの印象は、モリカケそばにサクラ吹雪

どれもこれもカミさんと一緒のお粗末な一席で
頭の悪さはよく似た夫婦だということがわかります。

しかしなぁー、こいつ、いつまで国民に迷惑かけるんだろうなー

スポンサーサイト



2019/11/15 (Fri) 09:34
我が国の皇帝様

さすがに亡国首相の低能さ、傲慢さ、幼稚さをさんざん糾弾しても、なぜか支持率が40%を超えて、この男が大臣に指名した連中がこと男に輪をかけて低能ぶりを発揮し、次々と辞任をしている実態があっても、そしてこの男が任命責任は私にあると反省に見せかけた言葉を出せば、大甘の国民から責任追及はされないと高く食っている姿をまいどまいどニュースで目にして、まさにこの国の帝王になってきているなと思っていたら、今度は税金を使って自分のお気に入の連中を新宿御苑というこれまた公共施設で、花見を主催していた事実があからさまになりました。

その馬鹿な連中からヨイショを受けたいがために、自分の権力をひけらかしたいがために、そして愚かなカミさんをいい気持ちにされるためだけに、億円という税金が使われたことに、これも安倍信者は認めるのでしょう。まあ、えーじゃないかと。

この金を何故有効な使い方ができなかったのか。
まだ国内には自然災害にあって、我が家に戻れず仮設住宅暮らしを強いられている人がいるというのに目をつぶり、懸命に働いていても貧困から抜け出せない家庭もあることに目をつぶり、ひたすら己の享楽のために税金を湯水のごとく使う神経がわからない。
市民感覚を失った二階とか言う政治屋も、こいつを当選させた選挙民も恥を知るべきでしょうが、最も恥を知れと言いたいのは山口の安倍の選挙区の有権者。
国会審議中にも自分の席から、質問者に対して野次ることを度々重ねてきました。

歴代の首相で、こういうことをした事例は知りません。どれだけ器の小さい男かということを自ら示しています。そしてこんなレベルの男を支持している連中も、日本人のレベルの低下を自ら招いていることに気が付かない。

いくら頭が幼稚園児レベルの知能しかなさそうな男でも流石にまずいと思ったのか、来年は中止になったようですが、それも私が決めたと、さも英断した俺ってすごいだろう。とばかりのコメントにも唖然としました。その馬鹿げたレトリックにも、流石に安倍ちゃんと感心する向きも数多いるんでしょうね。

いつまでこの男を帝王のような振る舞いを許すのか。






2019/11/03 (Sun) 09:28
にわかラグビーファン

ラグビーのワールドカップが終わりました。
私も今度のワールドカップを見てにわかラグビーファンになった口ですが、サッカーは日本代表が出ないと見る気がしませんが、ラグビーはなぜか日本代表が出なくても見られました。

さて、決勝戦。イングランドと南アフリカ。やっぱりどちらかに肩入れしたほうがハラハラして楽しめるので、どっちば応援スっかなーと思って入場行進から見ていましたが、国歌斉唱時に即、南アフリカに決まりました。

理由は国歌斉唱時に、南アフリカの選手はエスコートボーイの肩に優しく手を置いて、チームメイトのように一緒に歌っていましたが、イングランドはエスコートボーイをほったらかしにしているシーンを目にしたから。この南アフリカの選手のエスコートボーイへの優しい接し方を目にした瞬間に、南アフリカば応援するけんね。

トップレベルの試合だけに見ごたえのある決勝戦でしたが、応援した南アフリカが勝利を収めました。

しかしメダルの授与のとき、イングランドの選手がメダルを首から下げるのを拒否したりメダルを即外したりしたマナーの悪い選手が目に付き、何が紳士の国だと少々ガックシでした。

負けた悔しさもあるのでしょうが、ラグビーはあまり審判にクレームを付けないし試合が終わったらノーサイドというコンセプトだから、やたらと審判にクレームを付けたり大げさに倒れて審判を騙してペナルティを取ろうというこすっからい試合運びをするのが試合巧者だと言われているサッカーより紳士的だと感心していたのに、なんだかサッカーとあんまし変わらんね。

そりゃまともかく、久しぶりに夢中になれるスポーツ観戦でした。

最近は東京オリンピックに出ることが決まったおかげで空手の試合もTV中継が増えましたが、少々かじったとはいえ、やっぱり見ていてどこが決まったのかスロービデオが出ないとわからない。これは剣道も同じですが、瞬時の判断なので熟練者じゃないとなかなか判断がつかないというわかりづらさが、競技人口が多いにもかかわらずオリンピックに採用されなかった理由なんだろうなーと思ったものの、空手から発生した空手よりも競技人口が少ないテコンドーが採用されたのは何故なのか分かりませんが。

ん~、ラグビーの話からどうしてこうなるのかなー。相変わらず支離滅裂。


| ホーム |

 BLOG TOP