プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/02/27 (Sat) 08:07
車のオートマッチクシャを廃止することを提案します。

 大阪の梅田での車の暴走事故で、運転手は暴走前に大動脈瘤乖離で既に死亡していたという記事です。車内で発作を起こした時にアクセルを踏みつけたために、車が制御が効かない状態で暴走したのではないかと想像します。

 こういう事故を見るたびに、車はオートマッチクを廃止して全てマニュアル車にすべきじゃないかという思いを強く持ちます。

 高齢者がアクセル操作を間違えたとかいう事故の原因の殆どは、オートマチック車にあるような気がします。操作ミスをしてもマニュアルならエンストを起こすので大事故に至らないはず。

 もちろんマニュアルでも事故は起きますが、今回の梅田の事故でもそうですが、オートマが持つ特性の操作ミスによる事故は確率が確実に減るのでは。

 オートマだから高齢者も女性も気軽に運転できるようになったメリットは有るにしても、こうやって事故で被害に合う人も確実に増えているわけです。

 今、自動車教習場ではオートマ限定のコースが有るようですが、我が娘にはマニュアルが操作できるコースを選ばせました。論点が違いますが、個人的には運転の楽しさはやはりマニュアル車にあるように思えます。

 こうした事故を軽減するために、車のオートマを廃止することを提案します。



 
スポンサーサイト

2016/02/17 (Wed) 09:04
この国の介護の実態

 老人ホームで入居者を投げ落として殺害した介護職員が逮捕されました。
 
 このニュースは人事では有りません。

 今、私の母が老人ホームに入居しています。以前入っていた郊外の施設から長崎市内の施設に転入しましたが、今度のところでもやはり盗難にあいました。

 今度は良さそうという好印象を持っていただけに、これではどこに行っても同じだなとガッカリ感も大きく、要は入居者の家族の方で部屋にあるものは盗まれるという前提で対応しないといけないようです。

 長崎在住の兄が盗まれたということをフロアーの責任者に報告したようですが、前回も同様、これで盗難が無くなるという保証もなく、さりとて室内に防犯カメラの設置もいかがなものかということで見送りました。

 カメラの設置は盗難が次も起きるようなら考え直しますが、問題は介護に関わるスタッフの給料が労働に見合っていないというところにあるのではないかと推測します。

 今回の事件もそうですが、報酬が労働力に見合っていれば、不満も少なかったのではないかと思います。

 認知症を始めとして老人のワガママに忍耐強く接している姿を目にすると、強く抗議することも憚れるような気になります。やはりそこには感謝の気持ちが湧いてきます。

 事情があって盗んだんだろうと兄とも話していますが、当然窃盗は犯罪行為であるには違いがなく、次も盗まれたら残念だけど防犯カメラを置いて犯人を見つけ出さざるをえないなと話しています。関係のないスタッフまで疑うようになるのは本意では有りませんから。

 介護職は売り手市場とはいえ、その報酬額の低さに、志を持ってその仕事を始めた人たちが疲れ果てて意欲をなくしていくのが充分に予想されます。

 介護されることになるのは明日は我が身です。

 こんなお粗末な制度しかないお粗末な国で、残された家族の負担を考えると、長生きをするということはいいことなんでしょうか・・・・・ 

 個人的見解を言えば、安倍や菅、高市などの愚かな権力者達の愚かな政策で国が衰退していくことを見ているにつれ、長生きすることに何の意味も見いだせません。


2016/02/08 (Mon) 12:57
彼の国とこの国のおぼっちゃまくん

北朝鮮のおぼっちゃまくんが後見人であるはずの中国の言うことも聞かず、誰がなんと言おうと俺が大将じゃけんね、誰も俺のことを咎められんけんね、とわがまま放題に振る舞いました。

 自分のしたいことをして国際的に鼻つまみ者になろうが蔑まれようが、彼の国ではなんといっても最高権力者ですから、彼の暴走を止める手立てが国内にも国際的に無いというです。

 独裁者として権力を振るうにはまだ若いということも本人は十分自覚しているので、その若さを舐められないためにも強硬手段を撮り続けているのではないかと推測します。

 代々の最高権力者の家系に生まれ、生まれて以来、国内では父親以外に厳しく接する者もおらず、海外留学中は放蕩三昧しても何時かは最高権力者になる人物ということであれば、腫れ物に触るようなものだったのでしょう。

 国内に戻って後継者に指名された後、父親が生きている間は大人しくしていたようですが、父親が死に、自分が最高権力者になった途端、TVでも目にするように、実に傲慢不遜な態度が露わになってきました。若い奴が周りから舐められないように肩肘張って突っ張っている日本のヤンキーと同じ心理でしょう。

 こんな人物を心変わりさせるためにはその人物より力もあり人望のある人が必要ですが、居たのかもしれませんが粛清されたのではないかと想像しています。もはやそうした人物がない以上、この人物の暴走は止められないのではないかと心配します。

 ヒトラーは度々暗殺の危機にあった様子ですが、この国にはそういう気配もなさそう。史上最悪の極悪人と言われるヒトラーを超える可能性が大きいのではないかと予想しています。

 拉致被害者に皆さんが健在なうちの解決は、残念ながら望むことが難しい様子です。

 この国の同じようなおぼっちゃまくんも、「断固として云々」といつもコメントしていますが、口先での「断固」ばかりで手立てがないことも、皆見透かしていますよ。

 そうそう、こちらのおぼっちゃまくん、閣僚に指名した人物が問題を起こして更迭された折、指名した責任があると再三述べていますが、いまだに責任を取らないということも、流石に口先だけのおぼっちゃまくんです。

 この国も、このおぼっちゃまくんによる自民党独裁政治が長々と続いています。


2016/02/07 (Sun) 08:27
台湾の倒壊した建物に驚きました

 台湾の地震で倒壊した建物がTVのニュースや新聞に出ていましたが、その壊れ方が我々が一般的に考えているRC造とは思えないような壊れ方をしています。まるでレンガを積み上げた組積造的な壊れ方です。

 最初に見た時、これはコンクリートの品質があまりにも悪かったんじゃないかと予想しましたが、今朝の新聞を見て内部に一斗缶のような物が入っていることが報道されており、ずさんな工事があからさまになりました。

 こんなことをやる建設業者はとっくの昔に倒産しているだろうと思いましたが、案の定、開発業者、施工会社ともども、倒産して存在しないとのこと。これでは被害者は責任を追求できなくなります。泣き寝入りするしか無いのでしょうか。

 それにしても手抜きの酷さに呆れます。中国本土ではオカラ工事と呼ばれるような手抜きにひどい工事が横行しているそうですが、台湾でも同じことをやっているのかと。正直、製品は中国製よりは台湾製のほうが信用できると思っていましたが、同じ民族はやはり同じようなことをするのでしょうか。

 しかし、Coco一番の廃棄処分したはずのトンカツの横流しの件などを見ると、日本人も似たり寄ったり。中国のことは非難できないと思わされましたが。

 台湾も日本同様に地震国であるなら日本のような耐震設計をしているはずですし、当然検査も厳しくしているとこの国の建築業界に居る身としては思いたいところです。

 被害に合われた方々の一日も早い回復と復活を祈っています。


2016/02/05 (Fri) 08:35
長崎の教会群と清原問題。何も関係ありませんが(^^ゞ

 長崎の教会群とキリスト教関連遺産が世界遺産への登録が延期になったそうな。

 まあ何も毎年世界遺産登録を目指さなくったってと思うんですが、大浦天主堂入り口周りに大挙して店を開いているおみやげモノ屋さんにしてみれば儲け損なったと地団駄を踏んだことでしょう。

 以前も書きましたが、大浦天主堂のこのおみやげ屋さんの客の呼びこみのウルサイこと。なんとかならんもんでしょうかね。私がご幼少のみぎりには静かな天主堂でしたが、私が長崎を離れてからいつの間にかこんなになっちまった。

 しかし昔から門前町というくらいに寺の門前には店が発生してくる都市の歴史からすると、自然現象なんですね。これは寺ではなく教会ですから、これはなんと言えばいいのかな。教会だけに、教会前町?イエス前町?キリスト前町?・・・つまんねー(-_-;)


 話はコロリンと変わって、前々回のブログに清原の覚醒剤のことを書きました。そのことには殆ど興味も有りませんでしたが、昔、江夏も同じように覚醒剤で逮捕され懲役刑を受けて出所してきたことがあり、今回の清原問題に絡めてインタビューを請けた記事が載っていました。

 江夏が何故覚せい剤に手を出したのかという理由に、寂しかったということが書いてありました。清原も同じではないかと。清原も離婚して家族と離れ離れに生活をしていましたが、その寂しさは男ならではこそと理解できます

 だいたい精神的に強いのは女性と相場は決まっています。だから神様は精神的に弱い男に女よりも肉体的な強さを与え給うたと勝手に思っています。

 想像してみてください。女性が精神だけではなく肉体的にも男よりも強かったら、男は昆虫と同じで生殖だけの存在でしか過ぎなくなりますものね。生殖が終わったら要なしになって女性に食い殺されるのは、そりゃアンマリだ!(ToT)

 精神面が弱いから家族と離れて生活する寂しさに耐えかねたということが理由でしょう。

 いやいや、誤解してもらったら困りますが、だから覚せい剤に手を染めていいんだということを言っているわけでは有りません。男ってのは見た目はどんなにマッチョでも、精神面はこれだけ繊細なんだということを世の女性に知ってもらいたいから書いているんです。

 どうぞ女性の皆さん、か弱い彼氏や旦那さんを温かい目線で見守ってください。

 あなた方女性がいてこその男なんですよ。そこのところをご理解いただいて、今回のブログを終わります。m(_ _)m

 



 


2016/02/04 (Thu) 13:20
1,2階を外せる住宅の模型を作りましたが

 先日打ち合わせした住宅の模型の製作には、一週間かかりました。

 外郭だけなら3日はかからないんですが、室内からの外部の見え方を今回の住宅では重視したので、それが実感できるように、各階が外せて中から外が見えるように窓の開口部も切り取り、内部の間仕切りもスチレンボードで造りました。

 壁厚は実際のスケールからすると馬鹿厚になりますが、そのへんは大目に見てもらって、とにかく我ながら不器用だと嘆いたのは、上下階を取り外せるようにしたのはいいとしても、はずさないときは本当は切り取り線だけがラインに見えるようにピッタリとして欲しかったんですが、カッターの刃の厚み分が内側に入り込み、接着剤でボードが引っ張られてしまうために、歪みも生じてしまいます。

 接着剤はほんの少々つけるだけですが、さりとてあまり少ないと簡単に取れてしまいますので、そのへんの加減が毎度のことながら頭を痛めます。

 なんでもそうですが、模型を組み立てる前の、どうやって組み立てるかという手順を考えながらボードをカットすることになりますので、その時間が結構長くかかります。

 また窓をカットするにも、小さな窓ほどカッターを入れると欠けやすいので、慎重に何度もボードにカッターを少しずつ入れます。模型を作った人はわかりますが、カッターを入れる側と裏側の切り取り線もナカナカ揃いません。

 まあ本来は立面検討用として作ることを宣言しました。いやナニ、下手くそさをそこで理解してもらうという狙いもありで。(^^ゞ

 それやこれやでなんとか出来上がって打ち合わせ時に提示した所、予想以上に喜んでいただいたのは私ももちろん嬉しかったのですが、持ち帰りたいとの要望。

 実は設計事務所でありながら、今まで作成した模型が一つも残っていない理由がここにあります。つまり、そんなに喜んでいただけるのならどうぞと、さし上げることが毎度毎度で、結局、模型が皆、事務所に有りません。

 今回も同様でしたが、住宅が完成したら模型と実物を見比べて、それから返してくださいとお願いしました。ということで、その模型を写真で乗せるつもりだったのが、そういう理由で、今、手元に有りません。

 返していただいた時にはこわれてんじゃないかなー。

 ま、それはそれでショーがない。喜んでいただいた顔を見ると、それだけでも一週間、手は切り傷だらけになるは接着剤でごわごわになるわ接着剤の匂いで頭痛になるわということも、すべてチャラですよ。(^^)


2016/02/03 (Wed) 13:48
携帯電話の料金

 朝刊の第一面に清原の覚せい剤所持による逮捕と、クリントンがアイオワで勝ったとか載っていますが、私の関心事は日本の通信会社3社の通信料金が似たり寄ったりの料金。

 昔はNTTだけの独占だった通信事業に競争を起こして通信料を値下げ、国民に選択肢をもたせようと言う稲森さんの崇高な考えから出発したはずのauと、ITの革命児と言われた孫さんが創設して携帯電話事業に参入したソフトバンク。

 3社の三つ巴戦で通信料は下がってくるものとおもいきや、これまた銀行に真似たかのような護送船団方式そのものの横並びのがっかりの料金設定。

 やはりこの国の企業人は、金が儲かるとなるとお互いに相談して、金額を決めてしまいます。そこにはユーザーにたいするサービス精神はかけらもなく、どうすれば儲かるかだけ。

 企業だから黒字にしないといけないのは当たり前としても、それにしても同じような料金とはどういうこと?ディスカウントショップの価格設定が、チラシを見てもどれもこれも末端の1円まで同じということと重なります。

 はあ、やれやれ。稲盛精神、どこに消えたか・・・ 白い犬は外見だけで、腹のなかではベロを出していたか。

 清原の覚醒剤もクリントンも私には関係のない話ですが、携帯の料金はモロに影響してきます。いまだにガラケーですから。(-_-;)





| ホーム |

 BLOG TOP