FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/08/25 (Thu) 10:37
突然止まったエレベーター

 エレベーターが上昇を始めた途端、ガタゴトと音を出して止まりました。

 訪問先での今日の出来事です。
 
 1階のエレベーターホールで上向きのボタンを押してエレベーターが来るのを待ち、扉が開いて降りる階のボタンを押してドアが閉まり上昇を始めました。

 まいどのルーティンなので何も考えていませんでしたが、上昇を始めた途端に上記のような事態に陥りました。

 もちろんエレベーターの中には非常電話もあり、いざとなれば使うしか無いかと思っていましたが、とにかくドアの開くボタンを押した所、幸いにもドアが開きました。

 床との差は60cmくらいでしたのでよっこらせと降りました。その間、エレベーターは何の反応もありません。
もう一度試しに上昇ボタンを押しましたが何の反応もなく、カゴの中の照明も消えることもなく、ただただエレベーターが反応しない状態。

 いやはや初めての経験です。
 
 幸いにも1階から上昇を始めた直後でしたしドアも開いたので無事に出られましたが、階の中間でこんな状態になったら少々焦るでしょう。

 人通りの少ない場所なので誰か通りかかるのを待つわけにも行かず、エレベーターの管理会社が来るまではカゴの中の鳥(ジジイ)にならざるをえないわけですから、こんな時のために暇つぶしに何かを手に持っているってことはあり得ませんからね。

 でもその場合、暇つぶしよりも困るのはトイレでしょうね。

 いやはやいろんなことを瞬時に考えました。

 エレベーターの扉の横にある電話でエレベーターの管理会社に連絡を入れましたが、呼び出し音が1回で繋がったのにはびっくり。状況を伝え管理会社が来るまで待つわけにも行か無いことも伝えて切りました。

 訪問先へは階段をせっせと登りました。おかげで汗だくだく。

 訪問先にも面白おかしくカクカクシカジカと伝えましたが、さてその後どうなったんでしょうか。無事に動くようになったことを祈ります。

 そういやえらく古いエレベーターだなと思ったものの、法定点検をしているはずだし、まずこんなことは新聞でしか目にしなかったので、危うく閉じ込められることになるとは想像もしませんでした。

 それにしてもラッキーだと思いましたね。階の中間ならどうしようもなかったのですが、幸いにも問題なく脱出できましたので。

 いやはや面白い経験でしたが、二度としたくないものです。
 
 



スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP