プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/08/24 (Fri) 08:27
めちゃくちゃ

歴代の無能外交のつけが今、どんどん足元を見られる事態になっています。

尖閣列島問題然り、竹島問題然り、北方領土然り。

尖閣列島は日本が実効支配していますが、それ以外は他国による違法占拠状態の様相です。

竹島問題も、過去の自民党政権時代、韓国の武力による上陸を指を咥えて見ていただけという対応をした自民党が、今、野田豚の弱腰外交をここぞとばかりに責め立てています。

己のことを顧みない恥知らずな連中は、他国領土を自国領と言いはってしまうどこかの国の稚拙さと違いはない。

国際司法裁判所の判断を仰ぐことに対しても、領土問題は存在しないという屁理屈を付けて同意しないという、これまた子供の喧嘩のようなもの。おまえのカーチャン、でーべーそ!と言っているような感じ。
あまりの幼稚さにどうにも白けてきますが、それと同様の問題が尖閣列島。

歴史的に日本領土ということは事実のようですが、この周辺に石油が大量に埋蔵されているらしいという調査結果が出てから、慌てて俺らの領土だと言い始めたのが何でもかんでも力づくで相手を押しつぶしてしまう思想しか持ち合わせていない中国。台湾も何故か同じ事を言い始めました。

これに対する日本の主張は明確ですが、領土問題は存在しないという。

え?それって竹島でわがまま放題、幼稚な理屈を振りかざしている国と同じじゃんと思ったのは変でしょうか。

面倒くさいからこっちも国際司法裁判所にうったえてケリつけたらどう?
中国は賛成するでしょうが、其の裁判で中国が負けたらどうするのかな?

それでも我が領土だと言いはるのでしょうね。なにしろ国際法も何も無視する国ですから。
国際的に敗北でも武力で奪う行動を取る可能性もありでしょう。
信用出来ない国だし。

最近、沖ノ鳥島周辺でレアアースが豊富に含まれている土壌が海底に存在することが発見されましたが、これも彼の国は我が領土だと言い始めるのかもしれません。

今や自国だけの理屈では生きられないということを知らない民族のようですから。

実に面倒くさい民族に囲まれているなーと。

そう考えると、日本はまるでアラブ諸国に囲まれているイスラエルのようなものに思えてきました。

大きな違いは、イスラエルはアメリカにとって政治経済に大きな影響力を持つ国なので、何があっても守る国。
方や同盟国とはいえ、所詮アジアの片隅の国。利用できなくなれば切り捨てるだけ。

アメリカの本性を見極めて、いつまでも国際的にもアメリカの金魚の糞的認識を持たれていることからの脱皮を図りましょう。

話は飛びますが、あの姑息な橋下がよりもよってあのぽんぽんが痛いのといって政権を放り投げた究極のおぼっちゃま君の安倍に党首就任を打診したとは、姑息者同士、類は友を呼ぶの好例。

新聞を読んでて思わず吹き出しました。

これが本当の噴飯物です。

もう過去の恥をかなぐり捨てたなんでもありの世界です。

恥知らずが日本のリーダーを気取っていることに危なさを感じます。

スポンサーサイト

2012/08/20 (Mon) 08:36
不要な長崎新幹線

長崎新幹線の工事が始まりました。

5000億もの税金をつぎ込んで、博多ー長崎間は現行より20分の短縮。

凄まじいまでの無駄遣い。
たった20分の短縮が5000億掛かるって、これが民間の企業ならありえない話。

税金だし誰も懐は痛まない(国民の血税だってこと忘れてるか?)しと。

これまた無能官僚どもは一旦決めた事業じゃけん、中断するのは俺らが企画力が無いということをさらけ出すことになるから何が何でもやっかんな、という意向で、いままで決まった公共事業が中止になった試しがなかった。

あの民主党政権に変わって、政治主導とかいうシンボリックな公共事業として中止になったはずのダムも、野田豚になっていつの間にか復活しましたものね。

そりゃま、この豚には自民党の腐敗臭がプンプンしているから、官僚主導の公共事業を次々に実行していく事になります。

話を戻して、わずか20分の短縮のために5000億円もの税金がつぎ込まれて、誰が喜ぶのかよく見極めましょう。

この新幹線もどきはフルではないので、山陽本線に乗り入れはできない。だからあくまでも長崎ー博多間だけの利用で、それより先は博多で乗り換えが必要になる、
新幹線とは呼ぶのにも恥ずかしくなるような代物。欠陥線とでも呼びゃいい。

これが実現して喜ぶのは、佐賀県知事、長崎県知事、長崎・佐賀の**族と言われる政治屋ども。
要するに自分の実績として後世に残せるという名誉欲だけのための5000億です。

福岡居住以外の長崎出身の者には、こんな欠陥線は必要ない。

300km/hのフル新幹線なら40分程度だそうです。
おまけにそのまま博多以遠にも乗り換えなしで行ける。それならば価値があります。

フルでない長崎新幹線など要らない。

2012/08/15 (Wed) 10:30
盆の中日

昨日、長崎に妻の家族と私の父の墓参りに行きました。

盆の中日だからそれほど混んじゃ居ないだろうと思っていましたが、高速に入るところからすでに渋滞。

あれま、こりゃ先行き不安だなーと思いつつも高速道路って逃げ道が無いので仕方なしに、妻も乗っているのでいつもよりは穏やかに運転。

混んでてスピードは出せなくとも順調に流れていましたのでそれほどストレスにもならず、鳥栖で長崎道路へ。
この長崎道路もさすがにいつもよりは混んではいましたが、100k程度のスピードが出せました。

途中のPAで小休止。
流石に大渋滞。しかし誘導するガードマンの指示に素直に従ったら、すぐに停車できました。

ついてるなーと妻と話しながらトイレへ直行。
外には沢山の人がいましたが、トイレ内は意外にガラガラ。
用を足して、さてとと振り向いた所、トイレの入口は大行列。

わずかの時間で並ばなくて済み、いやはやラッキー。

その後も何故か高速道路での渋滞にも巻き込まれず、まずは妻の方の墓があるお寺に向かいました。

予想どおりコインパーキングは満車。
妻を先におろして空いているところを探しながらのろのろ走らせましたが、えーいままよとそのお寺の駐車場へスロープを登りました。
このスロープ、車一台がやっとの幅にもかかわらず対面。

向こうから下ってくる車があったらどちらかが(もちこの場合は上りが優先ではありますね)横のくぼみに寄せないとすれ違いも出来ないところでしたが、幸いにも下ってくる車もなくお寺の駐車場へ。

ここもいっぱいの状態で、空いてなきゃUターンです。
弱ったなーと思っていた所、停めにくい端っこに二台分の空きが見つかりました。
ラッキーとつぶやき駐車した所、残りも一台も直後にふさがりました。

その後も次々と車が来ましたが、もう空きがありません。
仕方なくUターンする車とやってくる車とが入り口で大渋滞。

今日はついてるなーと思いながら、妻と合流して墓参り。

長崎の古い墓地は長い階段を延々と登り続けます。
それだけでもヒーヒーものですが、汗は吹き出すし踏面は石の凹凸が激しく不安定だしで、足腰の鍛錬になるっちゃなるんですが、おじさんおばさんにはとてもとても辛い。

横でヒーヒー言いながら登る妻を小脇に抱えてエッホエッホと登りました。

墓地掃除では汗が体中から吹き出して、上着も絞れるほど。

こりゃあ車の中は汗臭くなるなーと、着替えを持って来なかったことを後悔。

私の父の墓地は春徳寺にありますが、墓地の横に車が横付けできるという至極利便性の高いところにあります。
長崎港も一望できますので、死んだら入ってもいいかなと思いつつも、長崎にわが子どもは墓参りに来ないだろうと思うと、さてさてどうしようかと妻とも協議中。

帰りの高速も佐賀大和過ぎまでは快適に飛ばせましたが、いきなりの大渋滞。
あれま、もうUターンラッシュかいなと、2キロを30分以上かかる超のろのろ運転。

こんなに渋滞してんなら、道路公団も入場制限しろよと、自分は高速に入っているのも棚に上げて文句。

この調子だと、着くのは20時過ぎそうだなと懸念していたら、其の渋滞がの原因が事故だと判明しました。

BMWが何故か走行車線側のガードレールに直角で頭から突っ込んでいて、ボンネット部分がぐしゃぐしゃ。
あれま、どういうことでこうなったんかいなと妻と話しながら徐行運転していたら、前方に運転席側が完全に潰れたRV車が有りました。

其の現場を過ぎたら高速運転が出来たおかげで、予定より1時間遅れで我が家に到着。

そんなこんなで、昨日はささやかなことですが、いろんな事で着いているなーと実感できた一日でした。

幸せのハードルが低いと少々のことでもラッキーと思えますよ。

みなさんも実践しませんか。


2012/08/11 (Sat) 08:51
隣国の行状

長い間スポーツ記事に困らない話題を提供してきたオリンピックも終盤。

期待はずれも期待通りも有り、それはそれで楽しめましたが、真夜中の実況に付き合う根性もなく、朝起きて新聞やTVのニュースで結果を知るばかり。

女子サッカーは残念でした。
ワールドカップでは神懸かり的な勝利で日本中が沸きましたが、今回はその神がかり的なことは起きませんでしたね。
しかし、アメリカとほぼ互角に試合できていたということは評価に値できます。

逃しましたが、岩渕の絶好のシュートチャンスも、これはこれで魅せました。

男子サッカーは銅メダルを闘う相手が韓国。女子バレーも同じく韓国。
やれやれ、またあの韓国かと思っていたら、其の国の大統領が自国領だと言い張っている竹島を訪問。

これに対して日本政府が駐韓大使を召喚しました。

いつまでたっも反日が消えない国に囲まれているこの国の、近隣諸国に対する外交姿勢に問題があったのだろうとしか思えませんが、何度謝罪しても謝れを繰り返すばかりの国って、どう対処すればいいのか戸惑うしか無いのも事実では。

第二次大戦の同じ戦犯国のドイツが、戦後の近隣諸国に対する姿勢が評価され、フランスなどと今は良好な関係が表面的には構築されています。

それはヨーロッパというエリアの諸国が大人の姿勢を見せる民族性も有るのかもしれません。

かたや韓国、中国は、このままでは永遠に反日で手を結ぶのでしょう。
何時まで経っても大人になれない民族にしか見えないのは私だけでしょうか。

確かに戦犯国としての終戦後の体外姿勢に問題があったかもしれませんが、終戦時の国家間の約束事として、様々な戦争被害に対する国家賠償は求めないという事になっていたはず。

これは国と国の約束事であるにもかかわらず、感情的に激高しやすい彼の民族は、其の約束事を無視するような強硬姿勢を見せています。

西側陣営の一員として韓国も同盟国のはずでしたが、根に持ちやすい民族性や北朝鮮との同民族というシンパシーと、戦争前までは中国の属国という立場に民族的な遺伝子が刷り込まれているような近年の中国の恫喝に対する軟弱さを見ると、同盟国として信頼できるのか疑わしいものです。

今回の行動も、歴史的に見て彼の国の大統領は政権末期のレームダック状態には必ず対日強硬姿勢を見せます。先のムヒョンの時には、アメリカ軍との合同演習の際に日本を仮想敵国とすることをアメリカに提案したという。

これにはさすがにアメリカも面食らったそうですが、それほど彼の国は我が国に対する恨みつらみが根深いようです。

私は出身が長崎ですし、子供の頃から韓国人や中国人も同級生に居ましたました。そのためか、近年まで、この両国に対してなんの反発心も、そしてシンパシーも持っていませんでした。一般の日本人と同じ程度でした。
それが、近年、様々な彼の国の行状を見るにつれ、なんだか妙な国だなと思うようになりました。

確かにこの国は戦争をおっぱじめた国ですし戦争責任も取らずに死んだ戦前の元首もいました。
そのことに関して私なりにこの国の対外姿勢に疑問も持ち続けていましたが、この国は其の反省からか韓国や中国に対しるODAという国家賠償金に変わるような国に対する援助金を長年続けてきていることを知りました。

このことは学校教育でも教えられず、ある程度成長してから情報として知ったことでした。

それにもかかわらず、韓国や中国は、反日教育を国是にしています。

反省スべきことは反省スべきですが、この様なことは何故しっかりと反論しなかったのか。
この国の事なかれ的外交姿勢に問題があると思います。

そのような姿勢が足元を見られ、今回の韓国大統領に行動に現れています。
どうせ何も出来やしないと。

せっかくの日韓戦のオリンピックが、彼の国のお粗末な行動で、政争の具にならなければいいがなと懸念しています。

2012/08/01 (Wed) 08:47
オリンピックの報道にみえるナショナリズム

オリンピックでTVが盛り上がっています。

しかし、あれだけ事前に持ち上げた男子体操が不可解な判定で銀メダル。女子柔道も惨敗。

と大騒ぎしていますが、なんだかマスコミが煽りすぎて選手に余計なプレッシャーを掛け過ぎたんじゃないかと思っていますが。

同じように4年に1回のワールドカップならこれほど事前に煽らないでしょう。

これがオリンピックになると異常なくらいにナショナリズムを前面に出し、メダルの有望選手をメディアに露出させてヨイショしまくる。

選手も煽てられるものだからいい気持ちになって金メダルしか考えていないなどと豪語し、それでまた番組内で盛り上がるという悪循環。

その結果が今、惨敗のニュースを我々が目にしているわけです。

たかがオリンピック。
ワールドカップとどう違うのか。

マスコミの報道の仕方のせいで、オリンピックは国を背負っているような気にさせられるのでしょう。新聞でも各国のメダル数とか載せていますものね。

でもおかしいと思いませんか。
国が採ったわけじゃなく、其の選手がとったわけだから。

競泳の初出場の若い女子選手が銅メダルをとった時、国に貢献できたと思いますとのコメントが出ました。

正直かなり驚きました。
こんな若い子でも、こんな思いを持つんだということに。

女子サッカーも、ワールドカップで世界一になってもオリンピックで頂点に立って真の世界一と呼べるという気持ちでいるようですが、そんな思いが余計なプレッシャーになってしまうのじゃないかと懸念しています。

其の余計なナショナリズムを全面に出した結果が男子体操のミスに象徴されています。

私が見ても内村の鞍馬は失敗としか見えませんが、これが抗議で銀メダルになっにしてもすんなり喜べない気持ちを持たされたのは残念です。

今、尖閣列島問題で中国が傲慢な姿勢を見せ始め、そのあまりの傲慢さに対中国開戦という可能性もゼロではないと思わされます。

中国は西欧列国の植民地や日本から侵略を受けたという長い屈辱の歴史の反動から、経済大国となった今、軍事力でフィリピン、ベトナム、インド、日本と睨み合い、自国の領土を拡大させ資源を独り占めしようという中華思想で威嚇するような国になっています。

自国を愛するナショナリズムは必要としても、こうした他国との対立を煽り立てるようなナショナリズムは、石原のような極右にとって戦争開始の口実を与えかねない。

無能野田豚の毅然とした態度を取れないってことも問題かもしれませんが。

このように取り扱いの難しいナショナリズムを異常に煽り立てるオリンピックの報道のあり方に疑問を持ちます。

ワールドカップなみの意識でいけませんか?

そのほうが選手に余計な意識を持たせなくて本来の力を出せるんじゃないんでしょうか。


| ホーム |

 BLOG TOP