プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/08/20 (Wed) 08:02
さようならサツキ

昨日、ペット葬儀施設で、オババ猫の葬儀をしてきました。

TS3W0428.jpg
祭壇の前

TS3W0427.jpg
安らかに眠れよ

TS3W0430.jpg
見事な骨 葬儀屋さんも丈夫な骨だと驚いていました。
妻は骨を骨壷に入れる間、泣き続けていましたが、私はこの骨の見事さに見とれてしまいました。

娘から聞き取って歳が20歳だと思っていたのが間違いで、21歳になったばかりだとはっきりわかりました。
1歳、サバを読んで居ました。

葬儀屋で焼きが終わるまでの間、待合室で目にした動物と人間の歳の換算表を見ていたら、猫は20歳で人間に換算すると105歳に相当するそうな。

猫で20歳以上の歳の欄はありませんでしたので、21歳なら人間なら106歳位かな・・

葬儀場の人も、過去に猫の22歳は1体、20歳は5体経験したとの話でしたが、21歳はやはりサツキだけだったようです。

TS3W0431.jpg
さよならサツキ。

夜になると、もう一匹の元ギャル猫も寂しそうに泣いていました。空になったサツキの寝床をじっと見つめていました。

分かるのかな・・・・




スポンサーサイト

2014/08/19 (Tue) 09:03
オババ猫天国へ

今朝、7時50分頃、オババ猫が天国に行きました。

 最後までヨロヨロしながらでもトイレで用をたそうという姿勢を崩しませんでした。
 
 しかし、トイレの箱のなかで倒れていることが増えてきて間近かなと覚悟をしていましたが、突然、妻のオババ猫を呼ぶ声が聞こえ慌てて駆けつけると、臨終マジかでした。

 懸命に声をかけましたが、声にならない声を二三回出して旅立ちました。
 
 家に来てくれてありがとう。最後までよく頑張ったよ。
 
 オババ猫が寝ていた場所が寂しそうにしています。今、元気だった頃の姿が思い出されています。

 長いこと家族でいてくれて、ありがとう。

 俺とは決して上手く行っていたわけではなかったけど、いざいなくなると、こんなにも重く穴が空くのかと驚いているよ。

 ・・・・・・・

 涙がにじみます・・・・・

2014/08/14 (Thu) 08:26
オババ猫

我が家の20歳になるオババ猫が、この一月で急激に体調を崩し、今、後数日という状態になっています。

 わずかひと月前には相変わらず食欲が旺盛で気の荒さも若い頃のままの猫でしたが、あるとき妻が食事を残すようになったと言ってからあっという間に坂道を転がり落ちるように食事も取らず水も飲まず、ひたすら寝てばかりの状態に陥ってしまいました。

 昔とは打って変わったガリガリ状態になり病院に連れて行ったところ、リンパ球にガンが見られるとの所見でした。年齢的にも体力的にも手術は避けたほうがいいとの所見。

 今月いっぱいもつかどうかという獣医の見解を受けて広島、京都、大阪にいる娘共に今月いっぱいは持たないかもしれないと妻から連絡したところ、急遽、全員がオババ猫に会いに遠路はるばるやってきました。京都の娘は幼い長女と生後3ヶ月の乳児を連れてきました。

 オババ猫のお陰でそれこそ十数年ぶりというくらいに家族全員が顔を合わせることが出来て、それはそれで嬉しい事でした。彼女らは一泊して帰りましたが、さつき(オババ猫の名前です) に会えて良かったと言いながら帰って行きました。

 このオババ猫の気の粗さは、娘たちがこれが犬だったら大変だったねというほど。

 私もこの猫の気の粗さを好ましく思えなく、どちらかと言うと嫌いでした。私にも何かちょっと気に入らないことがあるとシャーっと威嚇すること度々。そのくせ腹が減ると早く食べさせろと言わんばかりに大声で威嚇するように鳴きわめ来ます。

 私の電話中でも打ち合わせ中であっても一向に気にしなく(猫だから仕方ないですが)、そのたびに相手が驚くほどでした。

 対照的にもう一匹の元ギャル猫は性格が温厚で臆病なので鳴くこともあまりなく、人が来ると何処かに隠れてその人が帰るまで絶対に姿を見せません。
 
 そんなオババ猫を好ましく思っていませんでしたが、さすがに今の痛々しい状態を目の当たりにすると、毎日、点滴を受けさせることも厭いません。

 昨日は黒い便が出たので驚いたところ、医者からガンの細胞が弾力がなくなった血管を破ったようで長生きした猫の最後の方に見られる症状とのことでしたが、ついにここまで来たかというような話でした。

 それでも便を垂れ流さないで懸命に起き上がってヨロヨロしながらでもトイレにいく必死の姿を見ると、ついつい涙が出て来ます。その姿に、オババ猫の気の強さが出ているようです。

 さつき、よく頑張ってるよな。ほんとうによく頑張ってるぞ。

 ペットロス。

 どうもそれに罹りそうな予感です。いまでも涙が出そうです。


090120_1228~0001
元気な頃のオババ猫



CIMG4025_convert_20140814125955.jpg
やせ細ったオババ猫


 

2014/08/06 (Wed) 11:15
雨はもう要りませんから

九州北部は梅雨が開けて以来、一日中青空が見えたことがないにもかかわらず、このところ立て続けにやってくる速度のノロイ台風の影響で、毎日雨ばかりです。

 これ、梅雨のアディショナルタイムみたいなもん?

 今、台風11号が沖縄の近所にあり、九州直撃の動きをしている様子。

 さっさと行ってくれよ。
 関東地方はカンカン照りらしいから、あっちに行ってくれよ。 と書くと関東地方の人に叱られそうですが、戯言と勘弁して下さい。
 
 こっちはたっぷり水をあちこち貯めこんでいるから、危なくってしょうがない。もう要らねから。

 昨日も一日中雨で、時に土砂降りとなると窓を開けるわけにも行かず、扇風機の風で仕事柄多い紙類が飛んでしまうのでエアコンをかけっぱなしにせざるをエませんでしたが、ここで気になるのが電気代。

 確か去年、経済アナリストからの情報では冷房より除湿にしたほうが消費電力が少なくなるということを聞いたはず。ところが今年は、除湿にするより冷房にしたほうが電気代が少なくなると。

 いったいどっちが本当でしょうか?ちなみにウチのエアコン、10年ものです。もはや効率の悪い機器になっています。

 今日は珍しく午前中は雨が降リませんが、空はどんよりと重い雲が厚く覆っています。午後からは雨だそうな。そこらじゅうベタベタして気持ち悪い。パソコンのキーボードやマウスを操作するときに腕が机でベタベタしています。

 TVによると、福岡は8月に入ってからの日照時間が1.5時間だそうな。

 オーイ、もう雨は要りませんよー

 と、誰に向かって言ってんだか・・・・・ 

| ホーム |

 BLOG TOP