プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/02/23 (Mon) 08:55
省エネのための改修-最終

断熱改修のブログもいよいよというかようやくと言うか、天井、屋根の断熱の項になりました。

 断熱は今まで書いてきたように、窓、内外壁、床、そしてこれから書く天井、屋根という具合に四方ぐるりと隙間なく断熱材で包み込まないと断熱効果はありません。断熱材の隙間や欠損があれば、そこから熱は逃げていくため、ヒートロスになり、省エネの効果は期待できません。

 しかし1級建築士が書いた外貼り断熱だけが効果的で、内貼り断熱は効果的ではないかのような書き方をした本が出ているそうです。本のタイトルだけ見て内容がなんとなくわかるような本でしたので立ち読み程度しかしていませんが、他の同業者が書いた本も同様で、著者の思い込みや特定の技術やその技術を売りにしている建築会社の肩を持つような内容の本のようで、そのような本を出すこと自体、建築士の信用を落とすことになります。もう少し公平に、実験値を元にした判断をしてほしいものだと思います。

 さて本題に入ります。

 まず天井や屋根からの暖房時のヒートロスは全体の6%程度になります。これは今までの建築部位におけるロスに比べると最も少ないものの、だからといって無視できるわけもないことは明らかです。

 天井の断熱方法は、一般的にはグラスウールを天井材の上に乗せる方法が最もリーズナブルです。

 しかし、この場合、天井裏には天井板を支持する部材(吊木)が梁から900ピッチ内外で吊り下げられています。その吊木の部分が隙間なく敷き込む為の断熱材を邪魔するわけですね。

 そのまま敷き込むだけすると、吊木の部分はめくれてしまいます。当然その部分で断熱材に隙間が生じます。たとえ僅かな隙間でもその状態では断熱効果は有りません。そうならないためにも吊木部分では断熱材を切込みを入れて吊木にも密着するような丁寧な施工が必要です。

 いまはその手間が大変なので、セルロースファイバーという新聞紙の繊維だけの吹付け材で天井裏を隙間なく吹き付ける方法が多くなって来ました。この材料にはホウ酸が含まれていますので、鼠に対しても効果的です。ただし、湿気に弱い材料ですので、小屋裏のしっかりとした防湿対策は必要です。

 天井裏にグラスウールを載せる方法では断面欠損が生じやすくなるので、桁上に断熱材を載せる板を並べ、その上に載せる方法(桁上断熱)もあります。

 この方法なら吊木に邪魔されないでグラスウールを敷き込めるメリットが有りますが、そのグラスウールを乗せるための板材と大工手間が施工費に上乗せになりますが、省エネのコストを考えると、すぐに取り戻せる程度です。

 グラスウールでの断熱方法としては上記した天井裏か桁上断熱の方法の2通りになりますが、屋根断熱の場合は、漏水のリスクを考え、プラスチック系の断熱材を使います。

 屋根断熱の場合の断熱材の取り付ける場所は大別して、垂木間、野地板上、野地板を2重にしてその間に挟み込む、
などの3通りがあります。

 まず垂木間は、いわば外貼り断熱というカテゴリーではなく、内断熱と同じ系列の考えになります。
 
 垂木の間に、床下断熱同様の専用の金具を取り付けてはめ込みます。その場合、その断熱材の上にある野地板との隙間が生じないようにすることが肝心です。隙間があるとそこに結露が生じます。
 
 この方法は、この隙間をなくすことは木造では甚だ困難であるため、現在ではほとんど見られない方法になってきました。

 次は野地板の上に載せる方法。この方法は外断熱のカテゴリーになります。

 この場合の最も簡単な方法は野地板の上に断熱材を乗せ、その上に透水シートを貼り、屋根材を葺く方法です。その屋根材は金属製なら断熱材で雨音の吸音効果も期待できますが、欠点は屋根材を葺く時に、足元の養生を丁寧にしていないと断熱材が踏まれ、断熱材の厚みが減ってしまうことです。

 後で手直しが不可能な場所ですので、最近はその断熱材の上にもう一枚、野地板を乗せて野地板を2重にしています。
2重の野地板では、下の野地板で屋根面を剛にできるので、水平方向の強度をあげられるメリットもあります。

 さらにはコスト的に可能であれば、外壁同様に通気層を設けることができれば、野地板が湿気で腐るリスクの減少と、屋根からの漏水も通気層で遮断することも可能になります。

 既存住宅での改修方法は、屋根の外断熱は大規模改修時でもないとなかなか困難ですが、天井裏断熱材の敷き込みもしくは吹き付け断熱改修は対応可能ではないでしょうか。

 とにかく、断熱材の欠損、隙間が生じると、どれだけしっかりした断熱層を構成した場合でも、効果は期待できなくなりますので、そのような現状が生じないよう、くれぐれも最大級の注意を払ってください。



スポンサーサイト

2015/02/17 (Tue) 17:57
ホームページをリニューアルしました

ホームページをリニューアルしました。

まだ完全ではないですが、取り敢えずアプロードしています。

これから徐々にコンテンツを増やしていきますので、これからもよろしくお願いします。

m(_ _)m

2015/02/11 (Wed) 15:07
省エネのための改修-5

住宅断熱改修の今回は基礎断熱。

 木造住宅の場合、1階の床下はベタ基礎の場合はコンクリート、布基礎の場合は土または防湿コンクリートというケースが殆んどだろうと思います。

 床、壁、天井をすっぽりと断熱材で覆ってしまう方法が一般的なやり方です。

 1階の床下は、基礎に換気口や土台下に基礎パッキンなるものを取り付けて床下の湿気防止のために通気のための開口が付けれられています。

 したがって床下という空間は外気と同じ気温になると思ったほうがよろしいでしょう。

 その外気と同じになる床下空間を室内的な断熱方式で取り込んで断熱欠損がより少なくなるように考えだされたのが基礎断熱工法です。

 そもそもこの基礎断熱は冬場の寒さ厳しい東北地方と北海道地方にとっては必要欠くべからざる断熱方法です。

 考えてみれば明らかですが、住宅の基礎部分に開口部があると、その部分から雪が入り込みます。その雪が溜まることで床下の湿気が増え、当然のように床下の木材にも湿気による腐食が懸念されるため、基礎断熱にすることで床下が外気にならないようにしたものです。

 改修方法は基礎の立ち上がりコンクリートに外部からプラスチック系の断熱材を接着剤で貼り付けます。

 その場合、可能であれば上屋も外貼り断熱にすれば、基礎断熱まで断熱材が切れ目なく連続させることができるのでより効果的ですね。

  断熱材の深さは、布基礎なら地中のフーチング天端まで、ベタ基礎でフーチングがない場合は捨てコンクリートもしくは栗石天端まであれば十分です。

 しかしここで注意が必要なのは、プラスチック系断熱材も木材同様にシロアリの餌になるという事実です。断熱材にシロアリに食べられないような処理(防蟻処理)をしておくことが必要です。

 もう一つは上に書いたように床下の換気口や基礎パッキン部分を全て塞いでしまうことが必要です。

 それをしっかりしておかないと、基礎断熱にもかかわらず床下が相変わらず外部と同じ気温になってしまいます。

 これにより基礎断熱改修方法が完成です。

 基礎断熱しておけば床下は屋内とおなじになりますので理論的には床下の断熱は不要ということになりますが、すでに床下に断熱材がある場合は、むしろ床下の土間からの冷気が立ち上がる可能性も否定できませんので、床下の断熱材もある方が望ましいでしょう。

 新築の場合は基礎断熱材を基礎コンクリートと同時に打ち込んでもらいましょう。

 その場合はコンクリートの室内側に取り付けましょう。

 内側であればモルタル等の仕上げ材は不要です。

 ただしこのケースでも防蟻処理と床下の通気口や基礎パッキンは全て不要です。

 内側に取り付けた場合、室内側へ60cmほど同じ断熱材で増し貼りをしてください。これは断熱補強と言って、断熱材の端部からの低温の影響を軽減するための措置です。

 この増し貼りはベタ基礎や内部を防湿コンクリートなどがあるケースでは可能ですが、内部が土の場合でも、増し貼りの部分だけでもコンクリートを打つようにしてください。

 この基礎断熱は、浴室や脱衣室などのように着衣をしていない部屋では効果的です。

 次回は天井、屋根断熱について。

 

2015/02/02 (Mon) 08:53
ご冥福をお祈りします

 懸念していたことが起きてしまいました。
 湯川さんに続いて、後藤さんも無残にも殺害されました。

 犯罪者集団で理屈も理論も通じない連中には何をしても無駄だったようです。

後藤さんは湯川さんを助けるためにイスラム国に入ったと言われています。日本人だから理解してもらえると思ったのでしょうか。残念ならが通じなかった。

 解放に向けての政権の努力は認めるにしても、昨年の段階で拘束されている報告があったにも関わらず今まで何をしていたのかがわからないし、拘束された日本人に危害が及ぶ可能性があったにも関わらず、低能首相はアラブにとっての敵国であるイスラエルで、イスラム国家と戦う国への支援を誇らしげに述べたという浅はかさに対する責任は重いのではないか。

 そういう想像力もこの低能首相には無かったようです。

 日本人なら被害者の家族に気持ちを寄り添う心遣いがあって欲しいと思いますが、やはりどうしようもない低レベルの連中は存在します。その中の一人、デビの特権意識丸出しの発言に、その底の浅さにむしろ哀れささえ覚えます。

 イスラム国の庶民の悲惨さを世界に伝える後藤さんのようなジャーナリストが居て初めて、世界の人は戦争の愚かさを知ることが出来る。その行為を棚に上げて、捕まって大迷惑だから自決しろというあまりにも非人間的な発言に、唖然としました。またそれに同調する軽薄な連中もやはり次々に出現しています。

 こんな連中が闊歩し始めた国が何故、TVで日本は特別なんだという番組が気持ち悪いくらいに数多く作られてきているのか理解できません。

 TVで繰り返しているように日本人は慎み深く礼儀正しく相手を思いやる気持ちがあるというのなら、何故そのような発言が出るのか。

 今ここまで書いてきて気が付きました。デビとそれに軽薄に同調する連中は日本人ではなかったということに。

 湯川さん、後藤さんの無念さを思いやるとともに、ご冥福をお祈りします。

 合唱

 

 

| ホーム |

 BLOG TOP