プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/08/30 (Tue) 08:57
出島と楠本イネ関係の顕彰碑

長崎の出島資料館に行った時の画像。

石垣
タモリの「ブラタモリ」で紹介された出島築造当時の石垣。(左石垣の中央のラインから下)
江戸時代はこれから右は海だったんだなー。
子供の頃はそんなこと全然(長崎弁ではジェンジェン)知らんやったばってん。



入り口案内
入り口の案内。これから先が昔の出島の建物を再現したとげな。それにしても狭か。



案内板
出島の全体像の案内。シーボルトも一時はここに住んどったとげな。
シーボルトの愛人だった長崎遊女の楠本滝さんもここにあしげく通ったそうな。
(吉村昭さんの「フォーンシーボルトの娘」より)




側溝
側溝の底面が瓦で作られているのに興味津々。いつもPCの側溝ばかり見ているので、すこぶる新鮮。
側溝の写真を取っているのは私ばかりなりけり。
そりゃそうだろうなー。
こんなもんに興味をもつのはあまりいないだろうなー



目方秤
米俵の重さをはかる物。左に米俵を乗せて、右の台に重しや女性を座らせて重さを図ったとげな。(解説に書いてありました。)
肥満した女性は恥ずかしかったのじゃないかと気になりましたが、
マア、今の私がそんなことを気にしてもどうなるもんでもなし。



部屋1
オランダ大使館員の居室。昔は網戸などないので、ベッドに蚊帳が吊るされていました。
私の子供の頃にも蚊帳は寝るたびに吊り下げていました。
蚊帳の臭いが好きでした。何だか懐かしかー・・・



大砲
川の中で発見されたという青銅製の大砲。実際に使われたのかどうか分かりませんが、結構手の込んだ彫刻がされています。
オランダ船が入港するときに祝砲として使ったとやろかねー。



食堂
カピタンの食堂。シャンデリアは当時はろうそくでしたでしょうから、明るさはこんなもんだったんでしょう。
薄暗くて落ち着く雰囲気でしたでしょう。
こういう薄暗さから鍋島藩の化け猫騒動など色々な妖怪変化の物語が作られたのだろうと推測します。
でもキンキンに明るいより私は好みですね。




石倉の窓の鉄扉
石倉の窓の鉄扉。雰囲気があります。



楠本家の顕彰地
これは出島ではなく、晧台寺にある楠本イネ関係の顕彰碑です。
楠本イネ関係者が紹介されています。楠本家の墓地はこれから少し登ったところにありました。上に書いた吉村さんの著書を読んだので長い長い石段をゼーゼー言いながら登り続けて探しました。

シーボルトに師事した二宮敬作も、日本から追放されたシーボルトが開国による再来長を知り、四国出身なのに再会のために長崎までイネさんと長崎に来た後、長崎で没しましたが、イネさんの医学の師匠として尊敬を集め、ここにイネさんと同じように讃えられています。

吉村さんの著書通りの事実を目の当たりにして、改めて感動を覚えます。

スポンサーサイト

2016/08/25 (Thu) 10:37
突然止まったエレベーター

 エレベーターが上昇を始めた途端、ガタゴトと音を出して止まりました。

 訪問先での今日の出来事です。
 
 1階のエレベーターホールで上向きのボタンを押してエレベーターが来るのを待ち、扉が開いて降りる階のボタンを押してドアが閉まり上昇を始めました。

 まいどのルーティンなので何も考えていませんでしたが、上昇を始めた途端に上記のような事態に陥りました。

 もちろんエレベーターの中には非常電話もあり、いざとなれば使うしか無いかと思っていましたが、とにかくドアの開くボタンを押した所、幸いにもドアが開きました。

 床との差は60cmくらいでしたのでよっこらせと降りました。その間、エレベーターは何の反応もありません。
もう一度試しに上昇ボタンを押しましたが何の反応もなく、カゴの中の照明も消えることもなく、ただただエレベーターが反応しない状態。

 いやはや初めての経験です。
 
 幸いにも1階から上昇を始めた直後でしたしドアも開いたので無事に出られましたが、階の中間でこんな状態になったら少々焦るでしょう。

 人通りの少ない場所なので誰か通りかかるのを待つわけにも行かず、エレベーターの管理会社が来るまではカゴの中の鳥(ジジイ)にならざるをえないわけですから、こんな時のために暇つぶしに何かを手に持っているってことはあり得ませんからね。

 でもその場合、暇つぶしよりも困るのはトイレでしょうね。

 いやはやいろんなことを瞬時に考えました。

 エレベーターの扉の横にある電話でエレベーターの管理会社に連絡を入れましたが、呼び出し音が1回で繋がったのにはびっくり。状況を伝え管理会社が来るまで待つわけにも行か無いことも伝えて切りました。

 訪問先へは階段をせっせと登りました。おかげで汗だくだく。

 訪問先にも面白おかしくカクカクシカジカと伝えましたが、さてその後どうなったんでしょうか。無事に動くようになったことを祈ります。

 そういやえらく古いエレベーターだなと思ったものの、法定点検をしているはずだし、まずこんなことは新聞でしか目にしなかったので、危うく閉じ込められることになるとは想像もしませんでした。

 それにしてもラッキーだと思いましたね。階の中間ならどうしようもなかったのですが、幸いにも問題なく脱出できましたので。

 いやはや面白い経験でしたが、二度としたくないものです。
 
 



2016/08/21 (Sun) 08:36
男子400mリレーで銀メダル、取りましたね

 男子400mリレー決勝で、日本が2位でした。驚きました。

 今回のオリンピックではいろいろメダルの話題がありましたが、コレは今回の最大の話題でしょう。なにせ陸上界では史上初だしかけっこには圧倒的に不利な短足族が足長族に勝ったんですから。

 いやはや、脚が速いってことは羨ましい。子供の頃から運動会ではリレーは花型でしたからね。オリンピックでもやっぱり花型ですものね。

 私はリレーなんてものにはもちろん一回も参加したことはありません。

 なにせ鈍足では人後に落ちませんでしたから。マア遅かった遅かった。私が100m走る間に陽が傾くんじゃないかと心配するくらいでした。

 足の速さと女の子にもてるという相関関係は、子供の頃はほぼ比例していたような気がします。つまり、足が遅い=もてない を実践してきた私めとしましては実証できますもの。

 しかし、モテナかったのはそれだけじゃないってことも十分分かっていますよ、ええ。

 それにしてもすごかったですが、日本だけが採用しているパスの方法が有効だと分かれば、即他国も真似するでしょう。

 走り高跳びも、以前はベリーロールが主流でしたが、東京オリンピックの時、フォスベリーという選手が背面跳びを初めて披露して好成績を出してからというもの、今や背面跳びが当たり前になっています。

 棒高跳びも棒から手をはなしたあとはベリーロールみたいになるのは今のところやむを得ないかもしれませんが、そのうちコレも背面跳びのような飛び方をする選手が出てくるかもしれません。その選手があっという間に世界記録を塗り替えたら、今度はそれが主流になるんでしょう。

 このように今までと違う方法を編み出し効果があからさまであれば、その方法がその後の主流になるのはスポーツの世界以外でも見られることです。コレが流行という事になりますね。建築のデザインでも同様ですが今回はスポーツの話なので。

 それにしてもTVで何度も見ても飽きないのは、やっぱりナショナリズムが刺激されるんでしょうか。


 
  

2016/08/19 (Fri) 08:06
やっぱりオリンピックの話題です

オリンピックが終盤に入り、そのせいですっかり影が薄くなった高校野球。いつもなら郷土愛を惜しげも無くさらけ出せる高校野球ですが、流石に相手がオリンピックならしかたがないか。

 新聞もオリンピックや高校野球、はたまた今や爺しかみないのじゃないかと言われるプロ野球、サッカーなど、一般紙もスポーツ紙並みの記事で、新聞社もネタには困らないいい時期でしょう。

 さてそのオリンピック。毎日のように金メダルと喧しい。しかしTVをつけると今日はどうなったかとオリンピック特集を見る自分がいるわけで、いやはやなんともその辺はやっぱりミーハーです。

 いつぞや新聞で、どこかの思想家が、新聞で最初に見るのはスポーツ欄。その後に三面を見るとのこと。その理由は、スポーツ欄は人が成し遂げたことが載せてあり、三面は人がしでかしたことが載っているため、とのコメントがあったそうな。

 私も最初に見るのはスポーツ欄で、三面はほとんどタイトルだけを目にして内容は読まないことが多いんですが、その思想家ほどのフィロソフィーがあるわけでもなく、ただ単純にスポーツ欄なら精読する要も無く、三面はあまり気分のいい記事が載っているわけでもないのでささっと目を通すだけですが、その行為はかの思想家のコメントに近いのかしら。

 そうなると私もその思想家なのだ、これでいいのだ。

 オリンピックでの金メダルを取った人、おめでとうです。吉田選手、残念でした。しかし、霊長類最強女子の称号は彼女にとって誉れでしょう。

 陸上はやっぱり胴長短足の日本人にはなんといっても不利だということを、100m競争を見ても長距離走を見ても感じますね。ケニア人の足の長さの1/3くらいが日本人ですので、以前も提案しましたが、これってハンディを付けるべきだと思いませんか。

 彼らの1歩が日本人の2歩に近いって、いくらなんでもそりゃアンマリだ。



2016/08/08 (Mon) 09:11
朝日新聞のメディアとしての姿勢に疑問

 散々既存のメディアに対して怒りのコメントを出しましたが、相変わらず大した情報を記事にせずに事をすまそうとする姿勢に、この国の新聞社は、何時か又、国家権力による情報操作におめおめと従う情けない状態になっていくのでしょう。

 今回の東京都知事選で顕になった内田という自民党都議会のみならず、東京都の都政をも牛耳っていた闇将軍が表に晒されたきっかけも、朝日などの大新聞社ではなく東京新聞という地方の新聞社からでした。

 私が過去に書いた安倍ルフの黒幕になっている右翼団体の日本会議に関しては、大新聞社は未だにこれといった記事も出していません。朝日が数週間前に日本会議という団体を紹介するような書き方をした記事を読みましたが、それっきりです。

 こんなふうな国家権力の中枢に係るような危険な取材はしない方針なんでしょうか。そうなると日本の新聞社というのは信用出来ない事になりますね。

 欧米の新聞機関が日本で信用できる新聞社のランクの発表がありましたが、その順位は上から

  東京新聞、産経新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、読売新聞

 驚くことに産経新聞は2位につけています。つまり、安倍ルフの人民日報的新聞社に徹しているが故に、安倍の応援団としての記事を書いているということが評価されているのじゃないかと思います。

 しかし欧米の記者から、産経新聞のような新聞社ばかりになったら、日本の新聞記事は国際的に信用されない事になるぞという意見が出ていたことと矛盾するのには首を捻りますが。

 読売は渡辺の独裁新聞社であれば最下位というポジションも当たり前。

 コレを見て、やはり情けないのは朝日と毎日。

 リベラルを標榜している新聞社がこの体たらく。つまり、権力者に対し腰が引けている事を見透かされているということでしょう。

 上にかいた都議会の闇将軍内田をさらけ出したのも東京新聞なら朝日をやめて購読したいと思いつつも、都民でない身からすればあまり役に立つ情報は得られそうにありません。

 今、朝日とブロック紙の西日本新聞を購読しています。安倍晋三にぞっこんの級友は両方共読む奴は赤だと罵りました)が、まあ犬の遠吠えのようなことはどうでもよく、読み比べると朝日よりむしろ西日本新聞のほうが分かりやすい上に記事が端的です。

 朝日新聞には歯ごたえがなくなりました。

 またぞろ、戦争が始まったら国家権力におもねて、節操もなく戦争遂行応援記事を書き連ねるのでしょうか。そして戦争が終わったらまた、そうしたことへの反省の記事を書くのでしょうか。

 朝日新聞よ、目を覚ませ。批判を恐れるな。

2016/08/04 (Thu) 08:11
3名の女性閣僚と安倍ルフ

 安倍内閣のメンバーに、何も新鮮さを感じないのは私だけではなく、新聞報道にも同じようなことが書かれていましたね。

 要するに大臣になりたい政治屋に対し、ホレ、お前はこれをやれ、といったかどうかは分かりませんが、まあ、オツムの程度が高くなさそうな安倍に媚びる連中は、餌を出されて懸命に尾っぽを振ったことでしょう、

 あ、私、犬派なので、こうした例えは犬に例えているようであまり好感は持っていませんが、こうした書き方が一般的なんでしょうからお許しを、お犬様・・・

 女性が3名だったっけ、入っていましたね。ま、どれもこれも、安倍のお気に入り。

稲田。

安倍ルフのエバ・ブラウン的な存在。

 これも弁護士だったし、以前も書きましたが人権を守るのが弁護士だと思っていましたが、こいつや高村、橋下などの元弁護士は人権より国家体制を優先する傾向があり、おまけに稲田は極右団体の日本会議のメンバー。

 もうそれだけでこのダテメガネ稲田という人物の程度が分かる。
 早稲田出身だそうですが、なんだか東大出のような錯覚を起こしました。
お坊ちゃま大学の慶応と違って庶民の反体制派であって欲しかった早稲田も、こんなやつを社会に出すなんて地に落ちました。

 話は違いますが、早稲田も吉永小百合はともかく広末涼子などを入学させるようなことをするから、社会的評価が下がって、いまや慶応に差をつけられちまったのにはガッカリです。

 それでもやはり私立の最難関大学には違いありませんが。

 丸川。
 原発事故の時に大した知識もないのをさらけ出して謝罪したにも関わらず、今回もお呼びがかかったようで、さぞ安倍ルフのお気に入りなんでしょう。コノ方は正真正銘の東大出。 さすが、官僚養成大学出。

 高市。
 ま、何も言うこともありません。口先だけの松下政経塾出身を体現している底が知れたお方。

 安倍ルフに対し、反体制的な存在になるべく閣僚を辞退した石破に期待しましょう。自民党の内輪もめなど、どーでもいいですけどね。


 

| ホーム |

 BLOG TOP