FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/04/30 (Tue) 09:40
誠実さを態度で示されてきた天皇

本日を持って平成という元号が終わりますね。

私個人としては、元号制度も天皇制度も必要性を感じていませんが、平成天皇の誠実な態度を目にするにつけ、平成天皇への信頼を持っています。

先の天皇が戦争責任も負わず、更にはアメリカに沖縄を自由に使ってくれとばかりに我が身代わりの生贄のごとくに差し出した事実を知ると、昭和時代には皇室や皇族、昭和天皇に対する嫌悪感は大きく、TVや雑誌での皇室関連はすべて拒絶していました。

平成天皇が父親のしでかした過ちを謝罪するかのように沖縄を訪問した際、沖縄人民から火炎瓶を投げつけられるという事件が有りましたが、そのときは正直、その沖縄人民の反ヤマト、反天皇の心情を支持していました。

沖縄は、敗戦直前には日本本土の防波堤としての役割を押し付けられ、多大な沖縄人民の犠牲を出したにもかかわらず、そのことは敗戦後今日に至るまで、何ら同国人として感謝の気持ちをヤマト民族から受けることもなく、あまつさえ昭和天皇が己の身代わりの生贄のごとくにアメリカ軍に沖縄を勝手に差し出した結果、アメリカによって沖縄という土地は好き勝手に利用つづけています。

日米安保条約という甚だ不平等な法律のもと、沖縄の土地と人民の人権は蹂躙されたままにアメリカに媚びる日本政府から放置されています。

日本人のアイデンティティーを訴えなきゃいけないはずの右翼もアメリカに媚びへつらうすがたは、この国の独立は虚構でしか過ぎないことを実感させられます。

話を戻して、平成天皇は火炎瓶と投げつけられるという沖縄人民の反感をもろに示されたにもめげず、ひたすら沖縄や日本が天皇の名のもとに起こした侵略戦争によって多大な犠牲者を出した各地への謝罪や慰安の旅を続ける姿を見て、私自身の天皇に対する忌避感も次第に薄らぎ、平成天皇と皇后の誠実さが伝わってきました。

日本人の誠実さを身をもって体現されてきた天皇皇后両陛下に、これからはごゆっくりとお過ごしくださることを心から願います。

口先で取り繕うということもない誠実な天皇に比べて、あの不誠実な口先だけの情けないほどの幼稚な思考力しか持ち合わせていない男が、日本民族の品性を貶めていることに危機感を覚えます。


スポンサーサイト



2019/04/28 (Sun) 08:45
10連休 可もなし不可もなし

かなり遅めの10連休に関しての所見です。

10連休と言っても、土曜日が休みや10日も連続して休めるところに所属している人しか恩恵を被らないわけで。つまり、皆様方のあこがれの国家公務員、地方公務員、そして大企業。

しかし公務員関係者でも、警察や消防署など人命に関わる部署の人は当然休めないわけですが。そして忘れちゃいけないのが我々のような自営業。

自営業でもウハウハ儲かって、社長は成金趣味の極みのようなベンツを持っているところは、10日休んで英気を養うとい大義名分も有るかと思いますが、私のような蚤の涙のような個人経営事務所にしてみれば、世間が休んでいるときもせっせと蟻のごとく働いています。

連休なのに休めない不満より、仕事があるということに感謝のほうが大きく、仕事がないときは毎日が日曜日状態。そういうときは心底精神状態が悪いものですので、連休だろうがなんだろうが仕事があるとやけんね、という方が精神衛生上すこぶる好ましい。

しかし困ることは、連休中はどこの建材メーカーとも連絡も取れないし、打ち合わせもできないということ。メーカーとの打ち合わせが必要な業務はひとまず先送り。

皆様、せっかくですので連休を大いに楽しんでください。
私も、やはり連休ということもあって、息抜きに本をゆっくり読めるというメリットもありますのでまんざら悪くもないですが。

GWが終われば、そろそろ梅雨の走りで雨模様が多くなります。
昔は5月が一番天候が良かったはずなんですが、最近は4月が一番安定しているんでしょうか。

5月といえば、井上陽水の「5月の別れ」という曲があります。

BGMで聞きながらしみじみと感じ入っている日々を送っています。



2019/04/11 (Thu) 11:01
責任の所在

失言の宝庫だった桜田大臣がようやく辞任しました。議員も辞めてほしいところでしたが、そこはしがみついて離れません。

しかし、この議員のみならず安倍内閣にはどうしようもないレベルの大臣ばかりだということは周知のことながら、この連中を追い込んでやめさせることもできない野党も力がない。

毎度毎度、こういうレベルの大臣を選んだ任命責任は私に有るとコメントするお方が、その責任を取ったことはただの一度もなく、要はこの男の誠実さも持たない得意の口先だけ。

こういう首相を選ぶ国会議員を選んだ責任は我々有権者に有ります。
自民党に一度も投票したことも無い私にも、こういうレベルの首相や議員をクビにすることができない野党議員を選んだという責任があります。

日本の民主度レベルが国際的に低下し、真実を伝える報道にも権力が介入し、TVの報道番組はどれが一体信用できるのかという情報リテラシーの力を自らが高めるしか無い状態に陥っています。
TVで顔が売れている芸能人は、権力者に取り入る奴ほど尊大になってきています。

鼻持ちならない連中が跋扈するこの国では、権力者を批判することに一般人も萎縮するような風潮に慣らされていっています。

いまやリベラルの最後の牙城にも思える今上天皇さえも極右の連中にとってみれば批判の対象になっていることに、いったいどこまで日本人ってのは増長するのか、末恐ろしく思えます。

日本人を分断化することによって己の権力者としての地位を維持し続ける安倍政権の上層部は、何をやっても支持率が下がらない事実を見て、安倍シンパでなければ人ではないかのようなこの世の春を謳歌している様子。

こういうレベルの議員を選んだ責任は、我々にあります。

日本という国が、国際的に本当にいい国だと思ってもらえるノルウェーやスウェーデンのような国民を大事にする民主主義国家の如き国になることは、百年河清を俟つようなものでしょうか。







2019/04/04 (Thu) 10:09
改元しましたね

新しい元号が決まり、日本中が沸きにわきまくりましたが、元から元号を使用してこなかった私には、その狂騒が意外に思えました。

私もあまり世の中のことを理解していなかった子供の頃は元号を使っていましたが、元号が変わるとその前の元号の数値が一体何年前なのかということがすぐに計算できない不便さと、世界は西暦で動いているのに戦争で負けて民主主義国家になったはずの日本だけが天皇支配の制度をそのまま残しているのか疑問に思うに従い、個人的なことに関しては西暦で通しています。そのせいか、子供の誕生も西暦でしか念頭にないので、元号で尋ねられるとはて何年だっけということにしばしば直面します。

すこぶるめんどくさい。

しかし、役所への提出書類は全て元号がすでに印刷されていますので、それをあえて抹消して西暦で書き直すという面倒くささもあり、私個人にしか影響が来ない書類以外は素直に元号で書くようになったのは、あえて揉め事を起こさない大人になった証ですね。(^_^;)

それはさておき、元号に関して相変わらずのでしゃばり安倍。何でも俺が俺がと自分の手柄にしたがる幼児性が抜けきれない男があちこちのTVに出ずっぱり。

ココらへんは平成に変わったときに、首相談話を当時の小渕官房長官に話させるという控えめな態度をとった竹下と比べると、遥かに人間性が劣ること甚だし。人相も甚だ悪くなっているのは、歳を取ると内面性が顔に出てくるとの好例。

改元したところで日本の国力も日本人の品格も劇的に向上するけでもなく、そうつぶやきながら私は早朝の河川敷で櫻を愛でながら毎日のウォーキングに勤しんでいます。





| ホーム |

 BLOG TOP