プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/06/27 (Wed) 13:43
厚顔無恥の男

野田豚がなりふり構わず提出した消費税法案が衆議院で可決になりましたね。

しかしこの男の無能さもさることながら、小沢の卑劣さにはあきれます。

マニュフェストに書いていないことをやるのは、国民との約束違反だ。正義は我にありと。

ガソリンの暫定税率廃止がそのマニュフェストにあったにもかかわらずこの男の鶴の一声で廃止がなくなったってこと、ご本人はお忘れとみえます。

各社の新聞に書いていると思いますが、この男のご都合主義にはあきれるばかり。


私がとっている新聞の一つに朝日がありますが、朝日はいままで社説で消費税増税は必要と書いてきています。

ところが法案が可決になった今日、その朝日新聞に、増税で生活は縮むという記事が載っていました。

これっておかしくないですか?

消費税の増額に賛成していながら、衆議院で可決になったら税金が上がったために生活が苦しくなるぞという記事を載せる神経がわからない。

生活が苦しくなると言う記事なら、法案が審議されているときにいくらでもかけただろうに、それでも税アップを支持するという新聞社の姿勢を見せるべきなのでは。

今この期に及んでアップしたら苦しくなるという具体例を大々的に書き連ねるとは、社内でも民主党と同様、賛成派と反対派がいるのかね?

そんな新聞記事を乗せる新聞社って、信用できますか?

正直、がっかりしました。

渡辺の独裁によってまっとうな記事が歪められている読売や極右偏向新聞のサンケイ、創価学会に牛耳られている毎日に比べると、全国紙の中でもまだ安心して読めると思っていましたが、今日の記事は、なにこれ?

ブロック紙ではありますが、朝日に比べると今いち深みにかけるなーと思っていた西日本新聞のほうが、スタンスにぶれがありません。

こうしてみると、マスコミも記事を正確に出しているのかどうかを疑うべきだと学ばされます。

渡辺のような独断専行型の経営者がいるような新聞社やその系列のTV局のニュースがどれだけ正確に報道しているのか、信頼性が置けるのか疑問に思えるのは当たり前。

自民党が政権党のときには、読売はまさに自民党のプロパガンダ紙でしたね。
渡辺は自民党の応援団長的な立場にいましたから。

サンケイにいたっては自民党右派の機関誌のようなものでした。

しかし、己のしたことを棚に上げて正義面する厚顔無恥な政治屋にか力を誇示し、新聞も保守体制寄りの新聞社が読者が多いというこの国の風習は、永遠に続くのでしょうね。

できることは、何が真実なのかをしっかりと自分の考えを持って情報に接するべきだという思いを強くしました。

情報は今や簡単に目にすることができます。また、掲示板に様々な玉石混交の情報がばらまかれています。
そのどれもこれもが真実なのかガセなのかは、とっさには判断できません。

ほかの信頼おけるメディアからの情報を合わせて、自分なりの考えを構築することが肝要ですね。

ガソリンの暫定税率の廃止を蹴飛ばして正義は我にありとうそぶく男が、大震災の時に被害者を励ますような活動もしないでひたすら放射能が怖いと逃げ回っていた男が、果たして本当に信頼がおける男なのか、よく見極めましょう。

特にこの男の選挙区の方々。

もひとり加えるなら、民主党が野党時代にはTVできれいごとばかり言い続けてきてまるで正義の味方のようなパフォーマンスを見せていましたが、付け焼刃のメッキが剥げてきて、採決に欠席した小沢一派の佐賀県出身の原口の選挙区の方、よく考えましょう。



スポンサーサイト

2012/06/23 (Sat) 08:23
野田豚と小沢

小沢が消費税法案に反対を表明し、新党立ち上げも視野に入れ、野田豚をこき下ろしては正義は我にありとうそぶいている様子。

家庭内の問題を週刊誌に投稿した奥さんもいかがなものかと思いつつも、この男が地元岩手の大震災の時にいち早く駆けつけ、一日も早い復興のための陣頭指揮をなぜ採らなかったのかしらと訝しがっていたら、離縁状を叩きつけた奥さんの記事で、この男の卑怯さ小心さが顕になりました。

自分を長年応援してくれた地元の人達を勇気づけることよりも放射能怖さに逃げ腰だったとは。
なんという男らしさにかける卑怯者かと呆れるばかり。
やっぱり政治屋そのもの。それ以外にこの男につける言葉はない。

しかしそのような男にヘコヘコとお追従している選挙しか考えない民主党の有象無象の政治屋議員どもも、物事のまっとうな判断がつかないということを自ら表しているようなもの。

増税反対の意見は個人の主張としては当然のこととして、よりもよって小沢に尾っぽを振ってくっついてまわるとは情けないの一言。ただただ小沢の持つ金が目当てでしょう。

次期選挙にはこの連中の名前を表沙汰にして落選運動でもしたほうが日本のため。
と言うより、卑怯者小沢そのものを落選させるべき。

それに加え、野田豚も自民党に擦り寄り、官僚に顎で使われるような体たらくです。

その昔、当時の社会党党首村山富市が首相になった折、それまでの党是をあっさり放り投げ、自民党に擦り寄った結果、社会党の存在意義が失われ、支持者から見放されて今のような存在価値のない社民党という政党に成り下がった事実を見ると、自民党に擦り寄った政党が勢力を失って消えてなくなるというこの歴史的事実が存在します。

数年後には社会党の勢力を損なった原因を作ったにもかかわらずそのことに対する反省も責任も感じず、ひたすら世間の情勢というレトリックで己を正当化している村山と同じような態度をとるのでしょう。

野田豚は村山のアナロジー。

本人の意図はともかく民主党滅亡の途をひたすら走り続けている野田豚は、議員時代は国民との約束したことは命がけで守ることが政治家としての使命だなどと綺麗事を街頭で演説している映像が残っていますが、この演説そのものが単なる表面ヅラでしか無かったことが、今回の消費税増税のためなら国民との約束事のマニュフェストを破棄しても構わないという姿勢とであらわになりました。

こいつの命がけって、実に軽いものだということ。

まあ、野田豚にしても小沢にしても、わたしから見りゃどっちもどっち。
日本の将来のためには消えてほしい連中。

この二人ほど、あることわざが当てはまる奴はいないと思いますね。

あの

目くそ鼻くそを笑う

2012/06/20 (Wed) 16:50
塞翁が馬

今日は梅雨入り後、久しぶりに雨もふらず、かと言ってスカッと晴天というわけにも行かない、どことなく、ホレもうすぐ雨が降るぞと、お天気さんに脅かされつつ、湿気きった室内や車の中も空気を入れ替えられました。

先日はドカ降りの大雨の中、改修工事の調査でビルの屋上に上りアチラコチラ採寸するためにうろつき周りましたが、傘の効果もなく、くせっ毛の私の髪が雨に打たれてクルクルし始めたのはわかっていましたが、3時間あまりの調査が終わる頃には、すっかりあちこち跳ね上がってしまいました。

せっかくジェルで固めたのに・・・(T_T)

くだんの屋上は、築40年経つにもかかわらず、今まで一度も屋上防水の改修をしたことがなかったとのことでしたが、いままでこんなの見たことがないというほど。

伸縮目地棒はアチコチで跳ね上がっており、雨水側溝には泥が溜まって雑草も生え放題。防水押さえコンクリートもアチラコチラが跳ね上がって段差が生じて雨水の勾配が無くなってしまっている。

見る限りではアチコチに結構な水溜りも見られます。

さぞや雨漏りがひどいだろうと聞き取りをしたところが、予想外に室内の雨漏りは皆無ではないにしても、それほど大事になるほどではないとのこと。

おまけに設備の機器やエアコンの室外機、なんだか分からないダクト上の配管などがゴニョゴニョ這いずりまわっていて、それを支える途中の支柱も錆び放題。

今回は防水の改修だけなので、こうした錆だらけになった支柱までは手が回らないとのこと。

それはまあ予算あってのことですので、依頼先がその見解なら仕方がない。

あとは塗膜防水にするかシート防水にするかの比較検討資料を作って、決めてもらうことです。

しかし、雨に濡れたタラップは、手が滑りそうで緊張しました。
誰も居ないところで手を滑らして転落したらエライコッチャになるので、必死にタラップの鉄筋を握っていました。

こんな時は握力が欲しいものです。
日常的にマウスより重いのを持たないので、筋力がすこぶる落ちていますものね。

ヘロヘロになって事務所に戻ると、設計事務所をしている高校の後輩から電話。

近況報告で、彼はそれまでは事務所を借りていましたが、仕事が激減したので自宅に戻り、スタッフも辞めてもらったとのこと。

なんだか寂しい話だなーと話しつつも、そういや私は、ずううっっっと自宅で事務所をしています。
スタッフも雇えるほどの仕事が来たこともなく、人を雇うならば夢を持ってもらえるような仕事であって欲しいと思っていましたので、なかなか人に来てもらうということはできなかったということのほうが正しいかも。

こんな私にでも数年に一度は、スタッフとして雇って下さいと言ってくる若者がいます。
そんな時は驚くやら何やら。
えっ!なんで俺のところに?と正直に思ってしまう私がいます。
丁寧にお断りしていますが、後ろ姿に、頑張れよ、と無言のエールを贈っています。

ととと、脱線した。

話を戻して、後輩の彼に掛ける言葉は、毎度のことながら、

人生万事塞翁が馬

幸不幸も気の持ちよう。
幸せのハードルが低いと、ちょっとした事でも俺ってついてるなーと思えるんですよ。

2012/06/15 (Fri) 08:16
官僚の生活が大事

野田豚政権は、ただただ己の立場を鮮明にしたという消費税増税を実現するために、自民党の言いなりになって民主党が国民と約束した政策を棚上げという名の、その実は放棄して猪突猛進ならぬ豚突猛進しています。

原発問題にしてもしかり。
これは自民党の言いなりというより、官僚や原子力村の連中の言いなりになって、福井の大飯原発を再稼働させることだけにとどまらず、全国の休止している原発を再稼働させる目論見もあらわにしました。

原発を徐々に減らすという当初の方針はどこに行ったのか。

これも民主党という「国民の生活が大事」という先に選挙でのコンセプトをかなぐり捨てて、ひたすら己にとって都合のいい方の意見を取り入れています。

記者からの問いかけにも一切答えず、ますます醜く膨れ上がった豚面で、人相(豚相?)がますます悪化してきています。

福島原発事故に関する責任を、東電のそれまでの原発の耐震性能への対処がどれほどずさんだったかを改めて検証もせず、東電側の言い訳に組みした評価を下しました。

しかも原子力安全委員会 http://www.nsc.go.jp/annai/iin.htm 会長のデタラメさは、原発は爆発しないと言い切ったにも関わらず爆発した後に、頭を抱えるばかりでなんの解決策も見出さなかったという無能さ。

しかもこのメンバーは原発関連企業からの献金を受け取っているという原発推進派ばかり。
そんな連中の安全宣言など信頼性が置けないことははっきりしています。

この安全委員会の連中や東電元経営陣、経産省官僚に類が及ばないように、事故の一切合切の責任を菅前総理に押し付けようといる図は、その昔、姉歯問題で当時の官僚に責任が行かないように、ただイーホームズだけをスケープゴートにして倒産させることに成功した当時の国交省の事務次官の暗躍と共通したものを感じます。

この事務次官は、そのご褒美に自民党公認を得て、東北方面の衆議院議員選挙で当選しましたね。

そんなことは自民党政権時代の悪政の数多ある中の微々たるものでしょうが、悪政の極みが目に余ったからこそ民主党に期待したはずなのに、この野豚男は、民主党という政党より、官僚、大企業を中心とする経済界、自民党、による協力を求めることを選んだ。

こんどは自民党と民主党の悪政のはじまりなのでしょうか。

それにしてもこの首相。
国民の生活が大事と言いながら原発は再稼働させるは、国民の生活が大事と言いながら消費税を増やす。

国民の生活が大事と思うなら、各政党に税金をばらまく実態、議員の国際的にも高い給料、選挙でど田舎の一票が都会では2票以上になるという不都合さを何故先に是正しないのか。

消費税は、海外拠点を持つ国際企業にとってはむしろ補助金みたいになっているというからくりを新聞記事で目にしましたが、そのような実態を放置したままなんか。

実に有害極まりない、無能の極みの豚男。
官僚の生活が大事という姿勢を見せてくれています。

能なしならせめて瓜二つの上島竜兵なみに、帽子をクルリンパという芸だけでも身に付けろよ。

そして二度と国会議員にならないことを祈る。

と言っても、選挙区の人はオラが町の総理と言うだけで、これだけ無能でも選ぶんでしょうね。

鳩山もきっとおなじような理由で再選されるんだろうね。

いままでこんな例が嫌というほどありますものね。

何度選挙をしても、結局は同じような顔ぶれしか出てこないんですものね。

昨日も、TVのニュースで、自公民連中が深刻そうな顔をして協議をしていましたが、連中、勉強はできたんでしょうが、どうみたって頭脳明晰に見えないのは何故かしら。

やっていることが国民サイドに立っていないからでしょうね。

2012/06/09 (Sat) 09:03
野田豚政権

野田豚が福井県の大飯原発再稼働に関して官僚の言いなりの作文を読み上げた記者会見をしましたが、この男のやっていることは、政権交代なんか何も意味を持たなかったどころかますます官僚の力が強くなったことを示しました。

この男が首相になった時、無能っぽいと書きました。
その予想がいい方にはずれることを期待も少々しましたが、残念ながら全く予想どおりでした。

昨日の記者会見の内容にしても、数日前に大飯原発がある地盤は地震による変動が生じる可能性があるとの研究グループの報道があったにも関わらず、この報道に関して一顧もせず、厚顔無恥にも地震対策や津波対策は充分とっていると述べていました。しかし、それでも何かが生じたらそれは電力会社の責任だと。

おいおい、お前が再稼働を認める責任者だろうが。
責任取れないんなら、再稼働を認めるなよ。

つくづく分ることは、官僚と経済界の言いなりになって国民を苦しめる政治を自民党時代に散々やってきたはずなのに、この男のやることは自民党のアナロジー。

何も自己責任で決められない官僚の言いなりの豚は、自民党に帰れ!

この男の頭の中には増税しか無いようです。

確かに、戦後の悪政と官僚保護、大企業保護で、赤字垂れ流しの財政問題を先送りばかりしてきた自民党にそのほとんどの責任が有るにしても、今度は増税一本槍で、低所得者に対する救済措置も何もなし。

生活保護を申請したほうがよほどマシだと思うことも度々であっても、身内に恥知らずのお笑い芸人はいないし税金で生活を保護されることに対する恥もあり、低所得であっても歯を食いしばって生活保護を申請しない人も多いはず。

聞いた話では、生活保護を認めてもらうのはなかなか大変だそうです。

北九州市では、過去に生活保護申請が窓口の担当者の心ない対応で受け付けてもらえず、食事も満足にできないで衰弱死した人が出た報道がありました。

この様に生活保護受給者がが多い自治体は国から何らかのペナルティーが来るせいなのかどうかわかりませんが、なんだかんだ屁理屈つけてなかなか受け付けてくれないそうです。(しかし某カルト教団信者は、そのカルト教団のボス私党である政党を通すと、生活が困窮していなくても簡単に生活保護が受給できると言うことを、不動産屋経営をしている学校の先輩から教えられました。そうすると、恥知らずのお笑い芸人もその親もこのカルト教団信者かな。)

そんな低所得者層への配慮は欠片も見せず、ただただ財政再建が目的だけで無様に膨れ上がった顔をダブつかせながらブヒブヒ言いながら突っ走っています。

小沢のような政治屋であっても増税前の無駄遣いを改善するのが先だ、という見解には同調します。

それにしてもこの政権の見え透いた官僚同調志向は呆れるほど。

東電の電気料金値上げのための公聴会も、いくら反対意見が出ようが風見鶏の枝野が値上げを認めりゃお終い。要するに東電が潰れたら天下り先が減るので、官僚も必死。

つまるところ、この公聴会も所詮、ガス抜き。

民主党という自民党と違って、なにか期待できそうな政治をしてくれるという膨らんだ期待も、見事なまでにあとかたもなくなりました。選挙で、民主党が存在できないほどに惨敗することは予想できますが、そのことを心配した岡田が、総選挙の時期を延ばすような発言をしましたが、この男もこの体たらくに至ったことを心から反省し、官僚や大企業に対してではなく、国民にほんとうに必要な政治をやり直そうという気概を持っていないことが分かります。

この野田豚政権は歴史に残ることでしょう。

政権交代をはたしたが、国民の期待を裏切り続けた、今は無き民主党の最後の政権として。

そして 、消費税増税や原発再稼働推進など、民意をことごとく無視してきた官僚主導政党だったとして。



2012/06/04 (Mon) 08:47
My Voice

このところ立て続けに自分の声を聞くはめになりました。

重要な打合せなどの会合で、いままでは必死にメモ書きで対応していましたが、当然のごとく書くスピードよりスピーチのほうが早い。

そうなると書き終わる頃には大事な内容が漏れていたりするリスクが多く、これじゃまずいなということからICレコーダーを購入し、テーブルの上に置くかポケットに忍ばせて録音することにしました。

もちろんポケットに偲ばせている時にも了解をとっていますよ。(^^)v

打合せなので、相手の声とともに私の声も入っています。
もちろんメモ書きも。

後で確認の意味で再生しながらメモ書きの内容をチェックしますが、その時、いやでも自分の声が耳に入ります。
これがなんとも、こんな声だったかと思うような気持ちの悪いこと。

普段自分で自分の声を聞いている時とまるで違い、なんとも表現のしようのない、はっきり言うと嫌いな部類。

えぇっ!俺ってこんな変な声だった?キモチ悪っ!とぼやくと、妻がボソッと
その声を何十年も聞かされた私はどうなるのよ

そらまっこつすまんこってした
と、謝っても仕方ない。こんな声しか出ないんですから。

そういえば、電話で数年ぶりにおばさんフレンドに電話すると、「もしもし」というだけで誰からかかってきたのかすぐわかっていました。その時は何故かな、そんなに俺のことを思っていたのか、ムフフ(^^)v
と勝手に思い込んでいましたが、この声のせいだ、ガッテン、とボタンを三回タンピング。

しかし、声質とともに、やはり滑舌が悪い。
自分で自分が何を行っているのかわからないくらい。
よく他の人は聞き取れているなと改めて感心するやらなにやら。

いやはや、これは困りました。

ま、せめて滑舌だけは良くしようと、今更ではありますが、タンの動きを良くするトレーニングし始めました。
いやなに、早口言葉を練習するってことだけなんですけどね、思いつくのは。

青巻紙赤巻紙黄巻紙
裏の竹やぶ竹焼けかけた
東京特許トカキョク(か、漢字が分からん・・)
(後日記:「東京特許許可局」でした。本当はこんな局はないそうですが、トウキョウトッキョキョキャキョクって言い慣れていたものですから間違えました。m(__)m)

などなど

英語では
She sales sea shell
ってのがあるそうですが、違いがさっぱりわかりません。

でもこんなんで滑舌が良くなるんかいな。
声もボイスチェンジャーを通そうかな。
なんだか良からぬ人みたいになっちまうなー・・・・・



| ホーム |

 BLOG TOP