プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/04/30 (Thu) 08:47
あれってUFO?

 数日前の空に雲ひとつないスカッパレの青空が眩しいほどの日のことです。

 時間は昼前だったと思いますが、PCの前を息抜きに離れ、ベランダから外を眺めて遠方の山の緑が近く感じられるほどだったので、まるで歩いていけるようだなと感じながらふと空を見上げたところ、割と近い距離で銀色に光る何やら物体が浮かんでいました。

 それはほぼ静止状態。
 
 ん?飛行機にしては動かないなー。ヘリにしては形が違うしおまけにホバリングの音が全く聞こえない。ひょっとして風船かな。。。それにしては銀色が眩しいし。。。。

 と、より良く見るように双眼鏡を手にして戻って再び見上げたところ、影も形もありませでした。ヘリにしても風船にしても、そのわずか時間にして10秒もないくらいなら、まだ視界にあるはず。

 ホヨヨとあられちゃんの口調で頭の上にそれこそ100個ほどの?マークが立ち並んだのはお分かりでしょう。

 ったいありゃ何ね、と自問しつつも電話がかかるわ訪問客が来るわでついつい忘れてしまっていましたが、今日、唐突に思い出しました。

 ありゃ何だったんだと考えるに、上にかいたように飛行機やヘリコプターしては動きもエンジン音も何もなく、風船にしてもわずか数秒の間に視界から消えるはずもなく、たとえ風船がそこで割れたならかなりのサイズでしたので破裂音が聞こえたハズ。北朝鮮や中国の偵察衛星にしちゃ高度が低すぎ。

 つまりひょっとしたらUFO? それこそUSOと言いたいところですが、もしそうなら人生初体験。いやはや色っぽい話じゃなくて申し訳ないですが・・・(^_^;)

 今朝、妻にそのことを話したら、消えたんだからドローンじゃないの、と。ドローンと消えたからだそうな。

 オーイ、山田くーん、座布団一枚。

 今に至って目撃情報も何も報道されないので、ありゃ何だったんだろうといまだに不思議ですが、私は勝手にUFOだと騒いでいます。

 よくTVで見るようにUFOは真っ青な空に銀色で浮かんでいますが、まさにそのまんまでした。またどっかで見たいものですが、しかしいつもいつもカメラを持ち歩いているわけでもないし。

 UFOさんへ、出るときには前もって連絡してください。 
 
スポンサーサイト

2015/04/28 (Tue) 14:35
日々のこだわり

仕事柄、きれいなモノ、美しいモノに対していつも見るように心がけています。それは建築は勿論、工芸品、電化製品など。

モチ、女性も  (^^)v

TVや映画で登場する背景などにアッと目を引くようなデザインの建物や製品があると、ストーリー関係なく見てしまうのはご同業者同様です。しかしそこに比嘉愛未のような美人女優が一緒に画面の中にいたらどっちを見るのか、な、悩みます。きれいなものは何でも見たいですから。目がウロウロして多分落ち着かないことでしょう。

見た目に綺麗に見えるこだわりは、例えばバーボンウイスキーを入れるグラスのデザインにコダワルには当たり前だのクラッカーとして、そこに入れる量にもこだわります。

どこまで入れたらこのグラスに一番きれいに見えるのかを、毎日実験。

それを横目で見ている我が妻。飲んでしまえば同じじゃないの、と曰いし。

アーわかっちゃねーなー、なんでコダワルのか。
日々、こうしてどうすれば綺麗に見えるかを実験し、体験し、その中身を粛々(安倍シンゾーとスガが使うと問題の言葉ですね)と厳かに飲んでいるってのに。

その中身の減り方にもこだわりがあるってのも、なんだかなーでしょうが、これっていつもやっていることです。

氷の減り方、バーボンの減り方、氷が溶けてバーボンの色が薄くなって言った時のグラスとのハーモニー。とかなんとかかんとか・・・・

感性を磨くというささやかな行為だとか何とか屁理屈つけていますけど、ま、単に毎日バーボンをチビリチビリと飲んでいる言い訳に近いってのも、確かに有りで。。。(^_^;)

前にも書きましたが、私はトータルで多分30時間は乗っていない自転車(なんつったって坂と階段だらけの長崎の出だもんで)も好きなデザインです。特にスポーツサイクルであるドロップハンドルの軽快さ、シャープさは、自転車の構成部品はわずかにもかかわらず、非常に魅力のあるデザインだと思っています。

できれば観賞用に一台買いたいくらいですが我が清貧事務所の経済事情からはとても許されるはずもなく、きれいな建物、きれいな女性同様、ただただ見るだけに徹します。

そして今使っているパソコンの具合がおかしくなったら今度こそMacを買います。良いデザインの製品を身近においているだけでも感性は磨かれると思うので。。。。。

そう考えると、機能優先の機械はどうにも我慢できなくなりますね。

しかしかっこいい製品は値段もかっこいいものねー・・・・(T_T)


2015/04/24 (Fri) 12:03
地道な努力

 歳を取ると足から先に衰えてつまづきやすくなり、つまづいた時に受け身がうまくいかないと骨折してしまうケースが多いそうですね。特に女性はコツソソウショウというやたらと言いにくい症状になる人が多く、骨がスカスカになるので、年取っての転倒は命取りになるようです。

 昔はこんなはずじゃなかったと思う人は、昔はスポーツマンだったタイプが多いようですが、私はスポーツマンとしての時期はほんの少々でしたので、昔はこんな・・・・などと思うこともなく、いや、むしろ昔のほうが華奢、とかくとなんとなく華麗に見えますが、要は単に細かったということ。

 30代前半まで、体重は50kgに届きませんでしたが、本人(私のことですが)にガリという自覚はなく、単に体重計の針が動かないだけだなと考えていました。今考えると、どうしてあんなに痩せていたのかと思えるくらいでしたが、若い頃はエネルギー代謝が高かったんでしょう。

 大学時代は格闘技をしていたこともあり、低脂肪でしたので割りと筋肉の太さが目立つくらいでしたが、筋肉ってのは少しサボるとすぐに衰えて脂肪に変わってしまうってことを体を持って実感しています。

 歳を重ねるに連れ、仕事柄、終日座ったっきりが多いこともあるので、下半身だけは鍛えておかなきゃと一念発起して、三日坊主だった私がこの一年、毎日スクワットと両足夫々に1kのオモリを付けて20分位歩いています。

 当初はとにかくふらふらものでしたが、だんだんと慣れてきて、今、結構足の太ももが太くなってきました。これ、筋肉のはずです・・・・と、思わなきゃやってらんねー

 スクワットって意外に腹筋も鍛えているんですね。驚きました。腹筋は特にしていませんでしたが、今、大学時代を思い出させるようにうっすらと筋肉の割れが出てきました。もちろん当時と比べると月すっぽんですが、ムフフ、エッドエッドと一人ほくそ笑んでいます。

 事程左様に、毎日地道な努力を続けていると、必ず効果は出てくるということです。

 

| ホーム |

 BLOG TOP