プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/01/31 (Tue) 10:20
写真騒動

父の月命日に墓参のために毎月長崎に帰っています。

父が危篤という連絡があったときは23時頃でそろそろ寝るべと思っていた時分でしたが、そんな電話をもらっても高速でも片道2時間近くかかる距離では臨終に間に合いそうにないうえに焦って運転するのは危険なのでやむを得ず翌日に納棺された葬儀場に向かいました。長崎在住の次兄も臨終に間に合わなかったそうで。
つまり父が亡くなった時は家族の誰も立ち会えなまま、たった一人で逝ってしまいました。それにたいして父にすまないという気持ちがずっと残っています。その意味でも、月命日には墓参するようにしている次第です。

通常は墓参りが終わったらまた福岡にトンボ帰りしていますが、この前の墓参りの時、母から家に寄れとのお達しがあったので、久しぶりに実家に向かいました。

なかなかなつかない二匹のワンコども(まあ、めったに合わないから仕方ないんですがね)がワンワン吠えると私が来たことが母にわかります。

長崎の実家はご多分にもれず、西山という山の中腹で階段を延々と登り続けてようやく辿り着くような場所にあるので、眺めはいいんですがなにぶん車を横付けできないので荷物がある時なんかは大変です。

なんの用かとおもいきや、私の赤ん坊の時の写真が見つかったので持って帰れとのこと。自分の赤ん坊の写真なんて要らないし見たくもなかったんですが、ゴッドマザーのゴキゲンを損なわないようにありがたくハハーッと頂戴つかまつりました。

むかしむかしの写真ですからもちろん白黒だし、セピア色になっています。なんだか歴史のヒトコマを見るような妙な気分にさせられます。
一歳になるかどうかのよだれかけをして笑っている写真を見ると、あー、こんなに汚れのない時分もあったのかと、今の我が身を振り返って、長く生きていると顔も体も気持ちも全てが劣化してしまうのだという事実を突きつけられて、やっぱりあまり嬉しくないものです。

こんな赤ん坊の時には希望に満ちた未来が待ち受けているはずだった・・・

持ち帰って妻に、笑えるのがあるけど見せようかと思わせぶりに前口上を言って目の前に出したところ、大受け。その後、何十年も生きていると人って劣化するねと私の顔と写真を見比べてしみじみとのたまいました。

生まれて1年もしていない頃と前期高齢者になってきた今の間がずっパリと断絶しているような実感で、徐々に変わっていく段階を踏まないでいきなりタイムカプセルで今の時代に来たようなものです。

罪作りな写真騒動です。
今、その写真は机の引出しの奥深くにしまい込んでいます。

せっかくだから私の葬儀用の写真に使ったろかいな。






スポンサーサイト

2012/01/27 (Fri) 08:23
有機EL

有機ELが注目され始めました。紙のように薄くて曲がる素材がTVになったり発光したりする製品で、究極のTVと言われています。

今は我が国ではTVといえば液晶ですが、近い将来はこの有機ELに取って代わると言われています。
画像の綺麗さは液晶をしのいでいるので、おもちゃのような3Dは席巻されてしまうだろうと。

まあたしかに、今売られている3Dって何がいいのか全くわからない。電気屋さんで試しにメガネを付けてみても、僅かの間に目が疲れてとてもじゃないけど長時間見続けられるものじゃない。眼鏡なしで見れる製品もあるということですが、実体験していないのでなんとも言えませんが、まあ見る気にもならない。

ところで有機EL。
建築分野での使用も大いに考えられます。

まず照明の概念がガラリと変わるだろうと予想できます。
壁にこの有機ELを貼りつければ、壁が発光する面発光になったりメッセージが表現できるので建築的な空間の作り方も変わるだろうと思います。

ひょっとしたらコンクリート打ち放しって無くなるのかも。安藤さん、どうします?

すべての天井をこの有機ELにすると、重量も気にしなくて明るい室内になると思いますね。
しかし、明かりのグラデーションという手法が取れるのか疑問ですが、その時にはデジタル的に選択できるようになっているし色も瞬時に変えられるようになるはず。ネオン管も存在理由が無くなるし、球切れなどの交換作業も無くなると予想できます。

iPadのような製品も、この有機ELにかかると厚いわ思いわ色が悪いわってことになってしまうでしょう。もちろんアップル社もその頃はもっと革新的なモバイルアイテムを売り出していることでしょう。

外に持って行く時には丸めてポケットに入れることも可能だし、いまは丸めることしかできなくても、あと20年もすれば折りたたむことができて、広げたら折り目もついていないという製品に進化しているはず。

そうなると、今普及しつつあるLEDは、この有機ELが普及するまでのつなぎ的な存在にしか過ぎなくなりそうですね。

まっこつ、IT分野の進化ってのは凄まじすぎて、げに恐ろしか。


2012/01/25 (Wed) 11:39
秋入学

東大が秋入学の方針を進め、各大学に同調するように働きかけるそうな。

国際的には秋入学がほとんどだからという理由でしょうが、これには私も賛成。

そもそも春に入学するために、一年で一番厳しい真冬に入学試験を行うというこの国の方針に昔から疑問を持っていました。
皆くぐってきた関門とはいえ、試験会場までの足は、季節柄、寒波に見舞われたら、体が冷え込み、移動するだけで風を引いてしまい、コンディションを崩して結局受験に失敗することってありますからね。私がその口でした。

長崎から試験会場の福岡に向かい、この最初の受験で風を引いてしまい、長崎に帰る列車で熱が出て、一週間寝こんでしまいました。その結果、一年間、A判定だった第一志望大学の受験を失敗したという苦い経験をしています。

秋入学なら真夏の受験になるのでしょう。夏風邪をひくってこともありますが、まあ一般的に考えれば真冬ほどのリスクはなさそうです。体調管理としては冷房で冷やしすぎないってことでしょうか。

官僚養成大学の東大がいの一番に実施する方針なら、この国の官僚のほとんどが東大出なので、奴らのやることならばまず秋入学を何らかの形で他の大学にも押し付けることでしょう。
地元の九大も同調するそうな。まあ、旧帝大同士、仲良くやってください。

ところで、秋入学となると合格電報の文面は何になるのかと思いましたが、よく考えてみたらインターネットで合格者がわかる時代ですから、「サクラサク」なんて電報、もう必要無いんですよね。

この文面、分かる人もだんだん少なくなってきてるんでしょうね。



2012/01/16 (Mon) 09:31
汚染されたコンクリートの再利用

今朝の新聞で、福島のマンションで汚染されたコンクリートを使ったことで、放射線量が屋内で高い数値が出たとの報道がありました。

汚染されたコンクリートを使った、と言うことは、もともとコンクリートとして使われていた廃材を砕いて砕石として、基礎や1階のコンクリートの床(土間)下に使うことを意味しています。
いわゆる砕石(クラッシャーラン)と言われている建材です。

基礎や土間下には、以前は栗石という大きめの長円形の石を立て使いしたものですが、適切な石が不足してきたことと、環境問題がクローズアップされるようになり、廃材の再利用(リユース)としてこうした建材が使われだしました。

確かに建築物の解体によって出る廃材処理の問題は大きく、その処理にCO2の排出量が増えることが環境的にはよろしくない。クラッシャーランといえばコンクリートの砕石=ガラになるわけですが、もちろん栗石と違って形もまちまち。まあコンクリートは石と同様という考え方もありますので、そこらへんは割りきるしかないのでしょう。

今回の記事は、この砕石に使うコンクリートが汚染されていたということです。
基礎や1階の土間下に使うぶんには問題ないだろうと思ったのかどうかはわかりませんが、結構安易に考えたのかもしれません。しかし、これほどに放射線量が出るとは予想しなかったでしょう。

そこには悪意はなかったのだろうと思いますが、コストダウンを考えたんでしょうか。多分汚染が懸念される建材は安かったんだろうと思います。

この放射線量がどれほどの影響があるのかは私にはわかりませんが、これほど表沙汰になってしまったら、このマンションは使用できないのじゃかと思います。完成は去年7月だったとのこと。と言うことはすでに入居者がいると考えられます。

私は長崎出身で、未だに放射線が出ているという西山という所に実家があります。
高校までは新大工町という所にいましたので高校卒業後に西山に移りましたが、そこには帰省した時くらいしか滞在していません。

そういう場所に両親は生活してきたわけです。その地域で生活してきた両親にとって放射線がどれほどの影響があるのかは不明ですが、今回のこのマンションも、単に数値だけを出されても、それが果たしてどんな影響が人体にあるのかを明確に示してもらわないと不安ですよね。しかし、これこれという影響が考えられるという言を書くとパニックになるので書けないのかな。

西山に長年生活してきた父が昨年亡くなりましたが、主原因は肺炎です。懸念され癌(前立腺がん)もあるにはありましたが、ホルモン治療で小さくなっていたそうですし他への転移はなかったそうなので、これが原因とは考えにくい。

そういうことを考えると、放射線があると必ず癌が発生するということもなさそうです。程度の問題でしょうが。

微量な放射線量を浴び続けることでの人体への影響がどうなるのかは、すこぶる難しい問題のようですね。
被爆地の長崎や広島の医学者にとっても、確定的な見解は出せていませんね。

それにしても、福島はいつになったら収束できるのでしょうか。

被災地の人民の救済に一致団結して取り組むという姿勢も見せず、国民から金をむしり取ることしか考えつかない官僚のマリオネット無能豚首相を始めとする無為無策の政治屋のドタバタに付き合わされる被災地や国民が哀れです。

2012/01/06 (Fri) 10:39
菊竹清訓逝去

菊竹清訓氏が逝去との記事が載っていました。
丹下健三、黒川紀章などこの業界のスター建築家がいなくなります。
こうやって世代交代が進んでいくんですね。

この事務所出身者はスター建築家を輩出していますね。
厳しく鍛えられるとそうなるのか、もともとそういう素質のある人が菊竹門下生になるのかは凡庸な才能しか持ち合わせていなかった私には想像するしかありませんが。

久留米出身で菊竹家は大財閥だったそうな。
出自が金持ちじゃないと建築家になっていはいけないと何かの本に載っていました。
たしかに今活躍しているメジャー建築家の大部分は、資産家の出の様子。
もちろんそうでない人もいるわけですが。

何はともあれ、ご冥福をお祈りします。

合掌

2012/01/05 (Thu) 11:35
プレゼ

今日から民間の会社関係も仕事がスタートしている所も多いと思います。
私は前に書いたようにコンペに向かって元旦以外はプレゼンテーション資料作成に没頭。

しかし、このプレゼンテーションって、どうも苦手。

むかしむかし私が所属していた大学や設計事務所ではプレゼを一切行わなかったところばかりにいたので、最初はどうやって作成するのかさえも分かりませんでした。

コンペに参加する回数ごとにプレゼの重要さを認識しだしてプレゼのノウハウ本も探しだしては読んでいますが、それを読む時間がもったいないと思うと、どうにも読むことに集中できません。

読んでいるうちに頭の中はやはりコンペの図面のことが離れられないので、読んでる最中にフッとアイデアも出るたびに中止してPCに向かい、あーでもないこーでもないとやり始めるとあっという間に2,3時間は過ぎてしまいます。

これがチームでやっているならいろんなアイデアも出るのでしょうが、なにせ単独行動が身についていますので、ひたすら自分との対話を延々と続けています。

そんな状態で行き詰まると本を読んだり音楽を聞いたりTVを見たりでしていますが、息抜きのはずが息抜きにならないってことはコンペに参加した人ならお分かりでしょう。何を見ても何を聞いても頭の中は図面のことばかり。何かヒントはないものかと思って本などを見るので、これって全く切り替えになっていません。

ま、これが楽しいからこの仕事をやっているようなものです。

こんな状態なので、減り続けていたはずの体重も、あっという間に元通り。

メタボ対策でスロージョギングを始めたと年末に書きましたが、これも走っているときに右足のふくらはぎを痛め、それがなかなか治らず、結局せっかく身につき始めたようなジョギングもする気がなくなり、コンペにどっぷりはまり込んだための運動不足と年末年始のアルコール量の増大で、順調に落ちていた体重も今やすっかり元に戻っちまいました。

まあ、むかしから運動し始めて少し習慣付く頃になると必ずといっていいくらいに右足を痛めて続けられなくなり、結局運動の習慣がつかないまま今に至ります。運動に向かないってことでしょうかね。

このいつでも右足の原因はというと、赤ん坊の頃、当時の流行病とかで新生児が同じ病気にかかったうちの私とあと一人だけが生き残ってほかは皆亡くなったという病気にかかり、その影響でか小学校に入るまで右足が不自由でした。今にして思えば多分、小児麻痺っぽい病気じゃなかったのかと思いますが。
右足は左足に比べて骨が少し湾曲していて足のサイズも小さく、これは妻から言われて初めて知ったことですが今でも歩く時は少しびっこ引いているそうです。独身時代に付き合っていた女の子からデートしていてもそんなこと一度も言われたことがなかったのでびっくりでしたが。

そんな事で右足が弱いのは確かですね。
頭もだろうって?余計なお世話です(-_-メ)

なんの話だったっけ・・・

そうそう、プレゼの話だ。

まあ兎にも角にもプランが良くなきゃプレゼもへったくれも無いのでプランを必死に考えていますが、もうすぐ締め切り。早くまとめなくちゃと焦っています。

今年もこんな調子で行きますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。m(_ _)m

| ホーム |

 BLOG TOP