プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/10/28 (Fri) 11:16
今日はトイレの換気扇の話

二日連続でトイレのことを書いた流れで、今日は換気扇の話。

いまやシックハウス問題もあり、24時間換気の換気扇は住宅には必須アイテムになりましたね。その24時間対応の換気扇のほとんどがトイレを対象にしているのはご存じでしたか。

確かにトイレにしておけば臭気や湿気も換気されるので一石二鳥を狙えるわけですし、24時間換気作動音もトイレなら気にならないということです。

で、このトイレの中の換気扇ですが、何処に付いていますか?

トイレに窓があるお宅ではその窓の上か、マンションなどのような窓のないトイレの場合は天井に付いているケースがほとんどというか、ほぼ100%近くがそうなっているでしょう。

このトイレにある換気扇の目的は使用後の臭気を早く出す目的ですよね。
これには異議はないと思います。

その臭気の原因はご存じのようにメタンガスです。そしてこのガスは空気より重いんです。
ほっとくと下の方にたまります。そのメタンガスを排出するための換気扇なんですが、空気より重いはずのガスをなぜ上の方から排出するのか、いままで不思議に思わなかったでしょう?

トイレが汲み取りの場合、トイレに窓が二つ付いていて、一つは今と同じように明かりとリのために人の顔くらいの高さについています。も一つは床に着く位置についていますね。汲み取りトイレの経験のない方はお母さんかおばあちゃんに聞いてみてください。

この窓の配置はものすごく理にかなっているんです。
汲み取りですから便壺から上がってくるメタンガスは床あたりに上がってきますので、床に付いている窓からガスを出しているわけです。

ところがトイレは今や水洗便所が当たり前だのクラッカーになった結果、トイレは臭く無いとでも昔の人は思ったのかどうかはわかりませんが、窓が付けられるお宅では高いところに一か所だけ、窓がつけられなければ上の方か天井に換気扇をつけてお終い。

でも、いくら水洗でも大きいのが終わった後は結構臭います。人が使った後に入った時は特に臭いますものね。

そこで換気扇を回すわけですが、下に溜まっていたメタンガスを強制的に換気扇が付いている上の方まで引っ張り上げて排出しますね。もちろん使用中でも換気扇を回すので、その臭気を座っている人がもろに嗅ぐことになります。

もうお分かりですね。トイレの換気扇は本来なら床に近いところに付けるべきものだということ。

私の設計ではその位置が隣家に支障がないことを調べたうえで、床から300ミリ程度のところに付けるようにしています。

もちろ全てがそのようにできないということもあります。

では何故床近くにつけたほうがいい換気扇を高いところに付けるのが一般的なのかということになると、従来そうしてきたからという慣習と、製品の種類が多いし天井に付けるタイプが小ぶりでスッキリ見えるということもあります。そしてマンションのように天井裏の浴室などのダクトに接続しながら排出する方式を取りますので施工上の問題からです。

マンションタイプでも床近くに付けられることもありますが非常にレアケース。コストもかかるとなるとやはり諦めざるを得ません。

戸建ての場合はこの床近くに付けることが可能なケースが多いので、ぜひ検討してみてください。

換気扇の話の続きで、次回は台所の換気扇につなげます。

いやはやこのところ、毎日のように更新しているなぁ。調子いいなぁ。

・・・なんだか怖いな・・・・

スポンサーサイト

2011/10/27 (Thu) 08:28
便器の蓋の話

だんだん寒くなってきましたね。
トイレの便座シートも座ると冷たさを感じ始めました。
まだまだシートを温めるほどではないにしても、座った瞬間はヒヤッとします。

それはともかく、この暖房便座シートというのも日本発祥の製品だそうです。
今やお尻を洗う機能がトムクルーズに気に入られたということもあるのでこの温めるシートも輸出されているのでしょうが、欧米人には温かいシートは人が使った後みたいで気持ち悪いというネガティブな印象を持たれているようです。

人種が違えば感じるところはいろいろですが、今回は便座シートも含めて二日連続でトイレの話。

トイレの神様とかいう本もあり、トイレ掃除をすると幸せになれるとか美人になるとか金持ちになるとかかまびすしいようですが、私が書くのはこんなことではなく、あくまでも現実的なこと。

みなさん、便器の蓋はどうされてますか。もちろん洋便器限定ですので、和便器主義の人は飛ばしてください。

賃貸住宅や公衆便所では蓋のない便器もあります。これはいたずらされて壊されないようにしているためですが、一般的には便器には蓋が付いています。

これって邪魔だと思っていませんか。
男性は、いまや座って小の方をする人も増えてきたようですが、まだまだ圧倒的大多数はスタンディングスタイルでしょう。ぐっと股を広げて腰を安定させ、腰からビッグマグナムを取り出して・・・・なぁんて調子で書いちまうと調子が狂いますが、ま、多少の誇張はあるにしてもこんな状態。

そして無事にその拳銃をホルダーに格納してからトイレを出ますが、蓋はどうしました?
まずほとんどは開けっ放しでしょうし、女性でも用を足した後のふたを閉める必要性は感じていないでしょうね。

そしたら疑問に思いませんか、なんで蓋なんてしちめんどくさいものが付いてんだって。
次に使うときもいちいち開けるのが面倒なので、ついつい蓋は上げっぱなしでしょう。

でもね、じつはこの蓋は伊達や酔狂でついているわけじゃないんですよ。

便器のデザインって蓋が閉まっている状態が一番かっこいいわけですが、用を足しているときにはそれどころじゃないってことですがね。

前置きが長かったですね。

トイレって普通の家庭では唯一水たまりのある場所ですね。火事が心配だから毎日湯船に水を張っているご家庭は対象外です。

その水はたとえ冬場でも蒸発しています。そして便器内の壁からも蒸発していますね。
そうなるとどういうことになるか。
ふたが閉まっていないとその水蒸気でトイレ内は湿気が高くなりますし、便器内の壁も乾燥しきってしまい汚れが落ちにくくなります。
そしてもう一つ。ここからが最初に便座シートの話をしたことの意味が出てくるわけで、便座シートを温めるために電気を通しますが、その熱は蓋が開きっぱなしであればどんどん放熱されます。便座は一定の温度になるようが設定されていますので、その温度を保つためにどんどん電気が流れていきます。

もうお分かりですね。こうした現象を防ぐために蓋が役に立つわけです。

ふたを閉めれば便器からの水分の蒸発も止められ便器内の壁もいつもしっとり湿っているので汚れが落ちやすくなるうえに、暖房便座シートから無駄に放熱されないようにサーモが働いて不必要な通電がありません。

このように省コスト省エネに有効な蓋を使用後にちょいと手首でひねって閉めるだけでこれだけの効果があるんですよ。

トイレの暖房便座の電気使用量も意外にばかになりませんよ。だってほぼ終日、スイッチが入りっぱなし状態ですからね。

消費電力も抑えられますので、小金持ちを目指しましょう。
たしか何かの本に金持ちはトイレの蓋を閉めるとかいうタイトルがありました。こんなことが理由かどうかは読んでいないのでわかりませんが、確かに節約にはなりますね。

私は必ず閉めています。子供たちにも小さいころからしつけてきました。
まあ私にとって大きな理由は、ふたを閉めたときの方が美しいからということですが、私が小金持ちになったかという質問はこの際無視します。なんでも例外ってもんはあるんです世の中には。

二日続けてトイレの話でした。

2011/10/26 (Wed) 12:03
トイレの話

昨日、某TV番組で、ヨーロッパの国(どこか忘れました)で総ガラス張りの公衆便所が紹介されていました。

もちろん中に入ってドアを閉めるとガラスが一瞬にしてスモークがかかり中が見えないようになりますが、出る時に鍵を開けると瞬時に透明に戻ります。

外から使用後が見えるために、誰が汚したかが分かるようにするためだとか。

まあこの辺は公徳心の問題として、私が感心したのは、そのガラス張りのトイレのデザインがよかったこと。

とかく公衆便所という場所は薄暗い、汚い、臭い、というイメージがある場所だし、犯罪が起こりやすい場所でもあるので、日本でも利用頻度は低いと思われます。そんな悪いイメージが、総ガラス張りという構成ですべてが解決されるのではないかということに気が付きました。

使用中にはガラスがスモークになりますが、それでも光は十分入ってきますし、明るいということは清潔感を持てますね。暗いところがないので防犯にもなるし、そう考えると日本でこんな公衆便所がないものかと考えました。

私も役所の仕事で公衆便所を設計することがありますが、なかなかこんなに思い切ったデザインは出来ない、というか提案しても即拒否に合うのは目に見えています。なぜなら前例がないから。

小学校の校舎増築の際に、木造にしませんかと持ちかけても全く考えていないと即拒否されましたし。

それにしても、この総ガラス張りのトイレのデザインのいいこと。

一度使ってみたいものだと思いました。

トイレ続きで言えば、同じ番組でアフリカの某国での男子便所の小便器の位置が床から80cmにあるということも出ていました。80cmの高さがどれくらいかというと一般の事務机の高さが70cm程度ですので、どれだけ高いかわかるというもの。

その国では高身長の人が多く2m位の人もざらにいるそうなので、その関係からとのこと。

わが国でもSML様々ですが、押しなべてSに合わせていると思います。

あ、ここでいうSMLはシンチョウの話ですよ、あくまでも。勘違いの無いように。

私もハワイのトイレで小便器の位置が高くて、危うく便器と触れそうになるので目いっぱい背伸びして用を足したことを思い出しました。

んなもんに触れたくないものですからね。

・・・・
女性には分からない話でした。すみません。

とまあ、お国の事情でいろんな寸法が変わるということですね。

2011/10/19 (Wed) 08:23
1700万でビンボーですか?

首相が替わって鳩や菅の失敗を他山の石にしてもめ事を起こさずひたすら低姿勢に徹しています。
その首相の資産が1700万で歴代最低とか。そして当のドジョウは、金がなくても云々と発言しました。

はぁ~、1700万もの資産があるにもかかわらず金がないと?
この国の政治屋連中がどんだけ庶民の感覚からずれているかをいみじくもさらけ出しましたね。

この国の国会議員の報酬額は先進国で最高額とのこと。

落選した杉村がとあるTV番組で、議員時代の報酬額は2000万円だったとか。
実際は通信費や交通の無料パスなど手厚い保護もあって実質は3000万あたりになるはず。

仕事もしないで国会議員になっただけで3000万円の収入。さらに献金とかいう仕組みもあればどんどん集まります。もち、大臣にでもなれば桁違いにお金が集まることになるので、年功序列だ派閥順送りだとの批判もものかな、大臣になるための猟官活動は激しくなるのももっともなこと。
そう、そこには大臣になって何をしたいのか、どうするのかという視点はなく、ただただ己の権力欲だけ。結果的に集金力を高めることになるわけです。

小学校しか出ていなくて丁稚奉公からスタートした田中角栄がメジロ御殿と言われるまでの蓄財が出来たのも国会議員になったからこその話。もちろん常人にはない天才的な才能もあったのも事実ですが、一般社会では才能があったからと言ってあれだけの蓄財はできません。

ここまで書けばもうお分かりですね。国会議員が世襲にこだわることも。国会議員という商売を息子に継がせたがる理由がここにあります。

私が今の議員を政治屋と蔑称する理由もここにあります。

金もうけの手段になった国会議員に、この国をどうするという視点があるはずがない。
おまけにそんな低能な議員を手なずけるのは官僚どもにしてみればお手の物。官僚によって官僚のための法律を、無能な政治屋どもを言いくるめて国会で成立させています。

反体制であったはずの日教組出身の輿石幹事長も、国会議員報酬を震災に鑑みて減らしたことに関して期日が来たから元に戻すという全く庶民感覚の欠落した発言を見て、日教組出身でもこの程度かと教えてくれました。

無駄に多い無能議員ども数も報酬も減らさず、保身と既得権を守ることだけに血眼になっている高級官僚どもも減らさず、ただただ羊のように何をされてもおとなしい国民から金をむしり取ることだけしか発想出来ないお粗末なドジョウをはじめとした政権党を存続させているのも、金をむしり取られる我々国民の責任だということを認識しましょう。

金儲けしたかったら国会議員になりましょう。
一度で駄目でも高給を杉村みたいに一生懸命蓄財しておけば、結構な財産になりますよ。

さあみんなで政治屋を目指そう。

そして昔ヒトラー、カダフィ、マルコス、今橋本などのような独裁者になれば、それこそ蓄財は意のまま。
独裁者を目指すのも男子一生の夢なるぞ。

しかし、末期はどうなるかは歴史が証明しています。

その覚悟はお持ちかな?

2011/10/17 (Mon) 08:19
初孫とワンコ

昨日、京都まで日帰りで孫の顔を見てきました。

京都は今度出産した次女の結婚式以来でした。あの時も早朝の新幹線で京都に向かい夜遅くに博多に着きましたが、今回も同様。さすがに自宅に帰り着いたときにはヘロヘロでしたが、久しぶりに見る次女と一週間ぶりに見る我妻と初対面の孫の顔を見て、疲れは残っていますがほのぼのとした満足感に浸っています。

赤ちゃんを間近に見るのは我が三女の赤ちゃんの時以来ですからン十年ぶりになるので、本当に久しぶりの感覚。抱っこさせてもらいましたが、長女を初めて抱いた時と同様、やたらと肩と腕に力が入ってがちがち状態。それを赤ちゃんも不安に感じてせっかく寝ていたのに起こしてしまいました。

う~、面目ない。

しかし娘も義理の息子も幸せそうで、何よりも義理の息子の顔が赤ちゃんを抱いている間、表情がとろけきっていたのには笑えました。しかも抱っこの仕方もうまいしオムツの交換や寝せつけやお風呂入れもすこぶるうまいとかと妻の話。なんだか私と比較されているようで、なんだかなぁ・・・って感じですが、義理の息子にひょっとしてどこかで予行演習済みか?と突っ込み。

そこへ義理の息子の妹さんもやってきて大喜びで赤ん坊をずっとだこしっぱなしかと思いきや、いつの間にか感極まって泣き出しました。兄の子供を抱っこするのが長い間の夢だったとかで。泣き出したのには少々驚きでしたが、なんだかこっちもジンときて目頭が熱くなりました。

本当は一泊したいところでしたがそうもいかず、後ろ髪をひかれながら家を辞しました。

それにしても訪問したときに娘が長い間飼っている犬が私の顔を見て、最初はうなっていましたので忘れちまったかなと思った次の瞬間、尻尾がちぎれるかと思うくらいにブルンブルン振り回しました。
覚えてくれていたという喜びもこちらにもあり、孫より先に犬どもを目いっぱい抱きしめ、やつらも私の顔中なめまわしてくれました。

犬って本当にかわいいなぁ、っとそんなことを思い出しながらヘロヘロになって我が家にたどり着いたんですが、我が家の猫ども、お迎えもなし。寝床でちらっとこっちを見ただけ。

あー何たるこの違い。月とすっぽん。提灯に釣鐘。・・・、えーっと、後なんかあったっけ・・・

まあとにかく、犬と猫の違いを如実に感じた日でした。

孫は可愛かったしワンコもかわいかった。それ比べて、・・・のなんと可愛げのないこと。

そうはいっても仕方がない、いったん我が家に来た以上は死ぬまで面倒見ないといけないですからね。
こいつらがいなくなったら次は豆芝犬がいいなと思ったところ、よく考えればギャル猫がまだ推定8歳として室内飼いなのであと10年は生きそうです。

ながっ!




2011/10/07 (Fri) 08:37
初孫誕生!

昨日、次女がようやく出産ば無事に終わったとの連絡がありました。
3850gの女の子です。

3850gというのはどれほどの大きさなのかは、出産経験のない私にはいまいちピンときませんでしたが、妻曰く、とても大きいとのこと。

私の長女は3000gちょい超えで、それでも大きい方だったそうな。
その長女も今や身長が154cm。

大きく生んで小さく育つの例ですね。

次女は産気づいてから4時間の超安産だそうな。

これも分からない。
4時間もうんうんうなりながらの出産が超安産って、いったい出産てのはどれだけ大変なんだと、娘3人を育てたにもかかわらず、出産時には立ち会えていなかったのでピンとこないんです。

まあそれはともかく、これで私も若葉マークの爺っちゃまです。

妻は次女が産院から退院する日に合わせて、9日の日に京都へ向かいます。
帰ってくるのは今月末日。それまでは私は猫と3人?暮らし。

ん・・鬱陶しい。

私も孫の顔を見に京都に行きたいところですが、仕事の関係上、どうなのかな・・・

1日くらいは何とかできるのかしら思案中。
仕事柄、日曜も仕事していることも多いし、予定表も日曜日も当然のように考慮していますものね。世間での3連休なんて全く、関係ねー!・・・っと、古いギャグをかませました。

これからは次女の家族が、子供とともに楽しいことをいっぱい経験してほしいと思います。

2011/10/05 (Wed) 08:58
近所で見た基礎工事

近所を通りかかった時に住宅の工事が始まった現場があり、基礎工事中でした。

べた基礎を採用しているとみえ、ベース筋の配筋から見られました。

近づいてしげしげと見たわけではありませんが、配筋そのものは乱れもなく適切に行われていたようですが、その鉄筋にコンクリートがどれだけ被っているかは見た目じゃ分かりません。

鉄筋の下は防湿フィルムは敷き込まれているようでしたが、砕石(クラッシャーランと言います。最近では割栗はあまり見られなくなりました。)の上に直接敷き込まれているようで、これじゃコンクリートの被りがしっかり確保されているのかしらと少々懸念されます。
コンクリートを流し込むときには中に入り込んで作業するのでその時はフィルムを踏むことになりますが、砕石間に細かい砂利などで目つぶしをしていないとせっかくの防湿のためのフィルムを破ることになりかねませんがその対策もどうしているのかと思いましたが、通りがかりだし職人さんたちが作業していましたのでわかりませんでした。

それから数日後、コンクリートが底盤に打たれていていました。

養生期間は適切に確保されているのかわかりませんが、見た目でわかるのが全く湿潤養生対策がなかったこと。
コンクリートの上に保湿のためのシートも被せないでむき出しのままです。
これではコンクリートの水分がどんどん蒸発してしまい、ひび割れの原因になることも気にもしないで、日光や風にさらされたままでした。

あれあれと思ううちに今度は立ち上がりコンクリートが打たれていました。

底盤と立ち上がりコンクリートを分けて打つのは今までは一般的でしたが、立ち上がりコンクリートの部分のレイタンスをきれいに取り除かないと底盤と一体化したコンクリートにならないということは我々の業界の常識ですが、それってしたのかしら。

ここでいうレイタンスとは、コンクリートの灰汁のようなものです。
料理で煮物するときに表面に出てくる灰汁と同じようなものです。

これを丁寧に取り除かないと味が不味くなるのと同じで、コンクリートでもこのレイタンスを丁寧に取り除かないと拙いのと同じ。

ここでいう拙いというのはコンクリートの基礎の品質のことですね。

このレイタンスは底盤と立ち上がりコンクリートの間の膜のようなものになるので、底盤と立ち上がりコンクリートが一体化しません。

ここが一体化しないということは、基礎としての強度が全く期待できないということです。

基礎は上部から伝わってきた建物の荷重や地震、台風などで受ける応力を受けて、それを底盤を通して地面に流す役割を持っています。そのためには立ち上がりと底盤が一体化されている必要があるのですが、ここが分離していると、立ち上がり基礎が受けた上のような荷重や応力をうまく底盤に伝えることができないことになり、その応力に耐え切れなくなって立ち上がり基礎が崩壊してしまい、結果的に建物に重大な損傷を生じることになります。

いまは基礎底盤と立ち上がりを同時にコンクリートを打ち込めるような金具も発売されていますので、このような金具を使うように指示する必要があるでしょう。意識の高い建設会社であれば、少々のコストアップになっても率先して使うと思います。

住宅にとって、基礎コンクリートの品質(コンクリートってまるで私のように繊細で傷つきやすいヤツなんですよ。)、底盤と立ち上がりの密着度、土台と基礎との緊密度などなど、工事着手時におけるこのようなもろもろの
ことがしっかりと確保されていることが最低条件ですね。

そのためにはほぼ毎日のように監理に出かけては現場で邪魔者扱いされても嫌われても、依頼者のために汗をかいて頑張っている設計事務所を、暖かいまなざしで大切にしてやってください。

2011/10/02 (Sun) 07:34
この男も駄目だな

野田政権になって民主党がますます自民党亜流の本性を現してきました。

政権交代すればいままで自民党の悪政に泣かされて来た国民が、ようやくアメリカ追従を止め、官僚や大企業向けの政治から民衆の声を聴く政治が実現すると期待した向きもあったことでしょうし、私も正直、なんでも変わるとは思いませんでしたが、今までよりましな政治になるものと思っていましたが、恥知らずでお金持ち出身の鳩山が間抜けでこけて、次の市民活動出身の菅に期待を持ったところ、これが想定外の地震と津波と原発事故というトリプル災にたいるす対応が能力を超えていたと見えて、早々に退陣。

二人のあくの強い政治屋で失敗したからということで、無難なドジョウ男を選んだようです。

結局のところ、みんな議員の選挙に勝てるための人選であり、自分の都合のいい男を選んだということ。
そこには国や国民のためという視線が抜けています。

野田は松下政経塾出身者ということ。
しかし松下政経塾出身者は自民党にも多くいますが、どうも考え方があまりにも保守的すぎる傾向があり、この野田もやはり同様の様子。

財務大臣時代に事業仕分けで凍結したはずの官僚のための官舎の建設を認め、さらには今の財務大臣もこの事業を認めたことの言い訳を述べています。

まったく官僚の言いなり。
被災地では住むところがない人があれだけいるというのにもかかわらず、何億という国税をつぎ込んで高級取りの官僚どもに東京の一等地に格安で住ませるための官舎を建てるという無神経さ。

新聞や野党からの突き上げでしぶしぶ野田は再考する旨の発言をしましたが、そこまで突き上げられなきゃわからんか?本当に国民のことを考えているのか?

あー、この男も駄目だな。

本当にこの国は、災害が多い国です。

自然災害に加えて、無能な政治屋による人災に見舞われています。

それにしても、日本人はおとなしい。

| ホーム |

 BLOG TOP