プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/03/31 (Thu) 11:25
アメリカと日本の指導者の選び方の差

アメリカ大統領候補のドナルド・トランプの発言がいろいろと問題を起こしていますが、いつも思うことは、アメリカ大統領と日本の首相は似たようなところがあるような気がします。

 ヒトラーもどきのエキセントリックな演説を見ていると、どこかの国の突っ込まれるとすぐにムキになって反論する頭の悪さをあからさまにする首相とダブります。

 この男の親友のような弁護士出身で知事選には絶対出ないと公言したにも関わらず平気で破り、知事になったり市長になっても敵対する相手を口汚く罵るような男もいましたが、そんレベルの政治屋が続々と日本にも出てきました。

 安倍のお友達では、モノ書き芸人の百田もいましたしNHK会長もいました。どうもどれもこれもやっぱりの中身が薄く、頭も悪そうです。

 もしトランプが大統領になって、日本にいるアメリカ軍の経費を丸々日本が負担しないと撤退するということを実施したら、ひたすらアメリカに媚びまくった安倍はどういう対応をするのか想像しかねます。

 泣きつきますか、それともトランプの言うとおりにまるまる負担しますか。難しい問題ですね。

 日本から米軍がいなくなれば日米安保を金科玉条のように奉っている自民党の方々、どうしますか。安保条約違反だと騒ぐのか、それとも今までは守ってもらっているという引け目が合ったけど、これで本当にアメリカと対等に接することが出来ると考えますか。
 
 日本が中国に攻撃されようが、現在の安保条約があっても、アメリカの国民が日本のために血を流す必要はないとデモで圧力をかければアメリカの政権はそれに従うでしょう。

 結局安保条約なんて何の役にも立たないってこと為政者はわかっていると思いますが、それを公表すると問題になるから黙っているだけのようですね。いま日本にいるアメリカ軍へ見捨てられないように税金を見つぎ込んでいる妾みたいな政権を、つまり我々国民全体がアメリカのお妾さんのような立場にさせられているってことではないかと思います。

 アメリカのサンダースも頑張っていますね。何だかクリントンは悪役っぽい役割になっているような感じです。

 それにしてもこうやって国の指導者を何ヶ月も掛けて選ぶアメリカの制度は、そのエネルギーたるや、やはりすごいです。

 国会に居る政治屋どもが、己の都合次第で選ぶこの国の首相選挙制度は、これに比べるとやはり国としての活力が感じられません。

 だから、今のようなお粗末な男がいつまでも首相として君臨できるわけですね。

 

 
スポンサーサイト

2016/03/24 (Thu) 08:17
ISと宗教とトルーマンと安倍晋三

ISの自爆テロでベルギーに被害者が多数出ています。

 宗教心のない私には、人を救うための宗教で歴史的に何故戦争が起きるのか、いまだに分かりません。どれもこれも一神教の教義のせいじゃないかと勝手に思っています。

 日本人はあちこちに神様がいる八百万の神を信条としていますので、この神様以外は認めないという狭い了見は持ちあわせていません。自分の都合で神様や仏様に祈っているってわけです。

 こまった時の神頼み、って言葉もあるくらいですから。

 我が民族は、キリスト教の祭りであるはずのクリスマスに便乗したり、新年は神社にお参りに行ったり、お盆にはお寺に墓参りに行ったりします。

 これは一神教の民族からみれば訳の分からない話でしょうが、これで世の中が成り立っている誠に懐の深い民族ですね。

 キリスト教やイスラム教は、更にそこからいろいろに分派して互いにいがみ合った結果、宗教絡みの殺し合いに発展してしまうのは毎度のこと。

 こんどのISも同様でしょうが、イスラム教の人からすると、ISは単なる不良の集まりにしか過ぎずイスラムの教義を無視しているとの事のようです。

 イスラム教のことはわからないのでなんとも書きようが有りませんが、確かに各国の居場所のない不良連中が自分たちに都合のいいやり方をしているだけにしか過ぎないように思えます。

 しかしその不良連中にも頭のいい連中が居て、それ連中がインターネットで出すプロパガンダが巧妙な故に、世界から居場所のない若者が参加するという状態が続いているよう。

 驚くことに今日の新聞にはISに参加するつもりの日本人が拘束されたという記事が載っていました。

 そりゃそういう軽薄な日本人もいるだろうなと思わざるを得ません。然し、そういう浅い考えでテロをおこすことの恐ろしさは、また更に恐ろしいものです。

 然し、この自爆行為を第2次大戦の日本の特攻隊と同じと考える米人が多いようですが、大きな違いがあることだけをはっきりとこの国の責任者は主張すべきです。

 特攻隊は日本を救うべく我が身を捨てて、当時の敵国だったアメリカの戦艦などへの攻撃だった。攻撃目標はあくまでも軍事施設と軍隊であって、そこには民間人は存在しなかった。ココがこの一連の自爆行為との大きな違いがあることを知らせるべきです。

 ISのテロ行為は広島、長崎の無辜の市井の人を多数虐殺した原爆と同列に扱うべきです。民間人への原爆投下はヒトラーが行ったホロコーストと実体的には何ら違いがないということ。

 命じた当時のトルーマン大統領は、戦勝国のアメリカ大統領であるだけでその行為に対して何ら責任を問われることもいまだに有りませんが、間違いなくホロコーストを起こしたヒトラー同様の戦争犯罪者だと私は認識しています。

 安倍と同じレベルの脳みそしかないアメリカ人は、原爆は戦争を早く終わらせたと主張しています。リメンバー・パールハーバーと。

 日本軍が攻撃した戦艦や戦闘機に限定したパールハーバー攻撃に、民間人の被害者の数を検証したのか。

 アメリカに行った日本人が何時までたってもリメンバー・パールハーバーと言われる気持ちを、アメリカに媚びる安倍晋三は省みたことがあるのか。

 沖縄人民の故郷をアメリカに献上して植民地化して、沖縄人民の辛苦がどれほどのものかということに心が傷まないのか。

 韓国に対しては主張をしても、アメリカには媚びるばかりのこの男を、情けないことに40%以上の国民は指示しています。

2016/03/12 (Sat) 08:43
裸の王様の建築デザイナー先生

東北の大震災から5年が過ぎ、その間、建築家と言われる専門家は何をしていたのか、何ができなかったのかが気になっていましたが、専門書である「日経アーキテクチャー」にその特集が組まれていました。

 「建築の挫折」という特集ですが、その記事を読むと、建築家職能集団は、災害復興にあたりいろいろな提言をしてきたにも関わらずなんら力を持てなかったという懺悔のような記事になっています。

 また被害者のための建築であるはずのものが著名建築家による作家性を前面に押し出した建築が作られ、その結果、建築家が信頼を失ったという反省の弁も載っています。
 
 私もそういう建物が雑誌にこれみよがしに誇らしげに乗っているのを見ましたが、一体何をこの連中は考えているのかという疑問と怒りを持ったものです。

 住民のことは考えていなくて自分の売り込みしか考えていない。プロデュースした伊東さんも、何故あのようなデザインを許したのか。

 そもそもそうしたデザインを許した伊東さんの姿勢が、彼が言うところの被害者に寄り添うという考え方を希釈してしまったことに気が付かなかったのか、残念で仕方が有りません。

 伊東さんが設計した「みんなの家」という木造の全く何の変哲もない至極当たり前の建物があります。作家性の強い伊東さんにしては珍しかったのですが、彼が書いた「震災を機に建築の考え方を変えた」という本を読みました。

 それならばどういう建築的なアプローチをこれからしていくのかと興味津々でしたが、結局その建物一件だけが至極おとなしい物にしか過ぎず、それ以降の後の設計はやはり今までと変わりのない伊東調であり、上に書いた伊東事務所出身者によるこねくり回した建物はいかにもデザイナー臭がモロに出ているものになっていました。

 「らしい建築」という本で、作家性をモロに出している安藤さん、伊東さんなどを痛烈に批判していましたが、やはり伊東さんもらしい建築から抜け出られない様子です。

 日々、小規模の建物を必死に良い建築にしようと乏しい才能を絞り出し、汗水たらして設計している私のような地方の無名な建築士が何をコメントしても何の力も有りませんが、今回、小さな住宅を見積もり出した時に、建築会社の人から、「木造でこれだけの構造とデザインのレベルの高い図面を見たのは久しぶりだ。最近の若い建築士はデザインだけに力を入れていて、構造は我々に丸投げが多い。」というお褒めの言葉と建築士への批判を受けました。

 建築デザイナーとしてお高く止まっている間に、建築に関して構造の安全性、コストのなどに関してのイニシアチブは建築会社側に握られているということに気がつかないお粗末な実態を教えられました。

 建築士として自分が設計した建物の設計上の責任は全て自分が負う義務jがあります。そのためには単なる建築デザイナーであってはならず、木造住宅であっても耐震性を確保するためにはどういう構造にするという方針を伝える必要があります。それであってこそ、建築士としてのスタンスが保てると私は思っています。

 建築士は、自分はデザイナー先生だと勘違いしている間に、建築会社から馬鹿にされている裸の王様になっているのが実態です。



 

 

2016/03/08 (Tue) 08:09
立て直しが必要な なでしこジャパン

なでしこジャパンがリオに参加できなくなりました。

 今度の予選では澤が引退したあとなのでどれだけのレベルが維持できているかと思っていましたが、あれよあれよというまに負け続け、昨日、リオに出場できないことが決まりました。

 それが分かった後のベトナム戦でようやく勝てたのはいいとしても、見ているとワールドカップで優勝した時のレベルに比べると、素人目にも明らかにレベルが落ちていることがわかります。澤一人が抜けただけでこの状態ということは、澤という選手がどれだけ偉大だったのかということを改めて思い知らされました。

 昨日の試合でも、後半まで1点差。ロスタイム(今はそう言わないんだっけ・・)になってベトナムの選手も疲れが出てきたような時間帯になってから立て続けに点を入れてもあまり嬉しくもなく見ていました。

 そこにはゴールの瞬間の喜びは少なく試合以外のことで話が盛り上がります。川澄はサッカーやっているときは他の選手に比べると可愛いけど、私服ではちょっとな~、とか、大儀見は手足が長くてスマートでモデル体型だけど、太ったら長州小力に似てるなーとかとか。

 マア、試合の興味よりソッチの方に話題が言ってしまうほど試合内容は大味で緊張感もなく、これじゃ女子サッカーもワールドカップ以前のマイナーな競技に弱戻りじゃないかなと心配しています。

 女子サッカーはやはり男子と比べるとスピード感も迫力も格段に落ちますが、それでも懸命に戦っている姿を見るとやはり判官びいきで応援していますが。(J1に戻ったアビスパ福岡よりも。アビスパも毎回のように来年はJ2に逆戻りでしょう)

 しかし、澤一人が抜けただけでこの状態ってことは、こりゃ先が思いやられるな~


 

2016/03/07 (Mon) 13:08
日本人の劣化度、極まれリ

 あれだけごたついた国立競技場も、隈さん一派の案で決まって、工期に間に合わせるためにそれいけどんどんと進んでいるとおもいきや、なななんと、聖火台が置くところがないという問題が今になって判明したとのこと。

 本当に、あれま、という感じです。

 募集要項にも書かれていなかったしザハ案にも書いていなかったという弁明でしたが、しょっぱなの募集要項に聖火台が漏れていた可能性がありますね。

 ここでもって伊東さんが、聖火台を置くのは常識なのではないかとコメントしていますが、常識かどうかは別にしても少々お粗末すぎ。

 何だかこの国立競技場は、何時までたってもなんだかんだと問題が発生します。やっぱり、時の権力者とその取り巻き無能大臣を象徴するかのような低レベル。

 一票の格差問題も、隣国は司法主導で即座に是正された報道がありましたが、我が日本では、御用裁判官だらけの最高裁で「違憲の疑いあり」と曖昧な表現にとどまるだけ。それに対しても国会で惰眠を貪り国税を食い物にしている魑魅魍魎共は、自己保身だけの理屈で猛反対している体たらく。

 国立競技場のことやら一票の格差問題解決もできない税金を食い物にしている政治屋を排除できない上に、権威を嵩にしてメディアを威圧する高市のようなお粗末な大臣を選んでいる日本人の劣化度もここに極まれりです。

 

| ホーム |

 BLOG TOP