FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/07/30 (Wed) 14:37
何故、人を殺してはいけないのか

長崎の同級生殺害事件の重たい空気が覆っています。動機が人を殺してみたかったという理不尽な言い分に、被害者の家族にとって怒りが幾重にも重なってきます。

 それにしてもまた佐世保ですか。 
 前回は小学生が当事者でしたが、今回は高校生。なんとも納まりの付かない気分にさせられます。

 人を殺してみたかったという動機は、最近殺人を犯した若者の発言を新聞報道で目にする機会が増えてきています。

 以前、何かの討論番組で、出席していた若者から「何故人を殺してはいけないのか」と問題提起され、その発言は社会問題の様相を見せ、当時の有識者の間で話題になりました。

 その若者はべつに人を殺そうという意図があって質問したわけではないのでしょうが、その質問への回答の根底にある常識的な考え方に疑問を持ったためでしょう。

 何故、人を殺してはいけないのか

 この質問に対し、どうのような回答を伝えれば、その若者は納得したのでしょうか。

 当たり前過ぎることだけにどのように論理的に答えればいいのかに窮します。なぜならそういう質問があるということが一般常識的に考えて、今まではありえない話だったから。

 人は人として存在する価値が等しく認められている、その形而上の一般常識が問われています。そしてその形而上の問題を突き詰めていくと、人は人を殺してはいけないという答えが論理的に出るのでしょうか。

 しかし、それでは何故、戦争で人を殺すことは許されて、その行為は罪として問われないのでしょうか。

 世の中が少々きな臭くなって来ている今、佐世保の事件をキッカケにもう一度、「何故人を殺してはいけないのか。」を考えてみましょう。

 
スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP