プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/12/29 (Thu) 11:28
難解な横文字が目についた 1年

 今年もあと2日でおしまいです。年頭の予定が無事に履行できた人もそうじゃなかった人も、後は静かに2016年のおしまいを待ちましょう。

 しかし今年もそうですが、新しい横文字が新聞や雑誌で目にすることが増えてきて、しかもその言葉の解説が載らないのでイライラする事が多くなって来たような気がします。日本語にあるのに何故わざわざ横文字を使うのかってのは長年言われ続けていますが、この辺が日本人のアメリカおべっか的従順意識が無意識であるのではないかと勝手に思っています。

 インターネット環境やパソコン環境は、これはマア仕方のない。該当する日本語があるような無いような言葉が多いようですが、よく見るコンテンツなんてのは日本語に直しても大丈夫なはず。なのにカッコつてけてコンテンツなんて、なんだか物がコンコン当たるような言葉に違和感を覚えますね。

 今年よく目にした言葉でぱっと思いつくのは

 インバウンド
 レガシー
 リテラシー
 エビデンス
 オルタナティブ
 ダイバーシティ

 レガシーという言葉を聞くたびに、あの上から目線の某元首相の傲慢不遜な顔が浮かびます。そのせいか、この言葉を耳にすると何故かムカッとします。この言葉自体に罪はないんですが、なにせあのカバ顔がちらついてしまう。

 そうそう、最初に国立競技場のコンペ責任者としての国際的建築家の顔もちらつきます。

 インバウンドって中国の爆買い客を受け入れる策としてのもっぱら経済政策的なものでしょうが、なんでこれも日本語に変換せんのかしらね。

 明治時代にアメリカからBaseball が入ってきた時、このゲームを「野球」と名訳した日本人が、今やこうした名訳が出来ないんでしょうか。

 そういや、昔の映画のタイトルはたいてい日本語に変えられていましたが、いまは英語のままのタイトルがほとんどでしょう。

 「ローマの休日」なんて名作でしたが、頭の中は妄想が一杯の多感な時期にこのタイトルを見た時、何故か卑猥なことを想像しました。友達から見に行こうと誘われた時、ヤッター、と思いましたものね。え、いいのかよと。

 まあその意味では期待はずれでしたが、別の意味でいい映画でした。

 これがもとの英語のタイトルのままなら、我が青春時代の妄想的イマジネーションは刺激されなかったでしょう。

 私の好きなビートルズの初期の頃の曲も殆どが日本語に変えられていましたが、だんだんと英語のタイトルのままになっていきました。

 マア、英語の曲は英語のタイトルのままでいいとしても、新聞や雑誌に頻繁に出てくる上記したカタカナ文字は、日本語に変換が困難であれば少なくとも日本語の註訳を添えるべきだと思いますが。

 新聞記者や雑誌記者が自分たちの博識さやエリート意識を押し付けているような気がするのは気のせい?

 
 
スポンサーサイト

2016/12/14 (Wed) 11:05
包丁研ぎに大苦戦

 先日は妻が娘の出産の手伝いのため京都に行ったため単身赴任状態になっていることを書きましたが、鬼のいぬ間にできなかったことをしようと思いつつも、悲しいかな何も思いつきません。まあ、一人ですので洗濯はしていますが(^_^;)

 買い溜めた本も息抜きにちょっとづつ読むのも今までと違いがなく、さあてと何しようかと思案したところ、そう言えば我が家の包丁の切れ味が悪いとボヤいてたなーと思い出しました。
 
 愛妻家のワタクシめ(誰も言ってくれませんので自分で言ってます。)としては、よっしゃ、それならば包丁がキレるようにしちゃろうやないかと思いついたのはいいとしても、なんつったって包丁を研いだという記憶がありません。

 何を揃えればいいのやらさっぱり分かりませんでしたので、とりあえずネットで何を買うのかを検索しました。

 我が家の包丁は一般的なステンレスなので、調べたところどうもステンレスの包丁は高級品になればなるほど硬いので研ぎにくいとのこと。料理人の包丁はステンレスではなく鋼でできた包丁だし、毎日のように研いでいるとげな。

 そんならばどんな砥石がいいのやらと調べたところ、砥石には荒研ぎ、中研ぎ、仕上研と大雑把に言うと3種類があるとげな。ウッヒャーメンドクサ!と思いつつ、とりあえずこれ一枚あればヨカやろというシャプトンの中研ぎの砥石を購入。

 ステンレスでもこうやって研げば新聞紙もスパッと切れます、とネットの画像を見て俄然やる気に。研ぐ前に試しに新聞紙を切ったところ、切るという行為にではなく包丁が当たって破れる状態。

 そっかそっか、よしよし。今に見てろ、わしゃーおぬしをスパッと切っちゃるケンノウ。と気分は菅原文太。
 
 それからと言うもの、ヒヒヒ今夜はごちそうが手に入ったわい、と昔ばなしに出てくる妖怪になったような気持ちでワッセワッセと腰が痛くなるくらい研ぎ続け、おおよそ30分位してもうよかろうと思い、新聞紙に向かって、切れ味を思いしれとばかりに切込みましたが、あれま最初と全く変わりません。

 なんでやねん、と突っ込みつつ、再度ワッセワッセと。

 今日はもう勘弁というくらいまで続けて、さてさてこんどはどうかいなと新聞紙に切りつけたところ、まあまあなんだか前より少しはマシ程度。

 おのれぇ、小癪なー小僧め。名を名乗れぇ! 

 いや、新聞ですから・・・

 しかし、今日はこれくらいで勘弁してやると、しびれた腰をさすりながらジエンド。

 翌日も、何が悪いのか今もわからないと、昔流行った歌を歌いなながら再挑戦。ふむふむ、少しはキレるようになったものの、イメージしていたスパッとはまだ距離があります。

 結局仕上げ研ぎが要るのかもと思い、同じシャプトンの仕上研も購入。仕上げ研ぎが来てから、よっしゃ、今度こそスパッと切っちゃるけんね。と、こうなったらもう意地です。

 まさかこんなに手こずるとは予想もせず、割りと簡単に研げるものとイメージしていたのがもろくも崩れました。

 そして数回目、ネットで見たようなスパッスパッという状態にはなりませんが、マアこんなならヨカでしょう。という状態にまでは持っていけました。ゼーゼー(;´Д`)

 研ぎ汁が爪の間に入って汚いわ研いだ跡の洗い流し掃除が大変だわで結構大変な思いをしましたが、これで包丁を研ぐ方法ということがわかりました。

 カミさんが帰ってきてキレる包丁になってどういう反応をするのかが楽しみですが、無反応ってことも可能性アリで。(^_^;)

 いやはや包丁を研ぐということがこんなにも大変だとは知りませんでした。一般家庭でも月に1回は研いだほうがいいそうですよ。



 

2016/12/12 (Mon) 17:03
三度目の単身赴任生活で

 次女の3番目の出産を控え、妻が次女が住む京都へイソイソと向かってからはや3週間近くなります。その間、(娘-今のところ次女だけですが・・・-の出産のたびに妻はイソイソと娘のところに行きますので)私の三度目の単身赴任状態が続いています。

 そしてなんつったって台所は相変わらずのミステリーゾーン。

 何がどこにあるんだか、さんざん引き出しを出したり扉を開いたりしても、そこには予想していないものがありで、僅かな歩数のエリアなのに、そこはすでに未知の空間。

 刺激的ッチャ刺激的ですが、一体**はどこにあるんだよと言うときにしか開けない流しの下だとか吊り戸棚の扉だとかをさんざん開けては見つけられずに締めることの繰り返し。

 次女は土曜日に無事に出産が終わりましたが、出産したからと言って直ぐに家事を出くるわけでもなく、やはりまだまだ私の単身赴任生活は続きます。

 しかし面白いものです。
 
 妻は家の中の大抵のものは把握していますが、私と言えば仕事に関わる範囲以外はまるで無知です。

 いやはや、やっぱり家庭のイニシアティブはどっちにあるかということは自明の理ですね。

 足元でギャル猫がおばば猫になったニャンコが飯よこせと鳴いています。

 はてさて、カリカリはどこだったっけ・・・・ そして、私の今夜の晩御飯は・・・・・

 一緒にカリカリ、するか?


 

2016/12/09 (Fri) 09:15
危うくババ様運転の車にぶつけられそうになりました。

 最近の高齢者の運転事故が多発している状況で、以前私が経験したことを思い出しました。  
 
 とある施設の改修打合せで現地打合せの後、駐車場に置いた車の中で施工会社と電話連絡していたとき、5mほど離れた植込の中にババ様の運転する車が小さな柵を突き破ってワシャワシャと入り込んでいました。

 電話をしながら見ていましたが、そのババ様が大慌てでハンドルを右や左に闇雲に切っている姿を見て、ありゃりゃあぶねーと思っていたところ、その車が私の方に方向転換して向かって来ました。

 慌てて車から逃げたところ、その車は植込から半分ほど出たところで何か木の根っこにタイヤが引っかかったと見えて、ようやく止まりました。

 そのまま向かってきていたら私の車に正面衝突することろでしたのでほっとするやらなにやらでしたが、高齢者の運転で事故るケースが多いのをニュースでよく目にしますが、まさか我が身に危うく降り掛かってくるハメになるとは思いもよらず、いやはや怖いもんだと思い知らされました。

 ちなみにその時のババ様、駆け寄ってきた守衛さんから誘導されてなんとか植込から出られましたが、その後は驚かせた私を見向きもせず、散々めちゃくちゃにした植込も顧みずに施設の中に入っていきました。

 誘導した守衛も植込の被害状況を懸命に調査していました。
 
 いったい植込の弁償はどうすんだろうと気になりましたが、それにしても驚かせた私に対するあの態度は何だよと、後からになって怒りが出てきました。

 若者が色々問題を起こしていますが、それは今に限ったことでもないわけですが、ジジババにも当たり前の社会常識が欠けた連中がいることにも唖然としますね。

 いやはや、それにしても驚きました。高齢者マークをつけた車の側には近づかないようにします。しかし、それでも防げないことってありますからねー。

| ホーム |

 BLOG TOP