プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/05/20 (Sat) 11:05
この国の将来は民主主義国家であり主権在民であり続けることができるのか

衆議院で共謀罪が強行採決で可決されました。安倍将軍の思い通りに事が進んでいます。

衆議院のコピーでしかない参議院は期待できなきゃ、もはやこの国で自由に政権批判が出来なくなります。

 街頭インタビューで共謀罪のことを訪ねても、自分には関係ないからという若者が多いことに驚きます。というより自民党とその金魚の糞である公明党の狙い通りに、一般人は対象じゃないという見解を頭から信じるおめでたさ。

 昨日書いたように幼稚な国民性が現れています。

 戦前の治安維持法も当初は一般人が対象ではないと政権側のコメントが有ったそうですが、その結果、この国がどういう国になったかは戦前を経験した人にしかわからない。今の北朝鮮と同様な国であったからこそ高齢者には今回の共謀罪に危機感を持っていましたが、未来を担う若者は自分には関係ないという意識。

 未来の日本は今の若者が担うのであれば、これから先安倍や日本会議の悪巧みで北朝鮮並みの言論の自由が失われて気がついても、それは自ら選んだ未来。

 民主党のあまりにもお粗末な政権運営で懲りたため、安倍のような頭のレベルの低いすぐにムキになる幼児性の抜けない男を首相として支持せざるを得ない現状を鑑みると、旧民主党時代に権力を握った今の民進党の野田、枝野のような幹部連中の責任は大きい。然し、その連中が未だに民進党の幹部として存在しているという事をみても、民進党には人材がいないということも我々国民は見切っています。

 だから民進党は何時までたっても支持率は向上しない。それはすべて自らまいた種。

 こうやって安倍の思い通りに物事が進み、カミさんと謀った国税を自分の知人や友人など特定の人物にばらまいた悪巧みも、優秀な官僚どもによってウヤムヤにしています。

 新聞にはブヨブヨの悪人顔になった安倍将軍と、悪賢さが全面に出てきたそのお局様、そしてひたすら国民に顔を向けるより政権にしがみつく公明党、何のために存在するのかわからない似非野党の維新の党の傲慢さが鼻につく党首など、揃いも揃って悪人顔の連中が得意げに出ています。

 我々日本人は、コイツラに未来を委ねていいのか真摯に考えるべき。

 確かにコイツラ政治屋を総とっかえして委ねることができる政治家は存在しないことは事実でしょうが、それは然し我々国民の責任でもあることを自覚しましょう。

 将来、この国が民主主義国家であり主権在民であリ続けることを望むのであれば。

 然し、この状態であれば、憲法も安倍ルフの思い通りに戦前回帰になることでしょう。われわれ有権者が、奴らに思い通りにできるだけの議員数を与えた結果だから。

 
スポンサーサイト

2017/05/19 (Fri) 08:21
国民が幼稚な国

トランプのロシア疑惑に対し、アメリカは政権の「忖度」の影響を受けない調査をはじめました。

流石にアメリカ。責任の所在をウヤムヤにしません。

翻って何処かの国は、最高権力者の疑惑に対し、責任の所在を曖昧にすることに長けている官僚どもの協力を得て、最高権力者を祀り上げています。

この疑惑だらけの最高権力者をアメリカのような制度があれば国会から追放できるかもしれないのに、やはり過去の戦争責任さえも曖昧にすることに能力を発揮した日本人には無理な相談か。

こうしたアメリカと日本の政治風土に関し、愛国を気取っている右翼連中は満足しているのでしょうか。

櫻井よしことかいう極右の著名女性も、安倍晋三の一強の何処が悪いのかとコメントをしていましたが、そうした考えが国民間の活発な議論を封じ、ひいては国力を損なっているということに思いが至らない浅はかな考えしか持っていないということを自ら露呈しています。

会社内の議論でも、大勢に反対して意見を述べようとした時に、お前は黙っていろという風潮、つまり日本人好みの「空気」が日本の会社の力を現在のように衰えさせていった原因だということを、この右翼の櫻井よしこを始めとした右翼連中の唱える大勢に逆らうなという愛国心というものが生み出した結果。

つまり私に言わせれば、彼女や彼ら右翼の連中の唱える愛国心は似非としか言えない。

外形的な国旗掲揚や君が代を歌わせることと愛国心を育てるという行為との相関性は低い。

この国をどうすれば再び活力ある社会にすることができるか。そのためには国民がこぞって幸せを感じ社会制度に対して信頼を置くことで、地域に愛着を持ち、ひいては国を愛することができるようすることこそ本来あるべき国のあり方であり、そこで初めて本来の愛国心というものが育っていくのではないのでしょうか。

共謀罪でお互い監視させるような仕組みを成立させようという安倍の悪辣な企みにたいし、本音では反対しつつも空気を読んで反対できない議員。そうした議員の一人ひとりが自民党という政党から雇われているのではなく国民の代表だという意識を持つべきなはずが、希薄な低質な議員ばかりにしてしまった国民の責任は大きい。

国家の最高権力者であれ違法な行為は許さないというアメリカの司法制度に、コレほど羨ましいと思ったことはありません。

そして民衆の力によって国民のための政治ではなく己とその知人だけのための政治しかできなかった大統領を引きずり下ろした韓国の人々の正義感も素晴らしい、

我が国がすさまじく政治的に幼稚な国、つまりそれは国民が幼稚だということを両方の国の出来事で改めて教えられました。





2017/05/13 (Sat) 11:18
安倍晋三を批判すると拷問される日が来る

いよいよ安倍晋三が隠していた鎧が見えてきました。まさに自分の栄誉のための憲法改正を自民党に改憲案を作成するように指示したとの記事です。

詳しくは読売新聞を読めとのこと。いつの間にこの男、読売の販売員になったんでしょうかね。
然し、さすがに自分を支持している産経や読売を読んでいるのはよくわかりますが、ヨイショするばかりの連中やマスコミに囲まれていい気になって、批判勢力を押しつぶす目的の共謀罪が成立するのも間近です。

それにしても国会での論戦にまともに応じる姿勢を今までも、そしてこれからも見せない傲慢な安倍をいつまで我が国民は許しているんでしょうか。我々国民の代理として国会議員を選んでいるその国会議員の質問にまともに応じようとしない安倍晋三の姿勢は、もはや国会議員としての意識ではなく、独裁者のような姿勢が見えてきています。

自民党内部からも何も異論が出てこない低質な議員ばかりになってしまったために、独裁者としてなんでも思い通りに強引に突き進んでいます。

はてさてブレーキ役になると選挙で公約したはずの何処かの政党はどこに消えちまったんでしょうか。 

維新の党なんてのは所詮自民党の補完勢力にしか過ぎないため、早々に自民党に加わったほうがいいんじゃないかと思いますが、野党面したほうが何かと都合がいいんでしょうか。

共謀罪も読めば読むほど、戦前の治安維持法とダブってくるようです。

カミさんが官僚のヤることに口出ししようが、安倍ルフ総統のカミさんの危機を救えとばかりに国家権力総掛かりで何事もなかったようにウヤムヤにしようとしています。

その代表的な官僚である佐川財務省理財局長の権力者に対する媚び諂いぶりは、自己保身に長けている官僚そのものを体現しているよう。

国家公務員は人民に奉仕することと憲法に書いてあるはずですが、国民の疑問に真摯に答えることよりも己の出世のために権力者に媚びる方を選んだと見えます。

議員は選挙で落とせますが、こいつのような腐った官僚はどうしようもないですね。諫早干拓のような税金を無駄使いした政策にも責任を取らなくていい体制にしていますので、何をしようが国民は歯噛みするばかり。

安倍晋三のような男に憲法改正が可能だと思わせるような自民党およびその取り巻き政党を多数選んだ我々有権者に責任が大きいのは、民主主義である以上はそこのところを認識しないといけませんが、安倍晋三や大臣がヘボでも、そしてそんなヘボ大臣を選んだ私に責任があると言いつつも何一つ責任も取らないでいる男にも何一つ怒りの声を挙げない国民ってなんだろう。

朴槿恵がお粗末な政権運営をしたことで民衆の怒りを買ってクビになるまで活動し続ける民衆のエネルギーを見るにつれ、韓国と我が国のどちらが本来の民主主義国家として機能しているのだろうと疑わざるを得ません。

思慮の足りない安倍にコレだけ思い通りになる議席を与えてしまった以上、共謀罪もいつかは強行採決することでしょう。その際は自民党補完勢力にすぎない維新も賛成することでしょう。そのことで強行採決ではないとのレトリックを使うことは今までのやり方を見ても十分予想できます。

やれやれ、とんでもない国になっていっていますね。戦前回帰、言論も弾圧が見えてきました。
こういう安倍晋三の傍若無人ぶりを批判して書く私のような人物も、共謀罪の拡大解釈で捕まって拷問を受けるんでしょうか。


| ホーム |

 BLOG TOP