FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/02/23 (Sat) 05:17
公園のベンチの光景が・・・

昨日、打合せのため某所に向かう時、普段が座りっぱなしの生活なのでお金は貯まりませんが内臓脂肪だけはしっかりと溜め込んでいるので、その利息分でも消費しなくっちゃと、歩いて片道2.5kをえっちらおっちらと歩いて向かいましたとさ。

空には雲はそこそこ多いものの雨は降りそうになく、風は少々強くて気温も低めでしたが歩行分には支障がなく、ウォーキングの姿勢を正しく保つことを意識しながら、妻、子どもたち公認の短い足も精一杯広げながら歩きました。

目的地へのアクセスは歩道は広くて快適ではありましたが、途中で県立の大きな公園があります。そこの中を通るとショートカットできるし緑も多いので、当然のように公園の中を歩きました。

平日の昼間にもかかわらずジョギングしている人が意外に多いのにびっくり。しかも若者が多い。仕事が休みの日なんだろうなーと思いつつあるき続けていると、ふと気が付きました。

公園なので当然ベンチも多いんですが、そのベンチに腰掛けているのはほぼ全て爺さんばかり。しかも全員一人で、じっと佇んでいます。

会話をしている人は皆無です。

・・・・・・・・
爺さんばかりかー

これは公園を出るまで同じような光景が続きました。

帰りも公園の中を通りましたが、同じ場所に同じ人がほぼ同じ姿勢で、肌寒い中、ぽっちでじっと座っています。

全員が爺さんということは何を示唆しているのかと推測するに、リタイヤした人たちだろう。家にいられない。つまり家の中に自分の居場所がない人たちなんだろうと。

同じ年齢層の女性は皆無でした。これはもう見事に皆無。
高齢になった時の男と女の日常の生活力の差がこれほど出てくるのかと、なんだか悲しくなるような光景でした。

女性なら初対面の人とも割と会話が成り立つのでしょうが、男ってのは無駄話や世間話をするという性格を持ち合わせていないようです。特にリタイヤの人は、それまでの趣味的な仲間も作っていない人も多いそうな。

ヒェ~(-_-;) 
寒空の中を唯一人でベンチに座っている胸に迫るような孤独な姿は、明日は我が身。

皆さん、今のうちからリタイヤしてもワイワイ騒げる仲間を作っておきましょう。

群れるのが苦手なお前もな、と自分に言い聞かせています。

しかし、しみじみと男って寂しいなぁ・・・・・
なんだかなぁ・・・・・・・

頑張れーオヤジ
頑張れー爺さん
頑張れー俺たち
頑張れー俺
・・・・・・・・・・・

頑張って来たんだよねー・・・・(;_;)






スポンサーサイト



2019/02/17 (Sun) 08:08
私の携帯がいよいよ寿命に近づいてきました

昨夜、何気なく携帯<私が持っている携帯はauのX-RAYという製品です>を見た時、蓋が開いているはずもないのに携帯の表面に日付などのメッセージサインが出ていました。れれれ、なんで?と思って手に取ると、折りたたみの丁番部分がゆるくなっている上に、折りたたんだままで軽く振ると蓋が動きます。

あー、散々落としたからなーと反省しましたが、スイッチの表示プレート<薄いプラスチックプレートが貼ってあるだけなんです>が取れるし充電部分の蓋も取れるしで、携帯電話としての機能はまだまだ問題なく使えても製品として寿命が近づいている様子。

そろそろ買い替えどきかなー。

デザインが気に入っているので7年も使っていますが、スマホに買い換えようとしても現在のスマホはどれもコレも同じデザインで惹かれないし、ましてや携帯はデザインがどうしようもないほどダサすぎ。

唯一カッコいいと思えるのは同じ携帯電話会社(au)で選ぶとINFOBARですが、auショップで聞くと画面タッチできない上に、画面サイズが今持っている携帯の液晶画面より小ぶりになりそうなので、こうした製品を選ぶ際には機能よりもデザイン優先の私めもカッコいいと思えどもいまいち踏ん切れません。

愛着のある今の携帯が瀕死の状態であるとはいえまだ生きていますので、完全に昇天するまでは使い続けるのも所有者の義務かなーと悩み多き年頃<恐竜絶時と同時に過ぎてんだろー!と言うツッコミは聞こえませぬ>です。

2019/02/16 (Sat) 08:51
ゆでガエルの日本人

国会の審議をニュースで目にしますが、安倍政権から野党は完全になめられているという実感を受けますね。麻生の態度の悪さや野党の追求に対してもヘラヘラして舐めきっています。それと同様に、安倍も野党が何を追求しようが屁とも思わない傲岸不遜な態度を目にすると、実に不愉快な気持ちになってしまいます。

いやしくも国民の代表で野党議員を舐めるということは、取りも直さずその野党議員を選んだ選挙民、つまり国民を舐めているということになります。そういうおぞましさに安倍晋三を始めとする麻生や菅などが権力を握っている今の権力者共には思いがいたらない様子。

やはりどうしようもない頭の悪さを実感します。
思えば、このレベルの頭の悪い連中が政権を握って以来、日本人の品格が落ちるだけ落ちてきているように思います。

いくら野党連中が追求しようが国会審議を中断しようが、結局国民の支持率は変わらないし、ということは野党連中のやることはなんの痛みも感じないという高をくくっている態度がありありです。

菅が記者会見で、まっとうな質問をする東京新聞の望月記者に対して発言を抑えこもうとする姿勢がありました。

それには自民党広報誌の読売でもさすがに問題視した様子ではありますが、権力側に都合の悪い質問を押さえつけようとする姿勢は独裁への道に繋がります。

このへんは自民党安倍晋三の親分であるトランプとの相似形。

日本の記者クラブは権力者と仲良しこよしで、その仲間意識から外れた質問は控えましょうという、日本人の特質である仲間意識を乱すことは避ける意識が働いています。
権力批判することが報道機関の存在意義がある認識が強い諸外国からは痛烈に批判されていますが、未だに変える気配もありません。

TV朝日の社長も安倍晋三と一緒に食事をするような仲良しになったら権力を批判する報道が目に見えて薄らいできた事態に至っては、その新聞社やTV局のニュースには信頼性が持てるはずもなく。
やはりTV朝日の久米宏が司会をしていた旧ニュースステーションは、時の権力者を厳しく追求していた姿勢を評価していましたが、いつの間にか政権批判をすることを避け、提灯持ち番組に変貌したようです。政権に批判的な女子アナウンサーを番組から降板させ、毒にも薬にもならない連中を選んでいます。

これは今の社長になってから顕著になっている様子。

NHKのクローズアップ現代でも、権力者へ忖度無く厳しく追求していた国谷裕子さんを降板させ、毒にも薬にもならない番組に変えました。

安倍シンパのNHK、極右愛読紙の産経新聞系列のフジTV、自民党広報誌である読売新聞系の日本TV等は権力にお気に入りにですので、もとよりそうした放送局のバイアスがかかったニュースに信頼が持てるはずもなく。
いまやこの三社に朝日新聞系のTV朝日が加わりました。

この国ではウォーターゲート事件のような権力の腐敗を暴く気骨のある記者が生まれてくるのか、甚だ心もとなく思います。

情けないのは、このような国民をなめきった態度を見せている安倍一味を支持し続けている有権者。

安倍晋三に媚びる芸能人が大きな態度で番組に顔を出し、批判した芸能人は干されるこの国の番組構成がまともかどうか。物事を冷静に判断できる人ならわかるはず。

低能権力者から国家の主権者である有権者がバカにされていると意識しないことが、安倍一味による沖縄の民意も全く無視し、アメリカの手先になって沖縄人民を抑圧し続けているという事態を許しています。

そのことはとりもなおさず憲法改正反対の国民の民意を無視した挙げ句、憲法を強引に変え、日本を戦前の体制に戻す姿勢を変えない安倍晋三や支持団体である国粋主義思想の日本会議の思惑通りになる可能性を孕んでいる危機感を持ち合わせていない。

危機感を持たないまま、まあ安倍ちゃんでええんでないかえ、という気楽さが、安倍晋三と日本会議が小出しにし続けている独裁への道に気が付かないで、はっと気がついたとき<今の日本人にそんな時があるのか甚だ疑問ですが。>にはもう手遅れになっていた<ゆでガエルの日本人と言われるでしょう。>というナチスが独裁政権を握った経緯から学ばないのかが恐ろしい。

いやいや、ナチスの時は国民の大多数が支持していましたね。

なんだか今の安倍政権との相似形が不気味です。



2019/02/15 (Fri) 08:31
レオパレス問題

レオパレスの界壁無施工や外壁の防火認定を受けていない建築材料使用の問題で、会社側は記者会見で施工サイドの設計サイドの意志の齟齬があったと言い訳していました。

まずは外壁の建材の問題。

そもそもオーダーメードではない規格建物の場合、あらゆる建材に関しては企画段階で決まった材料を選定しています。理由はスケールメリットを図ることです。
特定の材料を指定し全国で大量に使うからこそメーカーからの仕入れ価格も抑えられ、工事費に計上している対工事費の12%程度の計上金額は素人さんからも目に見える利益ですが、そういう低く抑えた健材に載せた隠れた利益も組みこまれます。
つまり、工事費見積もりに計上されている目に見える諸経費率12%程度プラス建材に乗せた隠した利益率12%程度の合わせて24,5%の利益を得られる仕組みになっています。

この仕組は規格建物を販売しているハウスメーカーなどの建築会社なら通常のやり方。

その流れからすると、現場で勝手に判断して建材を変えるということは社内規定に反することになります。大量発注により仕入れ価格を抑えて利益を確保していたその利益を減らすことになりかねません。やむを得ない場合は会社に判断を仰ぐはずです。

そう考えると、施工サイドで勝手に判断して変えるということは常識的にはありえない話です。たしかに単発的に現場監督が勝手に判断して変えてしまったという事故は起きる可能性はあるでしょうが、それが全国的に起きるということは考えにくい。

会社側が言うことが正しいという前提でするなら、そういう突拍子もない現場監督が全国的に存在したということですね。

素人さんなら会社側の言い分を正と思い込む可能性もありますが、業界の人間はウソを塗り重ねているとしか見えません。


界壁の問題。

建築基準法では共同住宅の場合、各室の壁(界壁)は上階の床下や小屋裏の屋根下まで伸ばすことになっています。これは遮音性能と防火性能を確保するための規定です。
この場合の界壁は、報道では「耐火構造」とされていますが、正しくは「準耐火構造」です。

これは「耐火構造」ならば火災時に倒壊に耐えるまでの時間が1時間以上必要ですので、従来の木造の共同住宅であればそれに合う形式は認めれられていませんでした<現行の基準法では木軸でも指定された工法を採用すれば「耐火構造」は可能になりました。>ので、ワンランク下の「準耐火構造」で指定されました。

そして、この「準耐火構造」の屋根裏や小屋裏の作りも、かなり厳しいものがあります。石膏ボートの二重張りとその総厚が適正に隙間なく施工されることが条件です。

防火性能の免除は、その居室の天井が「強化天井<大臣が認定した構造方法または認定>」で完全に隣室と区画されている場合のみ界壁は免除されますが、遮音性能に関しては免除規定はありません。

この「強化天井」の仕様というものも使用できる建材の種類や厚みなどが厳密に決められていますので、レオパレスが言い逃れしている防火性能は確保しているという言い分も、信用できるかどうか、誰がそれを確認したのか疑問に思います。

上記した「隙間なく」ということですが、TVでレオパレスの小屋裏などを見ると、鉄骨のブレースやプレートなどが取り付いているため、隙間なく貼ることはかなり困難ではないかと懸念します。

仮に石膏ボードを適切に二重貼りにして、鉄骨のブレースやプレート周りも耐火シール<ここも肝心です。一般のシール(隙間充填剤)ではなく、耐火性能を持つシーリング材で隙間なく施工することが条件です。>で充填したとしても、本来鉄骨というものは熱による膨張伸縮を繰り返す代物だし、ブレースそのものも台風などの強風時や地震時の振動により動きますので、数年後にはそのシール材に隙間が生じることも可能性は大きいです。

準耐火構造の界壁の免除はあっても、遮音性能に関しての免除はありません。

いずれにしても、レオパレスの行ったことは確信犯的な悪質違法行為と判断できます。

社長も初めて知ったようなことを延べていましたが、そんなわけがあるはずがない。そういう悪質行為によって急成長した会社だということがバレてしまいました。

レオパレスはエアコンや家具付きを売りにしていたので人気があったようですが、昔から壁の薄さに関しては知られていたようです。

しかし長年東京でアパート暮らしをしていた我が身からすれば、レオパレスに住んだ経験はありませんが、やはり壁は薄かった。特に吉祥寺の東京女子大近くのアパートにいた時は上下3室づつの2階建て6室で2階の端部屋にいました。

1階はすべて新婚さん、2階は私以外は女子大生という、後から考えればちょっとまずいようなアパートにいました<当時は赤坂の設計事務所に勤めていましたので、日曜以外は寝に帰るだけでした。>が、案の定、隣や階下の話し声や深夜の***の声も下階や隣室からもろに聞こえて来て、独身男性には悶々として寝付けない体に毒のような部屋にいました。

アパートはこんなもんだろうと思っていましたので、壁が薄いということに関してはレオパレスのみが悪質とまでは言い難い気もしますが。

私がいた吉祥寺のアパートの界壁や小屋裏はどうなっていたのかなー。今もあるのかはわかりませんが。


2019/02/13 (Wed) 08:30
昨日のヒヤリハット

昨日のヒヤリハット。

建築模型の材料を買いにダイソーに向かいました。僅かな部品なので100円ショップにあればいいなーと願いながら。
しかし求めている製品がなかなか見当たらずアチラコチラのダイソーを3,4件はしごして、ここになきゃ今日は諦めっぺと思った店舗へ。

以前はレンタルビデオ屋さんだったその店舗はもう数十年ぶりという程にご無沙汰でした。
子どもたちが幼い頃は、その店の隣はダイエーでしたので、妻が買い物している間にディズニーや宮崎さんのアニメを借りるのに時々行きましたが、娘もアニメを見る年頃から卒業したり引っ越したりして自然に足が遠のいたものでした。

今現在はその店舗の周りは以前は2車線道路だったのが4車線道路に広がって交通量も格段に増えたと言っても、店舗の場所も外観も変わらず、無意識に以前のような気持ちで入りました。

目当ての部品がようやく見つかったのでいそいそと車に乗り込み、帰ろうと敷地から出るときに右折のウインカーを点滅。眼の前の車の隙間があったので、そこに入って右折しようとした所、柵が目に入りました。

れれれ、何事と頭に?マークを何本も立てた瞬間、ちょっと待てよと右方向を見るとこちらに向かう車ばかりで、対向車線はその作の向こう側だと気が付き、大慌ててハンドルを左に切り返しかろうじて事なきに終わりましたが、あの柵がなければそのまま右折して対向車線を逆走しかねませんでした。

後から考えると全くの冷や汗モノで、こちらに向かってきた車もさぞやびっくりしただろうと思うと、誠に申し訳ない。

以前のレンタルビデオ屋さんの時は道路は2車線しかなくそれでも車の交通量は多かったので、右折のウインカーを出しながら強引にでも車の隙間を狙って右折しないとなかなか出られない場所でしたので、ついつい無意識にそういう行動をとっていました。

いやはやびっくりしたなーもう。年寄りが逆走する事例が増えていますが、私も危うくそのケースになりそうでした。

それにしても運転中のヒヤリハットは時々起きますが、幸いにも事故に至ったことは無く、その意味ではツキがあると思っています。人身事故などを起こしていないことを考えると、大いにツキに恵まれているなーと、自分で自分を褒めてやりたい。(^_^;)

2019/02/05 (Tue) 07:18
アナログ路線継続中

設計打ち合わせ段階で、プレゼンテーションとして最近では3Dで提示することが多くなっていることと思います。

私も事務所に来訪していただいた方への初期段階でのプレゼで3Dを提示して説明することが増えてきましたが、どうもやはりパソコンの画面上でいくら視点を変えた提示の仕方をしても、相手は建築の素人であれば、いまいちボリューム感を把握していただいていないなと実感しますので、ボリュームスタディ的な模型を作って提示します。

模型屋さんに依頼したような立派な模型(私が作れるわけがない。)じゃない上に窓の位置やサイズを省いてボリュームだけをを把握してもらうための模型ですが、なにせ妻公認の不器用な私が作りますので、手をカッターで傷だらけにするは接着剤でベタベタにするは、そりゃもう明らかに「不器用」を絵に描いたような模型です。

そ、ご推察の通り、はっきり言ってヘ・タ・ク・ソ(お・も・て・な・し 風に(^_^;))です。
今まで何十個も模型を作ってきましたが、やっぱり不器用なゆえのヘタクソ加減は進歩しません。

そんな粗々のスタディ模型ですが、それを提示しながら説明すると、コレならわかりやすいと心底喜んでもらます。
つまりデジタルソフトの3Dは設計者サイドでの便利なアイテムであっても、依頼者が実感として把握してもらうためにはアナログ的な模型のほうがはるかに遡及効果が高いことです。

当たり前でしょうが、改めて実感させられました。

いままで打ち合わせ時には同じようなレベルの模型を作って提示してきました。そのレベルの模型でも喜んでもらえるので、それが嬉しくて模型を完成まで御覧くださいとお渡しすることが多かったのですが、完成時にはもちろん返ってくるはずもなく。

そういう経緯もあるので設計事務所であるにもかかわらず、模型があまり置いていないということになっています。

それはともかく、今現在では、設計図も完成した建物の模型を作成しています。
3Dで説明し、内部も3Dで説明してきたものですが、模型を作る時間的余裕がなかったせいもあってそのままになっていましたので、ここでもって改めて模型を作ろうと取り掛かっています。設計図も完成していますので、窓の形状、位置などはもちろん反映します。またデザインの核となるところは取り外して見られるような工夫をする つ・も・り(今回はこのフレーズを多用してるなー)。

出来栄えですか?
ご推察の通り、もちろん得意の粗々ですがなにか?

模型作りでは下準備に時間がかかります。
どういうふうに見せようか、内部を見せるためにはどこを外せるようにしようか、そのための組み立て手順をどこからするかなどなどを考えながらスチレンボードにカッターを入れます。

今でもスチレンボードに最初にカッターを入れる時は意外に緊張します。
失敗したらまたやり直せばいいんですが、やっぱり最初に考えたとおりのイメージが作れるかと思いながら取り掛かりますので。

つまり
施主へのプレゼンに、模型最強。

アナログ路線バンザイ\(^o^)/


2019/02/02 (Sat) 08:40
子供のSOSに責任逃れした役人

呆れて物が言えないとはこのことで、「秘密を守ります」と書いたいじめの被害調査アンケートで、それを信用して父親からの暴力を書いて相談した子供のアンケート用紙を、市の職員が父親から見せるように恫喝され、本人の承諾書を持ってくればアンケート用紙を見せると回答した野田教育委員会の無能ぶりに呆れます。

承諾書って、父親から暴力を振るわれている子供が父親から書けと言われりゃ書くに決まっているでしょう。そういうことさえも思いが至らなかったのか。
要はこの役人どもは、承諾書を免罪符にして、何かあったら「承諾書があったから」と責任を逃れようとしたとしか思えません。

この子は大人を信用しなくなって転校した小学校ではいじめがないと嘘を書かざるを得なくなり、学校からも児童相談所からも見放され、殺されました。

相も変わらず役に立たない児童相談所も、何度も何度も同じようなお粗末な対応しかできない。
今回も親からの虐待に対して救うこともできず、保護した子供をむざむざと生贄のごとく悪魔の化身と化した父親に差し出しました。
そもそも、そんな相談所はなんの役に立っているのか。
窓際にも置けない無能役人どもの救済所にでもなっているのじゃないか。

この国の役人どもは、官僚どもから地方役人を含めて、どうしてこうも責任感がないのか唖然とさせられます。
国家権力に守られている身にはなんの痛みも生じない仕組みに慣らされているからでしょうか。

民間から役人になった人物も、当初は大学を卒業してそのまま役人になって高圧的態度が身についた人物と違い、物腰が柔らかくて好印象を持つことができますが、そういう人も1年が経ち2年が経つうちに役人独特の体臭が醸し出されてくるようになります。

つまり、責任と取らない方法が身についてくるということ。
そして、お役人様として民間を見下すという勘違いした態度が醸し出されてきます。

朱に染まれば赤くなる。周りがそうなら、やはり環境に染まってしまう好例です。

子供をむざむざと犯罪者に渡したお粗末な教育委員会の謝罪会見を見る限りでは、関係役人どもの謝罪が心に全く届かない。

関係した児童相談所の職員も含めて、自分の保身が結果的に殺人に加担したという重みを感じてほしいと思うのは、この厚顔な連中には無理な相談でしょうか。




2019/02/01 (Fri) 08:20
防火設備サッシの認定の変更

サッシメーカー営業から、既存の防火設備認定サッシのサイズが大幅に変わるとの情報が入りました。昨年から同様の情報はもらっていましたが、そのときはまだ先の話だし、設計に没頭している時期でしたのでそれほど認識していませんでした。

3月中の発注分は以前のサイズで可能だが、4月からになるとボツ窓に関しては大幅な変更は無いものの、無目や方立てで構成されるサッシは今現在では防火設備認定が取れないため、大幅な設計変更になりかねないそうな。情報を連絡してもらったメーカーでは、ボツ窓にしても最大寸法は幅や高さが2mまでとなっているらしく、今現在のサッシのサイズでは4月以降では変更処理が大変。

国交省が防火設備認定の厳格化に伴う変更が原因とのことです。

その起因は、国産の某サッシメーカーが防火設備認定を受けた仕様を誤魔化して、防火能力が劣る製品を繰り返し販売していたことによるのでしょう。
事態を重く見た国交省から防火設備認定の厳格化に伴うサッシ寸法の見直しにつながったとのこと。

要はこのように特定のメーカーによる違法行為が発覚すると、国家権力は喜んで押さえ込みにかかるため、同業他社も巻き込んで製品の見直しをせざるを得なくなります。そのことはことサッシメーカー単独で済む話ではなく、建築の設計にも大いに影響が出ます。

当面、防火認定サッシのサイズが限定されるのであれば、デザイン的に大きな制約を受けます。予算が潤沢にあればスチールサッシにすることも可能でしょうが、厳しい予算を強いられている場合では、限られたサッシのサイズで工夫するしかなさそうです。

メーカーもオーダーメードサッシが可能な防火設備サッシを販売していかないと、どんどんスチールサッシに食われていくことになります。

私の方も現在着工予定の建物がありますが、3月までにサッシの発注をかけないと建具の変更が大幅なものになり、こと様々な建築基準法の上の条文に影響がある開口部の形状や寸法が変更が生じることは、確認の取り直しにまで至る可能性があるため、対応が急がれます。


| ホーム |

 BLOG TOP