プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/07/29 (Sat) 13:48
歴史上の架空の話の紹介

とある時代のこと、出場者は城主のA、その腹蔵の友K、Aの家来のH

AとKとHが、城下で毬打を興じているとき

K:俺さ、今度犬猫の医者を育てる学校を作ろうと思うんだよね

A:どこでじゃ

K:四国の今治藩のところ

H:それは結構な話でござるが、なにせ同様の意向を京都の京都の某藩主も持っているそうでござる

K:そこでさ、ワシだけに可能になる方法、ないもんかね。

H:さすれば、特別な省文を発行して、H殿だけが有利なように取り計らえますぞ。殿、いかがでございましょうか。

A:ん、よきにはからえ

H:ははっ


ということで、HはAの意向を忖度して、Kに有利になるような省文を出させた様子でございます。その省文で京都の某藩はすっぱり諦めたということ。

この殿は後になってそういう小細工がバレても、Aはあずかり知らぬこと、家来が勝手にやったことと言い募るようです。

嘘を塗り固めたほころびを追求されると、印象操作という新たな言い訳をひねり出し、疑問に対してその言葉を連発して真摯に対応しない姿勢を見せると、Aの愚かな信者たちもさすがは殿じゃと拍手喝采だったそうな。

しかし、嘘つきAは、かばいまくったメガネの愛人Iの稚拙な行動が原因で徐々に民衆から見放されてきた、ということのようです。
Aと性格が似ているというIも嘘をつきまくったあげく矛盾が露呈し、行き詰まってAに愛人を辞退する旨を申入れ、Aにもやむを得ず受け入れたそうな。

民衆は、なぜAは責任を取って切腹しないのかと詰め寄るのも時間の問題でしょう。

は?何かの問題とそっくりですって?

いえいえ、これ、あくまでも私が創作した某国の歴史上の架空の話ですが。


スポンサーサイト

2017/07/26 (Wed) 07:16
丁寧の答えてんの?安倍晋三

ここのところ仕事に忙殺されてブログの更新を怠っていました。

しかしこの「忙」という漢字は心を亡くすという意味になるそうな。武田鉄矢のうっとうしい訳知り顔での解説ではないですが、たしかに忙しいと心に余裕がないということも有りで、言い得て妙だと今更ながらに感心します。

さてさてその心をなくしている間にも、嘘つき安倍の化けの皮がどんどん剥がれてきまし

昨日の国会中継を見ても、記憶に無いから言っていないと断言できると子供の教育上、教師がどう説明していいかわからない様な訳の分からないことを厚顔無恥に述べまくった官僚には驚きましたが、とにかく何を聞いても記憶に無いと言う言葉だけしか発言しない官僚もいたりで、いやはやこの国の官僚は国民に奉仕するということではなく、己の出世のために時の権力者に擦り寄ることを本分としているような連中だということがハッキリしました。

それというのも先の国会で知らぬ存ぜぬ、関連資料は破棄した、調査は必要ない、と言い張って国民に背を向けた佐川という官僚が、その権力者への忠誠の姿勢を評価されて税務署の最高のポジションに任命されたのも記憶に新しいのですが、他の連中もそれを見習ったのでしょう。

こんな腐った官僚を罷免することってできないものなんでしょうかね。

国民を欺けた官僚は罷免にできるという法律を作れば、少なくともこういう腐った連中を国税で養う必要もなくなるし放り出せるんですが、結局そういう法律をひねり出すのは官僚なので自分らを失業者にする法律を作るはずもない。

議員立法という手もあるでしょうが、所詮議員も官僚がいないと法律に無知な連中には仕事ができなくなることもあの民主党政権時代で思い知らされたので、所詮は議員と官僚は持ちつ持たれつの関係であれば、腐った官僚を駆逐する法律なんて夢のまた夢なんでしょう。

佐川というやつが税務署のトップになったのであれば、我々の税金で奴らのような腐った連中を養う気も失せます。

これから先、困ったことになったら、国のトップの官僚が見本を示してくれました。記憶にない、資料は破棄した、記憶に無いから言っていないと断言できる。と。

しかし、まともな社会人ならおかしいと感じることのほうが普通でしょうが、東京大学という官僚養成専門学校を卒業した連中は、勉強しかしてこなかったからやっぱり一般常識がないんだろうと思いますね。

それにしてもほとほと卑怯者で嘘つき安倍。

丁寧に答えるどころか、総理に質問していたにも関わらずやたらと山本とかいう大臣(福岡選挙区)がしゃしゃり出てきて答えるは、細かいことは総理は答えられないという質問した内容を小馬鹿にする用な発言をするはで、見ていてもイライラが募るばかり。出て行けと罵倒されても、そこは安倍晋三への忠誠心を見せるときとばかりの態度。

どうして安倍が責任をもって答えないのか。これで真摯に丁寧に答えると言うことになっていると勘違いしているのなら、どこまでもこの男は誠実さがかけているのかと思わざるを得ませんね。

相変わらず稲田をかばい続ける。やれやれ。稲田のこと、よっぽど愛してんだなー

次の選挙では稲田と仲良く討ち死にしてください。

2017/07/10 (Mon) 18:37
安倍の正体がようやくわかり始めたようです

私が前に安倍晋三は戦後最悪の首相だと書きましたが、あの男の無能さとカミさんの無謀さに国税が無駄遣いされた結果、ようやく支持率も下がりました。

安倍の人民日報の産経や読売は事実を認めたがらないようで、未だに40%あるかのような支持率を書いていますが、反省したと口先だけで取り繕ってきた嘘が国民にバレてきました。

反省するとかっこいいことを言えば、また支持してもらえると甘く考えているところがとにかく頭が悪すぎる。反省だけなら猿にもできますが、猿にも負けているやつを支持し続けること自体、国民の知的レベルは猿以下かもしれない。

安倍が何をしようが安倍のエバブラウンである稲田がどれだけ無能さをさらけ出そうが、安倍信者は安倍や稲田を擁護し続けるでしょうが、安倍信者よ、もう安倍の自分のことしか考えていな頭だということがバレてきたことにいい加減に気がつけよ。

ようやく、まともな動きが出てきましたが、まだまだ油断できません。安倍一族と安倍のイエスマンを次回の選挙で根こそぎに排除するまでは。



2017/07/03 (Mon) 08:53
東京都民の矜持の現れ

東京都民は矜持を示しました。

都議会議員選挙の結果を見て、自民党大敗は期待通りでしたが少々予想より負けがおおきかったことと、民進党は予想取り。

政権担当したときにどれほど失望されたのかを当時の首相だった野田豚は反省していないし、旧民主党は右翼的保守政党の自民党と違うリベラルな政治をしてくれるものと期待した人に失望を与えたことに対しての総括がなされていないからこそ、もはや支持されないということが分かっていない。

さて都民ファースト大躍進。ひとまずはおめでとうございます。しかし、日本人ってのは東京都民に限らず、何かに一度に一気に偏る傾向があるので、小池さんもどういう対応をするのかは都民じゃなくても興味津々。

オリンピックも都民の税金を湯水のように使う森馬鹿をクビにして、返上したらいかが?

さてさて選挙前に街頭演説に立って安倍を避難するやじに、「ヤジから何も生まれない。あんな人に負ける訳にはいかない。」と、これまた稲田レベルの頭の悪さをさらけ出しました。

「ヤジから何も生まれない」って、ハァ~ お前が言うか?国会の予算委員会で自分のしでかしたことに対する野党の追求に対し、青筋立ててヤジったのはどこの誰だか忘れたような発言。流石に知能レベルの低さを嫌というほど示してくれます。

「あんな人」って、野次られるようなことをしたことに反省もせず、都民や国民に対して、あんな人、という言い方はなかろう。

一体何様のつもりなのかね。あくまでも国民の代理者であることをお忘れか。

イエスマンや安倍信者に囲まれて、自らを肥大化しすぎたか。この際、豊田のように病院に雲隠れしたらいかが?

小池さん、これからの手腕を都民だけではなく国民も注目していますよ。けっして橋元のような体たらくにならないように。







2017/07/02 (Sun) 08:33
どうでもいい話ですが

今日は都議会議員選挙の投票日とのことですが、都民ではないのでどうなることやらと気にすることしかできません。過去に石原慎太郎を含めてどうしようもない連中を選び続けた都民が、その汚名挽回にまともな判断をすることになればいいな思うばかり。

さて、今日の話題はそういうことから全く無関係に、いったい子猫と子犬とどっちが可愛いのかということ。

もともとバリバリの犬派だっただけに可愛いのは子犬に決まってんじゃねーかと言うことに関してはブレなかったハズですが、それがブレブレになってきました。

というのも、我が家にはすっかりおばば猫になってしまった元ギャル猫がもともといますが、そこへもって今帰省中の娘が連れて帰ってきた犬と猫の二匹。

動物の命を商品化するペットショップで飼うような動物に対する無慈悲な行為をするような子ではなかったので、そのどちらも飼い主が見つからなければ殺処分される寸前を引き取ったということを聞いたときには、流石に我が子じゃ、でかしたでかしたと日の丸の書いている扇をひらひらさせて(嘘ですが)褒め称えました。

さてそのどちらも子犬子猫じゃないのは予想通りですが、これがなんとも可愛い。

今までいたオババ猫化した我が家の猫が、最初は怖がっていたものの、いまやすっかりここは私の縄張りやけんねとばかりに新参者の犬猫を威嚇しています。

犬猫もサイズはおばば猫より大きいものの、そこはやはり先輩の立場を忖度して逆らいません。これを見ると、動物の世界も体育会的な縦割りの世界なんかいなと思わざるを得ませんが、考え過ぎ?

今や我が家は、犬一匹、猫二匹、古狸一匹、うら若いメギツネ一匹のミニ動物園状態。

とここまでの現在の状況の背景を短く紹介した上で本題に入ります。

今、寝るときと食事やトイレタイム以外はプランニングや基本設計に忙殺されるという、非常に充実した毎日を送っていますが、トイレには行きつけの動物病院から貰った犬猫猿馬などの子供の動物カレンダーを貼っています。

トイレタイムは他にやることがないので必然的にそのカレンダーを眺めます。
月めくりのカレンダーなので、月初めには今月はどんな動物だろうと期待しながらめくります。そりゃあ一度に12月分までざっと見れば毎月の動物はわかりますが、それじゃ月初めにめくるときの期待値が下がるので、ひたすら我慢します。

たまにはこりゃナンジャというのもありますが、今月は3匹の子猫が寄り添って居眠りしている写真。
これがまたすこぶる可愛い。

可愛いなーと思いながら眺めていると、ふと、あれ?俺犬派だったはずなんだけどいつの間に猫好きになったんかな、と疑問を持ちました。

まあ、どうでもいい話なんですけど。(^_^;)

子犬はもちろんかわいい。特にスピッツの子犬の頃の可愛さといったらまるでぬいぐるみそのもの。柴犬の子犬も可愛い。これは間違いのないことですと断言します。

でも、子猫もやっぱり可愛いなー

・・・・・・・・

もうブレブレです。(^_^;)




| ホーム |

 BLOG TOP