プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/11/30 (Wed) 19:12
官僚ってヤツ

官僚の暴言。
あまりにも間抜けすぎて二の句が継げないとはこのこと。

沖縄の人民をこれ以上傷つけたことはないというくらいの恐ろしく暗澹たる気にさせられる言葉でした。

全く上から目線の言葉。
普天間の問題で沖縄の人が思い通りに動かないからという気持ちもどこかにあったんでしょう、この官僚。

やっぱり官僚ってのは勉強だけが出来ただけの人の気持ちも斟酌しない恐ろしく自己陶酔型の人種の最たるもの。

こんな奴らを我らの税金で養ってきたということを忸怩たる思いでいます。

怒りであまり書けません。

しかし、なんという国だこの国は。

スポンサーサイト

2011/11/26 (Sat) 09:05
一日かかりの講習会

住宅性能表示講習会を受けてきました。

10時から17時までほぼ終日。

今回の講習会で、私のアルコール漬け脳みそでは床倍率計算が建築知識などの参考書でもなかなか理解できなかったことが理解できました。おまけに手渡された手引書も分かりやすく、それだけでも決して安くない講習会費用を払った甲斐があったというもの。

しかし手続きの何たる煩雑さにただただ驚くばかり。

幸いというかあいにくというべきか、いままで性能表示を求められたことがありませんでした。

以前、瑕疵保証のことにからんで依頼者から施工の性能表示の問い合わせがあった時、詳細を審査機関に尋ねたところ、施行だけの表示制度は無くて設計からになることと、専用住宅の場合は建売以外は非常にまれで、もっぱらマンションで表示すると販売に有利という理由で分譲マンションでの申請は多いという話を聞きました。

くだんの審査機関の電話で対応してくれた人は、個人の専用住宅の場合、手続きの煩雑さや審査の長期化、おまけに申請費用のアップなどを考えると、設計監理でしっかり対応している設計事務所に依頼するならば評価を受けるメリットはあまりないのではとアドバイスしてくれました。

長期優良住宅はまだなかったころです。

こうしたことを考えると、国交省は、審査機関の人が教えてくれた性能表示制度が手続きの煩雑さや審査の長期化などからほとんど利用されていないこに、長期優良住宅にすると税金や金利を有利にするよという甘い餌をまいて性能表示制度をゾンビのように生き返らせようという狙いがあったのではないか。しかもその狙いはまんまとあたったようです。しかし、ほとんど利用されないような制度を作ったことそのものがナンセンスだと思いますが。子供のころから勉強ができて優秀で間違えたことがない官僚にとって、自分たちの決めたことを庶民が受け止めないことに我慢が出来ないのでしょう。これはこの国のすべての官僚の性癖。

講習会で聞いていても、煩雑さにうんざり。

しかし、それでもその煩雑な手間暇に見合うようなフィーがあれば仕事として成り立つわけですが、ここのところが最大の問題のような気がします。

わが国では、高いと一般的に思われている設計監理料に加えて、この性能表示制度のための手続きの費用を加算することに対して、どれだけの人が理解してくれるのでしょうか。

それにしても性能表示として考えられている制度は伝統工法にはすこぶる不利な制度で、この制度には温熱環境の項目などに当てはまらないと講師がはっきりと述べていました。ということは、伝統構法は性能表示が受けられないということ、とりもなおさず長期優良住宅にも当てはまらないということです。

それじゃまるで大手ツーバイメーカーの思惑通りジャン!と思ったは私だけ?

さすがに大企業の味方、国交省の官僚。
考えることが片手落ち。自分たちのしていることはいつも正しいと思い込む独善性。

玄関ドアは木製では計算がほぼ不可能なのでアルミの断熱ドアを使いましょう、浴室も湿式では合格しないのでユニットバスにしましょう、という制度。

そこには木の持つ温もりは考慮されていません。
計算で検証されない以上、認められないというスタンス。

住宅は断熱性能がドウタラコウタラの数値上のメリットデメリットだけの世界じゃないはず。

もし私にこの制度を受けたいと依頼される方が現れたら、そのメリットデメリット、何でもかんでもアルミにしないといけないような仕組みなどに対する建築士として住宅に対する考えも合わせてじっくりと話し合いたいものです。
それでも長期優良住宅制度として官僚の罠にはまるのであれば、それはそれでプロとして受け止めます。

講習会が終わるまで内容に関して反発をしたり納得をしたりの繰り返しで、少々くたびれました。

しかし、一日かかりの講習会はオジサンにはきつかった。


2011/11/21 (Mon) 08:37
雑記

民主党の政策仕分けがニュースになっています。

しかし何の法的拘束力もないそうな。じゃあ何のためのもの?

以前の事業仕訳の時にも無駄を無くすということで大々的にニュースにもなり、なぜ2番じゃいけないのかという迷言を吐いた女性タレント政治屋も有名になりましたが、これも法的な拘束力もなかったため、その時に廃止検討と仕分けされたはずの事業が堂々と復活していたそうな。

そう考えると、まったくのパフォーマンス。

これって増税のための国民へのガス抜きとが目的。
これだけ努力していますよという見え見えの演出にしか見えない。

野田も国会議員や官僚、アメリカにお追従しても、肝心要の国民には何もしゃべらず。
今のところ鳩山から無能首相が続いてきた民主党の中でも最悪の無能っぽい。

増税したいんならまず国会議員を減らし仕事もしないのに年間3000万もの給料を減らし、官僚の天下りや手厚い年金制度など自らを出血するくらいのことをして初めて説得力があるというものだろうに、自分たちは安全地帯に身を置いて税金を搾取しやすい庶民からぶんどる作戦。

そんなんじゃ税金なんか払えないといっても、そうなると脱税で逮捕される。

まあ元自民党でその昔、わが世の春を謳歌した当時の自民党の最高権力者だった金丸信のような輩を脱税で逮捕することは当然としても、民主党もますます自民党の亜流。というか、野田になってから自民党そのものになっちまいました。

そして自民党は昔の社会党。
なんでもケチをつける気概のない政党に陥っています。それでも森や古賀誠、青木なぞの政治屋がいまだににらみを利かせるような政党じゃ存在価値なし。

それはさておき、ソフトバンクが優勝したとかで、こちらは大騒ぎ。
そりゃまあおめでとうございます。

まったく野球に興味のない私にしてみれば、勝ち負けで泣けるフアに、そこまで思いを込められるということに驚きますが。

巨人の内紛。どうでもいい。

んなもん、ニュースでいちいち取り上げるほどのものかと思いますが。
巨人の体質なんて昔からだろうし、渡辺の傲慢さも昔から。
それが嫌で巨人フアンだったのも止め、アンチ巨人になり、そして野球に興味をなくしたというわけですが。

野球が人気が亡くなってきた原因は巨人と渡辺になるということに気が付かない限り、野球は衰退しますね。

巨人がどうなろうと日本のいく末には何も影響がないことで。


2011/11/17 (Thu) 11:46
スロージョギングしています

メタボの健康指導を受けてからというもの、減量格闘中。

LONG LONG TIME AGO
私がまだ独身の頃、体重はなかなか50kgを超えることが出来ず、お腹の周りは70cmを切っていたという時代が長く長く続いていたのに、ということを書くと、まるで白亜紀の恐竜が生きていた時代のようにはるか昔のような気にさせられます。

それが運動不足の影響もあり、お腹の周りに来たるべき地球規模の食糧難に備えてしっかりと内臓に脂肪が貯えられちまいました。

しかし、いつ来るかわからない食糧難よりも生活習慣病の方が先に来るはず。内臓脂肪を減らすためにアルコール量の減少と土日でのウォーキングを日課にしています。が、アルコール量の減少は意志薄弱のためになかなか実現できません。ノンアルコールビールにしていますが、そのお口直しにと焼酎を飲むんだものね。

分かっちゃいるんすよ、分かっちゃいるんだけどね。

でもウォーキングは土日に晴れると実行していますよ。

ウォーキングは時間もかかって飽きてしまいますので、最近は同じ距離ならより強度があるスロージョギングにしています。

早歩き程度のスピードで歩幅を短くするといいそうな。
実行すると確かに息切れもあまりなく、これならば10k位は行けそうな気がするんですが、しかしこれもやっぱり飽きてくる。耳にイヤホン差し込んで音楽聞きながら歩いている人ってこうなんだとわかります。

何か気がまぎれるものはないかときょろきょろしながらゆっくり走っています。

先週の土曜日、いつもの公園の外周(一周がおおよそ2k位だろうと)をエンヤトットと走っていると、路上駐
車の車が500m位にわたって公園沿い延々と止まっています。

この公園は県立で野球場、テニスコート、サッカー場などが整備されていますので、ここで何かイベントがあると公園内の駐車場に入りきれない車が路駐しているのは日常茶飯事で、その日も何かイベントがあったみたいで車がわんさか。おまけにジャージを着た若い女の子もわんさか。

ん?なんかしよっと?

あーあ、これじゃ警察に見つかったらパクられるぞと思いながら走りつづけ一周してその場所に来たら警察官が2人ほど車の間をうろうろと。しかしあまりの多さに少々困惑顔。
これだけの車を移動させると言ったらレッカー車がどんだけ要るんだと少々面白いものを見ている気分で、参ったなーという顔の警察官の横をゆーっくり走り過ぎました。

再度その場所まで一周して戻るのもいささか飽きてしまい、それで当日はお終い。

しかし公園外周の歩道は普段は歩行者も少なく快適に走れますが、その日はジャージを着た中学生の集団が歩道をいっぱいにして歩いていましたので走りにくいこと。

後ろから近付いても足音に気が付かないのか除けることもしないので仕方なく車道を走りましたが、次は正面から女子中学生の集団がキャピキャピ騒ぎながら歩いてきます。

今度はさすがに見えるので通れるだけ開けてくれると思いきや、まったくその気配もなく、かなり近づいてからあわてて体をひねって私の通る分だけ開けてくれるのはいいんですが、その際に何人もの子がキャーという嬌声をだすのには参りました。

オイオイオイ、それじゃ知らない人が聞いたらオジサンが痴漢をしているみたいじゃないか。

私が俳優なみにイケメン(今どきの言葉ですぞ)なら別の意味でのキャーという声が出たんでしょうねぇ・・・

2011/11/03 (Thu) 09:16
台所の換気扇の話

台所の換気扇には、壁に直接穴をあけて換気扇を取り付けるタイプやマンションのように台所の横も部屋があるという場合はシロッコファンというタイプの換気扇を付けて天井裏のダクトを通して排気するタイプとに分かれています、近年では24時間対応の製品も出てきています。もちろん台所使用時以外に換気扇を回す際には静音で緩やかに回るようになっています。

この台所の換気扇にも一般的なガスコンロ対応とIHコンロ対応の製品があります。

オール電化という謳い文句でガスに比べて直火がないので安全性が高いということで、特に小さなお子さんや介護老人が在宅されているお宅の場合には採用されるケースも多かったのは事実です。

東電や九電などの電力会社の思惑通りにマスコミも動いたわけですが、IHコンロというのはご承知のように電磁波で金属を温めることで調理可能な代物。

熱も発生しませんので当然のように空気が暖められないので上昇気流がガスに比べて少ない。

もちろん鍋など温められたものから発生する気流は発生しますが、ガスの炎とともにあがる気流とは比べ物になりません。ということは、一般的な換気扇がキャッチする水蒸気や煙も上昇気流が少ない分、キャッチ率が劣ります。

建築基準法上ではIHコンロは直火がないので火災発生の恐れが少ないということから台所回りの内装制限は免除になっていますので、スッキリしたインテリアがデザインできるために、IHヒーターにすることが増えてきています。電磁波の問題はほっかむりしたまま。

話を戻して、ことほど左様に一般的な換気扇ではIHヒーター使用時の換気能力はカタログの数値は出せないということ。そのために家電メーカーはこぞってIHヒーター専用の換気扇を開発しました。もちろん売れるということを見越して。

このようにIHヒーターは上昇気流が弱いために通常の換気扇ではなかなかうまく排気できません。専用の換気扇にしていない場合、IHヒーター使用の台所では壁の汚れがひどくなるという現象が見られます。
それは調理の時に空気中に飛んだ油分が換気扇で捉えられないために、あちらこちらの壁にくっついたことによる汚染です。

IHヒーターのメーカーはこうした事実は明らかにしていませんが。

まあ、そもそも政府と言いメーカーと言い、そのメーカーから多額の宣伝料をもらっているマスコミも加担して、都合の悪いことは隠すという国ですから。東電問題にしかり、九電にしかり。

傲慢不遜の極みのような九電の態度を見て、こんなとんでもない会社の製品なんか使くないと思っても、ほかに選べない状態にしているこの国の方針。

独禁法違反そのもの状態にしているにもかかわらず、競争相手がいないからこそ、東電や九電のような厚顔無恥で住民の意志より自社の理論でしか動かないという極めて悪辣な企業が生き延びられているわけですね。

マスコミや政府の発表も信用しないことが何よりということを、換気扇のことから喚起する文章に持っていくというこの強引さ。

すごいですねー

最後に。

換気扇を回す際には給気口も開ける必要があるわけですが、給気口から入ってくる空気も綺麗な場所ばかりじゃないはず。
産業道路に面して交通量が多くて排気ガスにさらされているようなお宅もあるはず。

排気ガスと室内にコンロから燃焼時に放出されるCO2とどちらが人体に悪いかということも考えますが、室内の酸素が薄くなるから、たとえ排ガスで汚れていても酸素を供給するために給気口が必要になるわけですね。
空気清浄器も必要なアイテムになるのでしょうか。

なんだか今日はまとまりがなかったですね。

九電のことをキュウデン、いやちがうキュウダン(糾弾)したかったこともありましたので。





| ホーム |

 BLOG TOP